Bbesfzmsiylpjzdcbxm9

シンガポール

CATEGORY | シンガポール

シンガポール・観光ベストシーズン【2018年】お天気や気候をチェック!

2018.08.17

ここではシンガポールに観光に行くときのベストシーズンについて説明します。シンガポールは時期によっておすすめの観光の楽しみ方が変わります。またシンガポールのお天気や気候の情報も合わせて説明しますので、シンガポールのベストシーズンの楽しみ方がわかります!

  1. シンガポール・観光ベストシーズン【2018年】お天気や気候をチェック! シンガポール観光のおすすめの時期
  2. シンガポール・観光ベストシーズン【2018年】お天気や気候をチェック! シンガポールは赤道に近いので一年中暑い国
  3. シンガポール・観光ベストシーズン【2018年】お天気や気候をチェック! 天気がいい時期に行っておきたい観光スポット
  4. シンガポール・観光ベストシーズン【2018年】お天気や気候をチェック! ショッピングが好きな人は6月~8月がおすすめ
  5. シンガポール・観光ベストシーズン【2018年】お天気や気候をチェック! セール期間中に常に全部のお店がセールをしているわけではない
  6. シンガポール・観光ベストシーズン【2018年】お天気や気候をチェック! シンガポールのクリスマスイルミネーションを見れる時期
  7. シンガポール・観光ベストシーズン【2018年】お天気や気候をチェック! シンガポールでの服装について
  8. シンガポール・観光ベストシーズン【2018年】お天気や気候をチェック! シンガポールの室内は冷房が強いことが多い
  9. シンガポール・観光ベストシーズン【2018年】お天気や気候をチェック! シンガポールのスコールについて
  10. シンガポール・観光ベストシーズン【2018年】お天気や気候をチェック! 折り畳み傘などを持ち歩くと安心できる
  11. まとめ
赤道に近くて、雨季と乾季しかないシンガポールのベストシーズンは雨が少なくなる、乾季の3月~9月ごとがおすすめ時期です。他にも5月下旬~7月中旬であれば、ショッピングが好きな人におすすめのバーゲンセールがあるので、ショッピングを存分に楽しむことができます。11月中旬からはクリスマスのイルミネーションを見ることもできます。
シンガポールは赤道に近いことから年間平均気温が30度前後となっていて、一年中暑い気候になっています。日本は四季がありますが、シンガポールには四季がなく、季節は10月~2月の雨季と3月~9月の乾季に分かれているので、シンガポールに観光に行くのなら雨が少なくなる乾季がおすすめです。しかし乾季とはいえ短時間に強い雨が降るスコールがシンガポールではよくあるので、常に傘は持ち歩いていると安心です。
天気がいい時期にシンガポールで行っておきたいのは、プールやビーチなどの屋外スポットです。例として、ラワン・ビーチ、セントーサ島のシロソ・ビーチや海洋テーマパークのマリン・ライフ・パークなどは雨の心配が少なくなる季節に楽しむのがおすすめです。
他にも天気がいい時期にはシンガポールのランドマークのような存在のマリーナベイ・サンズ・ホテルの屋上プールであったりスカイデッキも晴れている日には見晴らしが良いので、見ておきたいスポットです。シンガポール動物園も観光スポットとして人気がありますが、元気な動物を見るのであれば、ここも雨が少ない時期に行くのがおすすめです。
ショッピングが好きな人の場合はシンガポールのベストシーズンは6月~8月になります。この時期になるとグレート・シンガポール・セール(GSS)と言われている、バーゲンセールをしています。これはショッピングセンターが集まっている、マリーナベイ・サンズにあるショッピングモールのショップス・アット・マリーナベイ・サンズやオーチャード・ロードや異文化の感じがする、リトルインディアやチャイナタウンなども参加しているシンガポールの一大イベントです。
全部のお店がセール期間中に常にセールをしていることではないので注意をする必要があります。期間中であれば、ほぼ全てのお店が期間中のいずれかの時期にセールをするようになっているので、旅行の日程を考えるときには気になるお店のセールの時期が重なるように予定を調整するようにしましょう。また目当てお店以外でもセールをしていますので、掘り出し物が見つかることもありますので、せっかくならいろいろなお店に行ってみるのがおすすめです。
暑いシンガポールであってもクリスマスは大きなイベントです。11月中旬以降は街中でイルミネーションを見ることができます。これは1月初旬ごろまで続き、日本の冬休みの時期とも重なるので、この時期にシンガポールに観光に行くと暖かいクリスマスを楽しむことができます。様々なお店が並んでいるオーチャード・ロードは特にクリスマスイルミネーションを見るのには絶好の観光スポットとなり、毎年テーマを変えたイルミネーションを見ることができます。
他にもアイオン・オーチャード、マリーナベイ・サンズや高島屋ショッピングセンターなどでも、各施設が飾っている大きなクリスマスツリーを見ることも、この時期のシンガポールの楽しみ方の一つです。それぞれの趣向が凝らされているクリスマスツリーなので、いろいろと見て歩くこともおもしろいでしょう。家族旅行やカップルでも見て楽しむことができるので、冬休みの旅行先としておすすめです。
シンガポールは一年中ずっと蒸し暑いので、服装はシンガポールでの服装はTシャツにズボンなどの日本で夏に着るような服装であれば問題ありません。注意点としてはシンガポールはドレスコードがある場所があるので、短パンやサンダルやノースリーブやタンクトップといって袖がないシャツだとカジノなどでは入場できないことがあります。特に料金が高めになっているカジノに行く予定がある場合には事前にドレスコードがあるかの確認をしておきましょう。

宗教施設では肌の露出に注意をする必要がある

他民族国家であるシンガポールは様々宗教があり互いの宗教や信仰を尊重することが国のルールとなっています。宗教施設を見学する場合には肌の露出がない服装で行くことが推奨されます。
シンガポールは基本的に外は薄着で問題ないのですが、ホテルやお店の室内の場合は冷房が強いことが多いので、肌寒さを感じてしまうことがあります。特に女性の場合は敏感なことが多いので、薄手の上着などを持っていくと冷えることの防止になります。薄手の上着はシンガポール旅行の必須アイテムです。
また気をつけたいこととして、スコールなどの雨で濡れてしまったら洋服や髪の毛も濡れてしまっているので、その状態で冷房が強い建物の中に入ってしまうと、温度差によって風邪などの体調不良になってしまって、観光を楽しむことができなくなることもあるので、雨には注意をする必要があります。
シンガポールの雨季の天気の特徴としてスコールがあることです。雨雲が急に広がってあたりが薄暗くなると、ものすごい強さの雨が降り出します。それはまるでバケツをひっくり返したような勢いで、轟音とともに雷が落ちることもあります。スコールは1時間ほどで雨が止むので、その後は青空が広がって木々は雨の水で洗われたことで輝きます。はじめてスコールを見た人は、そのスコールの様子に感動する人も多いです。
お店でショッピングを楽しんでいて、外に出たら時間が濡れているのでスコールがあったのかと気づくこともシンガポールの天気ではよくあることです。雨季には折り畳み傘などの雨具を持ち歩いていると安心できますが、雨具がなくても少しお店の中で待っていれば雨は止むので濡れないためにも、ショッピングを楽しんだりカフェなどで休むこともおすすめです。
シンガポールは時期によっておすすめの見どころが変わります。観光スポットを見て回るのなら乾季がおすすめですし、ショッピングを楽しむのなら6月~8月のバーゲンセールの時期がベストシーズンです。シンガポールのクリスマスイルミネーションはとても綺麗なので冬休みの旅行先としてもシンガポールはおすすめです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/4b/4bf18d4671bab3d9104e3cf6caec821d_t.jpeg