T6hwm29mn97x0nsxv055

韓国

CATEGORY | 韓国

ソウルの治安2018年版・観光に関しての注意事項をチェック!

2018.08.17

現在のソウルの治安は安定していますが、観光客の来訪者数が増加している分、犯罪被害に巻き込まれる人も増えています。被害に巻き込まれないためにも、事前にソウルの治安について知っておくことが大切です。ソウルの治安や、観光する際の注意点についてご紹介します。

  1. ソウルの治安・観光で注意すること①盗難被害
  2. ソウルの治安・観光で注意すること②飲み水
  3. ソウルの治安・観光で注意すること③タクシー
  4. ソウルの治安・観光で注意すること④夜間の外出
  5. ソウルの治安・観光で注意すること⑤トイレ
  6. ソウルの治安・観光で注意すること⑥喫煙マナー
  7. まとめ
現在ソウルで最も日本人が犯罪被害に遭うのがスリです。韓国では複数人でスリを行うことが多く、1人がターゲットに話しかけているうちに、別のもう1人が財布をかばんから抜き取るという手口が横行しています。
スリの犯行は飲食街やショッピングモールなど、お金を使う場所での被害が多くなっているのでご注意ください。スリに対策する方法としては、話しかけられたら無視するか、かばんを肌身離さず持つ、財布から意識をそらさない、混雑している場所にはなるべく近寄らないなどの対策が有効です。
現在のソウルを含む韓国では、ほとんどの人が水道水を口にはしません。実際に韓国の水道水は、飲み水として安全ではないとされており、口にするのは控えておいた方が良いでしょう。韓国で水を飲むのであれば、市販されているミネラルウォーターを購入することをおすすめします。
日本のタクシーと比較すると韓国のタクシーは料金が安く、日本と同様にどこでも捕まえられるので、観光客もよく利用する移動手段です。ただし、韓国では一部に悪質なドライバーがいるので注意が必要です。悪質でないか判断するポイントは、まずドライバーに目的地を伝えたら、メーターを起動させたかチェックしてください。
悪質ドライバーはメーターを使用せず法外な運賃を請求してきます。不安であればあらかじめ車両番号を撮影するかメモしておきましょう。特に夜間は観光客を狙った悪質ドライバーが多いので、なるべく夜間はタクシーに乗らないか、お店やホテルの人からタクシーを手配してもらう方法もあります。
日本は海外と比較すると、夜間でも女性が一人で出歩けるほど治安が良い国ですが、ソウルを含む韓国では、なるべく夜間の外出は控えるようにしてください。
特に韓国では、夜間外出した女性が暴行事件に巻き込まれる被害が年々増加傾向にあります。人通りが多い、少ないは関係なく、日が暮れる前にホテルにチェックインするのが安全です。
韓国の空港や百貨店などのトイレは日本と同じようなもので、現在では女性用トイレは化粧室が設けられている場所が増えています。ただし韓国の街中や駅にあるトイレは、日本のトイレのように紙を流せないことがあります。紙を流せないトイレに紙を捨ててしまうと、トイレが詰まる原因になってしまいます。
紙が流せないトイレは、トイレの横にゴミ箱が設置されているので、ゴミ箱に紙を捨てましょう。また韓国では男女兼用のトイレも多く、トイレットペーパーがないトイレもあるので、念のためトイレに入るときはポケットティッシュを持参しておくと安心です。
韓国は日本と同様禁煙が全面的に進められており、飲食店も基本的には禁煙となっている場所がほとんどです。喫煙室を設けることはできますが、換気設備の厳しい条件が設定されていることから、現在のところ設置場所は多くありません。
喫煙禁止の場所で煙草を吸った場合、喫煙者は10万ウォン、飲食店の場合は店側も170万ウォンの罰金を支払うことになります。日本で喫煙が禁止されているような公共場所は、韓国でも喫煙できないと認識しておくのが無難です。
韓国・ソウルの治安や観光の注意点についてご紹介しました。人が集まるソウルでは、それだけ犯罪被害の件数も多く、特に観光客を狙った手口が横行しているので注意が必要です。女性は夜間の外出は控えるなど、自分で身を守るための対策を取ることで被害に巻き込まれるのを予防できます。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmhNct8gB7C/?tagged=%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%83%AB