Qwaegvfr3eppg1bpdgmh

韓国

CATEGORY | 韓国

韓国・プサンの名物【2018年】穴場のグルメやお土産のご紹介

2018.08.22

プサンを観光するなら、プサン限定のグルメやお土産を購入したいと思ったことはありませんか?プサンには、プサンでしか食べられない名物グルメやプサン限定のお土産が販売されています。有名店から穴場店まで、さまざまなお店で食べられる名物グルメ・お土産をご紹介します。

  1. 韓国・プサンの名物①ミルミョン
  2. 韓国・プサンの名物②テジクッパ
  3. 韓国・プサンの名物③ナクチポックン
  4. 韓国・プサンの名物④ビジュン
  5. 韓国・プサンの名物⑤カンジャンケジャン
  6. 韓国・プサンの名物⑥OPS
  7. 韓国・プサンの名物⑦ 海雲台ハイパン
  8. 韓国・プサンの名物⑧マルランカウ
  9. まとめ
ミルミョンは主に夏の時期に食べられるプサンのグルメです。韓国では冷麺にトンチミという大根のキムチが入っていますが、ミルミョンは漢方や肉をベースにしたスープになっています。ミルミョンは日本人の口に合いやすいので、プサン観光の際は有名店から穴場店まで、いくつかのお店のミルミョンを食べ比べるのもおすすめです。
テジクッパは豚骨スープに豚肉などの具材が入ったグルメです。プサン名物のため、ソウルではあまり食べられないグルメでもあります。豚骨スープは油が少なくあっさりしているので、朝食や昼食におすすめの味です。プサンの繁華街ソミョン通りはデジクッパのお店がたくさんありますが、ご飯とクッパを別々にしてもらいたい場合は「タロクッパ」と注文すればクッパとご飯を別にしてもらえます。
ソウルのナクチポックンはお皿に乗っている料理に対し、プサンのナクチポックンは鍋料理のようになっているのが特徴です。ソウルのナクチポックンは激辛で韓国人でも食べられない人がいるほどですが、プサンのナクチポックンはスープになっているため、ご飯やうどんを入れて辛さを調整できるようになっています。プサンでは西面市場の屋台通りにある「ケミチブ」が24時間ナクチポックンが食べられる穴場スポットです。
プサン駅3階にある「ビジュン」では、野菜などの自然素材を使用して着色したカラフルなお餅が購入できます。韓国産のもち米を使用したお餅で、マッコリがお餅に混ざっています。お持ち帰りできる商品のため、お土産としてもおすすめです。
プサンでカニ料理を食べるなら、カンジャンケジャンをおすすめします。ワタリガニを醤油で味付けしたグルメで、ご飯と一緒に食べられることが多い料理です。スーパーなどで販売されているカンジャンケジャンは、お土産として持ち帰ることができます。
プサンで知られているベーカリーチェーンで、パン、ケーキ、焼き菓子が販売されています。デニッシュ、バゲット、デザートパン、総菜パンなどさまざまな種類のパンが店頭に並んでいます。シュークリームは皮が湿気らないよう注文と同時にクリームを詰めてくれます。ランチ時にパンのバリエーションが最も多くなるので、その時間帯を狙って行くのもおすすめです。
プサン海雲台のご当地お土産で、海雲台区内にあるお店で購入できます。スポンジケーキと煎餅の中に、マシュマロのようなイチジク味のクリームが入っているお菓子です。1箱8個入りになっており、姉妹品海雲台タルマジパンとセットでプサンの名物お土産の代表スイーツとなっています。
日本語に訳すと「柔らかい牛」という名前の商品で、韓国ロッテが販売しています。ミルク風味のソフトキャンディで、ヤクルト味、イチゴ、バナナ味などのフレーバーもあります。キャンディが1つずつ個包装になっているので、ばらまきのお土産にもぴったりのお菓子です。
クラッカーの間にソフトキャンディをサンドし、電子レンジで温めてクリーム状にして食べるなど、アレンジして食べられることでも人気の商品です。マルランカウはプサンのスーパーやコンビニで手軽に購入できます。
プサンの名物グルメをご紹介しました。プサンにはグルメからスイーツまでさまざまな名物がそろっています。プサンでしか食べられないグルメを楽しむ、プサン限定のお土産を購入するなど、プサンでしかできないことを楽しむのもプサン観光の楽しみ方の1つです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BISQ34mjdFu/?tagged=%ED%95%98%EC%9D%B4%EB%B9%B5