Jm8afatt7kjgwrkdtrpj

兵庫

CATEGORY | 兵庫

洲本のおすすめランチランキング10選【2018年度版】〜イタリアンなど〜

2018.08.17

日本で一番大きい島の淡路島。そのちょうど真ん中に洲本市があり色々な島の食材が集まってきます。なので洲本は名店が数多くあるグルメタウンなんです。今回はおすすめのランチランキングをご紹介しますので、ランチタイムにはぜひ島のごちそうをご堪能下さい。

  1. 洲本のおすすめランチランキング①L'ISORETTA(リゾレッタ )
  2. 洲本のおすすめランチランキング②いたりあ亭
  3. 洲本のおすすめランチランキング③平野パン
  4. 洲本のおすすめランチランキング④新島水産本店
  5. 洲本のおすすめランチランキング⑤淡路ごちそう館 御食国(みけつくに)
  6. 洲本のおすすめランチランキング⑥ナチュラルカフェカプチーノ
  7. 洲本のおすすめランチランキング⑦海鮮食堂魚増(うおます)
  8. 洲本のおすすめランチランキング⑧Time after Time (タイムアフタータイム)
  9. 洲本のおすすめランチランキング⑨La Uhbe(ラウーべ)
  10. 洲本のおすすめランチランキング⑩cafe maaru(カフェ マアル)
  11. 洲本のおすすめランチランキング まとめ
ランキングで常に上位ランクするイタリアンレストラン「L'ISOLETTA(リゾレッタ )」は、すべて地元の淡路産の食材を使用し、オリジナリティ溢れる”淡路流のイタリアン”を提供しています。店内からは海が見え、おしゃれで落ち着いた雰囲気なのでまるでリゾート地に来た気分になれます。オープンテラスもありますので天気が良い日には海風に当たりながらのランチもおすすめです。また、個室もありますので女子会ランチにもいいですね。もちもちっとした食感の手延べパスタはクセになること間違いなしです。
ランチタイム/11:30〜16:00
創業以来地元に愛されているイタリアンレストラン「いたりあ亭」は、ミシュランガイド神戸にも掲載されている名店です。食材は淡路島近海の海の幸や自家栽培している野菜や果物を使用しています。一番人気はお好きなパスタが選べるパスタランチコースで、中でも近海で取れた生ウニのスパゲッティーは絶品です!これを目当てにわざわざ淡路島へ来ている方もいるくらいです。但しお値段は時価となりますのでお財布と相談して下さいね。店内はとても落ち着いた雰囲気で、温かみのある一枚板のテーブルもまた趣があります。個室もありますのでランチデートにもおすすめです。
ランチタイム/11:30〜13:00
田んぼの中の一軒家「平野パン」もランキング上位のベーカリー&カフェのお店です。ランチタイムはママ友ランチをしにきた女性客などで大変賑わっています。色とりどりのパンも見ているだけで楽しくなりますし、とても美味しそうでどれも食べてみたくなるパンばかりです。そんな願望を満たしてくれるのが、特製ランチでランチ用パンコーナーのパンが食べ放題なんです。小さくカットされているのでいろんな種類が食べられますよ。カフェテリアでランチをした後は、インスタ映えするパンをお土産やデザートにいかがですか?
ランチタイム/11:30〜14:00
「新島水産本店」はミシュランガイドに掲載された水産卸会社がプロデュースするお店です。お店の本当の売りは水揚げされたばかりの新鮮な魚介類の浜焼きなんですが、おすすめは生しらす丼です。その時の水揚げと時期にもよってネタが変わりますが、旬のものを鮮度そのままでその場で味わうことができます。焼き師さんと話しながらの食事も島に来た実感が沸いてきます。水産会社の一角に食堂がありますので場所が非常に分かりにくく、ランチ時は非常に電話が繋がりにくいので事前に予約しておくと確実です。
ランチタイム/11:00〜14:00 
大正時代に建造されたレンガ造りの工場を改装した「淡路ごちそう館 御食国(みけつくに)」は、1階にレストランホールと特産品を販売しているショップがあり、2階は大型団体用食堂となっています。開放感のある空間と歴史漂う赤レンガの壁が風情を醸し出しています。ここでのおすすめは、極上の特選淡路牛のバラ肉と淡路タマネギ、淡路産のお米を使った淡路島牛丼です。運ばれて来た時の淡路牛とタマネギの香りからもうたまりません。最高のコラボ丼をご賞味下さい。
ランチタイム/11:30〜14:30
海岸沿いのカフェ「ナチュラルカフェカプチーノ」はテラスから海が見え、心地よい海風と天井の高いおしゃれなログハウス風の建物が心を和ませてくれるカフェです。柿原鶏卵販売が手掛けるお店です。ランチはボリュームたっぷりの島コロッケカレーもおすすめですが、やはり淡路島のたまご屋さんが自慢の卵で作る淡路オムライスが一押しです。他にも1日限定10食のメニューもありますので早めに行ってランチをし、ゆっくりのんびり海を見ながら過ごすのもいいかも。
営業時間/8:00〜20:00
淡路島の家庭料理や漁師料理が味わえる「海鮮食堂魚増(うおます)」。営業はなんとランチタイムの2時間のみですが、それでも開店前から行列ができる、観光客はもとより地元の方も足繁く通う超人気店です。お品書きは定食がメインですが、本命はタコ天丼です。地たこをカラッと揚げてあり、ぷりぷりの食感がたまりません。並ぶのを覚悟でお店へ行き、待ちに待った末の絶品をご堪能下さい。
営業時間/11:30〜13:30
淡路ごちそう館御食国に隣接するカフェレストランが「Time after Time(タイムアフタータイム)」です。ガラス張りで吹抜けの空間、目の前にはガーデンが広がり、隣には赤レンガの建物が見え、まるでヨーロッパの公園にいるかのようです。イタリアンベースの料理がいただけます。ランチもリーズナブルな価格でメイン料理にサラダバー、オニオンスープ、ライスかパンバイキングとドリンクが付きます。テラス席でイタリアンな美女・美男子になったつもりでアイスカフェラテ片手に、観光の合間のしばしの休憩場所としても良いですね。
ランチタイム/11:30〜14:30
「La Uhbe(ラウーべ)」はカフェの他にもレンタルロッジ・コテージ、フラワーアレンジメントのショップもある避暑地の施設のようなところです。可愛らしい外観とおしゃれな内装、そして健康を意識した食事が話題を集め、ランチタイムには列ができるほどになりました。月替わりの おばんざいがお昼ご飯セットとなっています。無添加の食材はもちろん、調味料やお米は淡路産、自家田園で獲れた玄米と契約農家の古代米を利用というこだわりようです。また、スイーツも有名ですのでティータイムにもおすすめです。
営業時間/11:30〜17:00
オープンしてまだ1年しか経っていない「cafe maaru (カフェ マアル)」ですが、本来はバームクーヘンで有名になったお店です。しかし、ランチのクオリティの高さも最近では評判で、特にイタリアン系のランチメニューがおすすめです。パスタといってもスパゲッティだけではなく、フィットチーネ、シェルマカロニなどを利用し、それぞれにあうソースをアレンジしています。ランチ後のデザートにお店で焼いているバームクーヘンを注文する、というのが定番になりつつあります。オリジナルのバームクーヘンもインスタグラムでかなり広がりつつあるので、この機会にぜひ今話題の一品をお召し上がり下さい。
営業時間/月・水・木 10:00〜19:00 金・土・日・祝 10:00〜21:00
いかがでしたか?「L'ISORETTA(リゾレッタ)」「いたりあ亭」では本格的なイタリアンを、「平野パン」「ナチュラルカフェカプチーノ」「Time after Time(タイムアフタータイム)」「La Uhbe(ラウーべ)」「cafe maaru(カフェマアル)」ではカフェランチを、「新島水産本店」「淡路ごちそう館 御食国(みけつくに)」「海鮮食堂魚増(うおます)」では和食を、それぞれいただけます。どれも淡路島の特産食材を活かして旬の料理を味わえますので、ぜひ参考にして下さい。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTDIOVli8A2-f_XfRbcR2VDpfz-J-MhhwNXUZKyW-AG9uCFZ4Dc