Mnxn3ztbsf0mufynaif2

愛知

CATEGORY | 愛知

地元民のみ知る!名古屋の隠れた観光名所10選

2018.04.16

名古屋といえば名古屋城や動植物園などの有名な観光名所があります。しかしあまり知られていない、穴場の観光スポットもまだまだたくさんあるのです。ここでは地元民のみ知る、名古屋の隠れた観光名所10選をご紹介します。名古屋観光の参考にしてみてください。

  1. 名古屋の隠れた観光名所① 桃巌寺(名古屋大仏)
  2. 名古屋の隠れた観光名所② 四間道
  3. 名古屋の隠れた観光名所③ 文化のみち二葉館
  4. 名古屋の隠れた観光名所④ 南極観測船ふじ
  5. 名古屋の隠れた観光名所⑤ 名古屋市市政資料館
  6. 名古屋の隠れた観光名所⑥ 東谷山フルーツパーク
  7. 名古屋の隠れた観光名所⑦ 鶴舞公園
  8. 名古屋の隠れた観光名所⑧ 大須商店街
  9. 名古屋の隠れた観光名所⑨ 徳川園
  10. 名古屋の隠れた観光名所⑩ リニア・鉄道館
  11. まとめ
名古屋市内にある曹洞宗の寺院。末森城主であった織田信行が父信秀の菩薩を弔うために建立しました。

鮮やかな緑色の大仏様

本尊10m台座高さ5mと、全長約15mの大仏様。青銅製で、本尊は仏師・長田晴山が制作しました。大仏像によくある蓮の台座ではなく、10頭の象が本尊を支える形になっています。全身は鮮やかな緑色で、目・唇・耳などには金箔が施されています。

日本一の木魚

本殿にある木魚は日本一の大きさを誇り、直径はなんと1m!樹齢100年のクスノキで作られています。片手で触れるだけで過去の悪行が消滅すると言われています。
他にも、年に2回御開帳される「ねむり辨天」も有名です。境内のあちこちで男根型の仏様を拝む事もできて、インド仏教のエキゾチックな雰囲気が漂います。

詳細情報

【住所】愛知県名古屋市千種区四谷通2-16 【電話番号】052-781-1427 【アクセス方法】地下鉄本山駅から徒歩3分
名古屋城下を流れる堀川の西に位置し、江戸時代のはじめ名古屋城築城とともに作られた商人の町。石垣の上に立つ土蔵や町家が建ち並び、風情溢れる町並みです。
元禄13年の大火を教訓にそれまで2〜3間だった裏道を4間(約7m)に広げた事から、四間道(しけみち)の名が付いたと言われています。

レトロなカフェで江戸風情を味わう

四間道には町並みを生かした素敵なカフェやレストランも数多く、江戸風情を感じながらのんびり過ごす事ができます。

詳細情報

【住所】愛知県名古屋市西区那古野 【アクセス方法】地下鉄国際センター駅から徒歩5分
日本の女優第1号と言われる川上貞奴と福沢諭吉の養子で電力王とよばれた福沢桃介が大正時代に共に住んでいた和洋折衷の建物を、名古屋市が移築復元したもの。国の登録有形文化財に指定されています。

大正ロマンを感じるセレブの洋館

訪れた人々をまず迎えてくれるのが、モダンな内装の大広間。まさしく名古屋のセレブであった2人はたびたび政・財界人や文化人を招待し、贅を尽くしたこの部屋でもてなしていたそうです。
当時使われていたソファや美しいステンドグラスが復元され、大正時代の優雅な雰囲気を感じられます。まるで舞台のセットのような螺旋階段や美しく煌めくステンドグラスなど、大正時代のセレブな暮らしを 垣間見る事ができます。

詳細情報

【住所】愛知県名古屋市東区橦木町3-23 【電話番号】052-936-3836 【アクセス方法】地下鉄高岳駅から徒歩10分 【開館時間)10:00〜17:00 【休館】月曜 (祝日の場合は翌平日) 【料金】大人200円 (中学生以下無料)
1965年から18年間という長い間、南極観測のための砕氷船として活躍。その役目を終えたあと、1985年からは南極の博物館としてガーデン埠頭に永久係留されています。

南極での生活を垣間見よう

名古屋港でひときわ目立つオレンジ色の大きな船の船内は活躍当時の姿で保存されていて、南極への思いを馳せながら見学する事ができます。
食堂や居室、リハビリ室など、船員たちの暮らしぶりを想像しながら見学するのも楽しみのひとつです。

詳細情報

【住所】 愛知県名古屋市港区1-9 【電話番号】052-652-1111 【アクセス方法】地下鉄名古屋港駅から徒歩5分 【開館時間】9:30〜17:00 【休館日】月曜(祝日の場合は翌平日) 【料金】大人300円 小中学生200円
名古屋市東区白壁にある名古屋市の公文書館。名古屋城からは少し離れていますが、名城公園の一部として扱われています。建物(旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎)は重要文化財に指定されていて、名古屋市が設定する「文化のみち」の起点に位置付けられています。

洋風建築の圧倒的存在感

大正11年に建てられたネオ・バロック様式のレンガ造建築物で、昭和54年まで裁判所として使用されていました。外観や内部の美しさと重厚さから、「坂の上の雲」「華麗なる一族」など映画やドラマのロケ地としても利用されています。

静寂に包まれる留置所

まるで病院のような静かな階段で地下に降りると、殺風景な留置所に到着。独房や雑居房などの中を見学する事ができます。地上階の華やかな雰囲気とはまるで違う、静寂に包まれた冷たい空気が漂います。
館内はとても広いですが、喫茶室もあるのでゆっくり休憩する事もできます。名古屋名物小倉トーストもいただけます。

詳細情報

【住所】愛知県名古屋市東区白壁1-3 【電話番号】052-953-0051 【アクセス方法】地下鉄市役所駅から徒歩8分 【開館時間】9:00〜17:00 【休館日】月曜 (祝日の場合は翌平日)・第3木曜 (祝日の場合は第4木曜)
名古屋市内で1番高い山、東谷山のふもとにある農業公園。果樹園ではおなじみの果樹に加えてイチジクやあんず、キウイなど約190種もの果樹が栽培されています。大小2つのドームは「世界の熱帯果樹温室」。バナナやパパイヤ、グァバなど約100種の熱帯果樹、亜熱帯果樹が植えられています。

とれたての味を堪能

果樹園で収穫された果物は、売店で購入する事ができます。その場で生オレンジジュースや生グレープフルーツジュース、カットフルーツなど季節の味を堪能する事もできます。

詳細情報

【住所】愛知県名古屋市守山区上志段味字東谷2110 【電話番号】052-736-3344 【アクセス方法】JR高蔵寺駅から徒歩25分 【開園時間】9:00〜16:30 【休園日】月曜 (祝日の場合は翌平日) 【料金】無料 (温室のみ有料 大人300円)
1909年に名古屋市が設置した最初の公園。明治の欧化思想の影響を受け、整形式の洋風庭園と回遊式の日本庭園を併せ持っています。
正面入口からヒマラヤスギの並木、噴水塔、奏楽堂、胡蝶ヶ池、竜ヶ池と続く公園の中軸は、昔から変わらず市民に愛されています。

花々を愛でる癒しの公園

公園は国の登録記念物に登録されていて、日本さくら名所100選にも選定されています。他の季節も四季折々の花を楽しむ事ができます。ベンチに腰掛け、木々や花々を眺めながらほっとひと息つける癒しの公園です。

詳細情報

【住所】愛知県名古屋市昭和区鶴舞 【電話番号】052-733-8340 【アクセス方法】JR鶴舞駅から徒歩すぐ
名古屋市の代表的な商店街のひとつ。秋葉原、日本橋と共に日本三大電気街として広く認識されています。アーケードが長く続いているので雨の日も便利。

ディープな商店街をぶらり散策

味噌カツ・ひつまぶし・味噌煮込みうどんから中華・トルコ・ベトナム・ブラジル料理まで、他にもカフェや古着屋も多く、多種多様な店がひしめき合うディープな商店街です。
食べ歩きできり店も多く、週末は広場でイベントも行われていて人であふれかえっています。目的なくぶらぶらと散策するだけでも楽しめます。

詳細情報

【住所】愛知県名古屋市中区大須 【電話番号】052-261-2287 【アクセス方法】JR大須観音駅、上前津駅からそれぞれ徒歩
もと尾張徳川家の大曽根下屋敷。池泉回遊式の大名庭園で、近世武家文化が体感できます。木曽三川・伊勢湾・濃尾平野に見立てたしつらいで、自然の風景や景観が凝縮されています。

尾張徳川家の歴史に触れる

隣接する徳川美術館の開館は昭和10年。徳川家康の遺品を中心として九男で尾張徳川家初代藩主の義直から代々伝わる遺愛品などを見ることができます。世界的にも貴重な国宝「源氏物語絵巻」を筆頭に、ここでしか見る事のできない品が保存状態も良く残されています。
また、徳川家の姫君のためにあつらえられた雛飾りが毎年2〜4月にかけて展示されます。高さ約2m幅7mにも及ぶ圧巻の雛飾りです。

詳細情報

【住所】愛知県名古屋市東区徳川町1001 【電話番号】052-935-8988 【アクセス方法】JR大曽根駅から徒歩10分 【開園時間】9:30〜17:30 (入園17:00まで) 【休園日】月曜 (祝日の場合は翌平日) 【料金】大人300円 中学生以下無料
東海道新幹線を中心に、在来線から超電導リニアまでの39両の実物車両の展示を通じて「高速鉄道技術の進歩」を紹介する、鉄道のミュージアムです。
抽選制で運転や車掌体験ができる他、日本最大級を誇る鉄道のジオラマも人気があります。一部を除き展示車両の中を見学する事もできます。

駅弁を食べて列車の旅気分

食事は持ち込み可能ですが、館内で買った駅弁を屋外展示の117系車両内で食べるのがおすすめ。展示車両の中は基本的に飲食不可ですが、この車両では可能です。駅弁とお茶を買って車内で食べながら、のんびり旅行気分を味わいましょう。

詳細情報

【住所】愛知県名古屋市港区金城ふ頭3-2-2 【電話番号】052-389-6100 【アクセス方法】JR名古屋駅からあおなみ線で「金城ふ頭駅」下車徒歩2分 【開館時間】10:00〜17:30 (入館17:00まで) 【休館日】火曜 (祝日の場合は翌平日) ※ゴールデンウィークや夏休みなどは火曜も開館
名古屋には自然から歴史、ディープな商店街まで、ここでしか楽しめない隠れた観光スポットがたくさんあります。ひと味違った名古屋にぜひ訪れてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://instagram.com/p/Bhg7WQkHlO8/