Ppzpawiatnxpri4bupcc

カナダ

CATEGORY | カナダ

モントリオールの空港【カナダ】アクセスや施設情報をチェック【2018年版】

2018.08.19

カナダのケベック州最大の都市、モントリオールの玄関口、モントリオールピエール エリオット トルドー国際空港。日本からの直行便がないので、なかなか馴染みがないかもしれません。今回はモントリオール空港の情報、市街地までのアクセス、おすすめレストランをご紹介します。

  1. モントリオール空港施設情報① モントリオール空港から市街地までのアクセス
  2. モントリオール空港施設情報② おすすめのラウンジ
  3. モントリオール空港施設情報③ 免税店でおすすめのお土産
  4. モントリオール空港施設情報④ カナダ名物のカフェ Tim Hortons
  5. モントリオール空港施設情報⑤ ビール好きにおすすめのレストラン Six Pints
  6. まとめ
モントリオール ピエール エリオット トルドー国際空港から市街地に移動する方法は4種類あります。

アクセス方法① タクシー

モントリオール空港からモントリオールの市街地までは、約30分で、料金は約40ドルです。カナダではチップが必要なので、10%~15%上乗せして、45ドル程支払いましょう。

アクセス方法② シャトルバス(SYM社)

モントリオール空港とセントラルバスステーションを結ぶシャトルバスで、747エクスプレスバスとも呼ばれます。バスのチケットは、到着階の券売機で購入できます。
シャトルバスの乗り場は、到着階正面出口を出たところにあります。時間帯によって、バスの間隔は違いますが、24時間運行しています。所要時間は45~60分で、料金は10ドルです。24時間以内ならSTMのバスや地下鉄に無料で乗継することができます。

アクセス方法③ 市バス

モントリオール空港からドルバル駅へ、STM社の路線バスが運行しています。ドルバル駅からは市バスやVIA鉄道でダウンタウンに行くことができます。料金は3ドルですが、おつりが出てこないので、あらかじめ小銭を用意しておきましょう。
朝6時半から夜0時35分まで、20~40分間隔で運行しています。料金は、乗車時に支払います。乗り場は到着階正面出口を出たところにあります。

アクセス方法④ レンタカー

モントリオール空港内の駐車場内に、レンタカーのサービスカウンターがあります。レンタカーを借りる場合は、国際免許が必要ですので、あらかじめ手配する必要があります。
モントリオール空港の国際線ターミナルには、「Maple Leaf Lounge(メイプルリーフ・ラウンジ)」や「Desjardins Odyssey Lounge」などがありますが、ここでは比較的日本人が使いやすい「National Bank Lounge(ナショナルバンクラウンジ)」をご紹介しましょう。
ナショナルバンクラウンジは、セキュリティチェック後、ゲート52と53の間にあります。隣には、Duty Free免税店があります。営業時間は5:00~23:00までで、最大3時間まで利用できます。
ラウンジ内のサービスは、ドリンク(ソフトドリンク・アルコール類)、新聞や雑記の閲覧、FAX・電話の使用、Wi-Fi・無線LAXなどが利用できます。ただし、禁煙となっているので注意してください。
該当のクレジットカード1枚につき7名まで利用可能なので、ファミリー旅行でもゆったり利用できます。このラウンジに入ることができるクレジットカードは、アメリカンエキスプレスカードをはじめ、楽天ゴールドカードなどがあります。詳しくは下記リンクよりご確認ください。
モントリオールの観光も終わり、帰国便を待つ間に、モントリオール空港内にある免税店で買い物する人も多いでしょう。お土産はたくさん買ったと思いますが、もしこの二つを買いそびれていたら、ぜひお土産に買いましょう。

① メープルシロップ 

カナダのお土産の定番中の定番「メープルシロップ」は、楓の樹液を煮詰めただけの100%自然食品です。砂糖や蜂蜜に比べ、カロリーが低いのに栄養価が高く、肥満の抑制にも効果があるスーパーフードです。赤ちゃんからお年寄りまで、みんなに愛される食材なので、お土産に最適です。
メープルシロップが重いという人には、メープルシロップから水分を取り除いた「メープルシュガー」はいかがでしょうか。水に溶かせば、メープルシロップに戻すことができます。

② アイスワイン

日本ではあまりポピュラーではありませんが、世界的には甘口ワインの最高峰と言われているのが「アイスワイン」です。ドイツやオーストリア、そしてカナダなど、限られた国でのみ生産されています。
お値段は、通常のワインと同じくピンからキリまでありますが、一般的なもので、200mlのボトルが35カナダドル、375mlボトルが50カナダドル前後くらいです。甘口ワインなので、女性には人気がありますが、酒好きの男性には甘すぎるかもしれません。そんな時は、アイスクリームにかけると美味しくいただけます。
カナダで最大のファーストフード店、Tim Hortons。マクドナルドやスターバックスよりも、カナダでは有名なお店です。コーヒーとドーナツがメインのカフェなので、まずはそれを試してくださいね。
それ以外のメニューとして、マフィンやクッキー、サンドイッチにベーグルなどもあります。軽い食事なら、レストランよりもTim Hortonsで済ませる人も多いようです。 ドーナツの味や種類は日本のミスタードーナツみたいな感じで、種類もたくさんありまが、お値段は100円前後で比較的安いです。
モントリオール空港内にあるレストラン「Six Pints」では、おいしい食事と地元のビールやワインなどを楽しむことができます。店内は暖かい醸造所を思わせる雰囲気で、リラックスできる空間になっています。
ビールの飲み比べもできるので、カナダのビールを味わいたい方におすすめです。
モントリオールは、カナダの他の都市に比べて暖かく、比較的住みやすい都市です。また、フランスのパリに次いで2番目に大きなフランス語圏の都市です。北米でありながらフランスの香りが漂うモントリオールは、留学先や旅行先として考える人もたくさんいると思います
今回はモントリオールの玄関口、モントリオール国際空港についてまとめてみました。次回、モントリオールを訪れるときの参考にしてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.photo-ac.com/main/detail/1522221?title=%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%97%A7%E5%B8%82%E8%A1%97