Vugfvt3enxul9sryxnmo

長野

CATEGORY | 長野

長野の夏!【2018年版】夏に行きたい!おすすめ観光スポット6選

2018.08.22

長野はリゾート地の軽井沢があるため、夏場は避暑地として昔から多くの観光客が訪れるスポットです。長野に古くからある観光スポットはもちろん、夏場に楽しめる最新スポットもたくさんあります。長野の夏を満喫できる観光スポットをご紹介します。

  1. 夏におすすめ・長野の観光地①戸隠神社
  2. 夏におすすめ・長野の観光地②阿智村ナイトツアー
  3. 夏におすすめ・長野の観光地③ソラテラス
  4. 夏におすすめ・長野の観光地④上高地
  5. 夏におすすめ・長野の観光地⑤星野温泉
  6. 夏におすすめ・長野の観光地⑥諏訪湖
  7. まとめ
長野のパワースポットとして知られている戸隠神社は、建立から2000年以上の歴史を誇る歴史的な名所です。夏は「五社巡り」の道中が緑に包まれ、日本の自然豊かな夏を感じながら散策ができます。戸隠古道を歩く際は参道になるため、動きやすい服装に運動用のスニーカーを履いていくことをおすすめします。
各神社に到着したら、手水舍で身を清めてから境内に入りましょう。拝殿では二礼・二拍・一礼するのが正しい作法です。五社巡りの最後の神社となる奥社社殿でおみくじを引くと、自分の年齢を社務所で告げるときに祝詞を上げてもらえます。
長野県阿智村は満天の星空が観察できるとして、現在話題のスポットです。最近ではナイトツアーが敢行されており、毎年4月中旬~10月中旬の春から夏にかけて多くの観光客が阿智村を訪れます。この時期はスキー場を天体観測として使用しており、梅雨の時期以外は毎晩ツアーが開催されています。
ガイドの説明を聞きながら天体観測ができるので、天体についてあまり詳しくない方でも安心して楽しめます。夏の時期は天の川が肉眼で見られることもあるので、天候を考慮しながらツアーの参加日を決めるのがおすすめです。
ソラテラスは「竜王マウンテンパーク」内にある展望台カフェです。標高1,770mの場所にあるテラスからは雲海が空に広がる絶景が眺望できます。標高が高いため、夏場でも気温が低いので羽織ものを1枚持参する必要があります。
雲海が発生しやすい時間帯は日没前の夕方の時間帯になるので、その時間帯を狙って訪れるのも良いでしょう。夏場は17時頃から雲海が発生しやすい条件となります。雲海を眺めながらスープやパスタなどの軽食も楽しめます。
上高地は景勝地として「特別天然記念物」に指定されている自然エリアです。「上高地ビジターセンター」で予約すればガイド付きの上高地巡回ツアーに500円で参加できます。一部エリアは「特別母樹林」に指定され、このエリアの近辺に「黄門カラマツ」と呼ばれるたいぼくがあり、パワースポットとして知られています。
「明神」と呼ばれるエリアにある「明神池」は、明神岳の地形の変化によって生まれた池で、ひょうたん型をしているのが特徴です。長野の山岳地帯の自然を感じられるツアーは2時間程度で周回ができます。
星野温泉は温泉だけでなくショッピングやグルメが楽しめる行楽地として、全国から観光客が訪れる土地です。星野温泉の起源は大正時代にさかのぼり、島崎藤村や与謝野晶子など名立たる文豪や詩人が訪れた歴史ある温泉です。
夏は緑豊かな景色に囲まれた空間で、美肌効果のある温泉に入浴ができます。和とモダンを融合させた空間でゆったりとした一時を堪能できます。長野の夏をリゾート地で過ごしたい方におすすめのスポットです。
諏訪湖の周辺にはウナギ料理が楽しめるお店が並んでいます。諏訪湖で獲れた新鮮なウナギの蒲焼や塩焼きなどが食べられます。手軽にウナギ料理が食べられるお店から高級料亭まであるので、お好きな料理が食べられるお店でウナギ料理が堪能できます。
夏は花火大会も開催されるので、グルメと花火が一緒に楽しめます。内陸に位置する長野の猛暑を乗り切るためにも、土用の丑の日は諏訪湖でウナギ料理を味わってみてはいかがでしょうか。
長野の夏は、長野の自然が楽しめる観光スポットが人気です。登山のようにアクティブな運動を楽しみたい、リゾート地でゆっくり過ごしたいなど、長野での過ごし方から観光地を決めるのも旅行計画の楽しみ方です。長野観光の際は、ぜひご紹介したスポットの観光を検討してみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bmnfny0AgZJ/?tagged=%E6%98%8E%E7%A5%9E%E6%B1%A0