Mtdtvbc51q9glz7ln9pg

キューバ

CATEGORY | キューバ

【2018年版】キューバ一人旅の費用を検証!おすすめのツアーもご紹介

2018.08.17

未だに街が近代化されておらずタイムスリップしたかのような雰囲気が魅力的なキューバ。多くの旅人がおすすめするキューバですが、一人旅は危険?費用は?といった疑問を抱えている人も多いかと思います。今回は旅の費用と、一人旅の強い味方「おすすめツアー」を紹介します。

  1. 「キューバに行くには絶対今のうち!」そう叫ばれるワケ
  2. キューバは女一人旅でも大丈夫?治安は?
  3. キューバ一人旅にかかる費用は?
  4. キューバ一人旅おすすめツアー1:夜のハバナ旧市街散策ツアー
  5. キューバ一人旅おすすめツアー2:古都トリニダー観光
  6. おわりに
2015年、実に54年ぶりにアメリカとの国交が復活した世界最後の社会主義国キューバ。つまり半世紀にわたってアメリカ文化が入ってこなかったということになりますので、街は未だに近代化されておりません。1950年代にアメリカから輸入されたクラシックカーが未だに街中を走っていたり、今やどこの国にでもある「マクドナルド」や「スターバックス」などのチェーン店も展開していません。
しかしアメリカとの国交回復が進んで、アメリカの文化・物・人がキューバに流入することによって、古き良き雰囲気をもつ現在のキューバは見られなくなると言われているんです。そのため、多くの旅人の間で「キューバに行くには絶対に今のうちがいいよ!」と叫ばれているんですね。
中南米に位置するキューバは、地理的なイメージだけで「治安が悪そう。女一人旅なんて絶対に危険なんじゃ・・?」と言われることが多いです。しかし、キューバは比較的治安が良い国です。キューバは今や珍しい社会主義国ですので、現地の人々には「助け合い精神」が根付いています。そのため、一人旅をしていても困った時はすぐに助けてくれますよ。
陽気で親切な人たちが多く、街を歩いていてもお酒をご馳走してくれたり、飲食店の呼び込みを断ったとしても道案内をしてくれたりと、底なしの親切心を提供してくれるのがキューバ人です。そうして現地ではお友達がたくさん出来るので、一人旅がしやすいどころか、男女問わず一人旅がとても楽しい国ですよ。
キューバ一人旅の費用ですが、7日間の旅行期間で約20万円前後(航空券+ホテル代+海外旅行保険+ツーリストカード+現地費用)が相場です。キューバを旅行するにあたっての注意点として、キューバに入国するすべての外国人には海外旅行保険への加入が義務付けられています。そのため、滞在日数をカバーする海外旅行保険への加入準備を忘れないようにしましょう。
ハバナはキューバの首都で、コロニアルな雰囲気あふれる旧市街と革命広場のある新市街からなる街です。昼間のうちは一人で散策するのも楽しいですが、夜に一人で海外の街を歩き回るのは不安ですよね。ハバナでキューバのお酒やバーを楽しみたい方は、ハバナ旧市街の夜を楽しむツアーはいかがですか。
他の旅行者とともに、陽気な現地の人たちとの時間とキューバのお酒を楽しむナイトライフも、大人のキューバの楽しみ方ですね。
せっかくキューバを訪れたならハバナから少し足を伸ばして、世界遺産の古都トリニダーを訪れてみてはいかがですか。小一時間もあれば街全体を回れてしまうほどコンパクトな街ですが、スペイン統治時代の面影が強く残る素敵な街です。
カラフルな街並みで、どこを切り取っても絵になる街です。カメラを首からぶら下げて街中を散策したいですね。インスタ映えも間違いなしな、街全体がフォトジェニックな素敵な場所です。日本国内ほとんどの旅行会社でオプショナルツアーとして取り扱われているので、気になる人はぜひ参加してみてはいかがですか。
本記事では、キューバ旅行にかかる費用とおすすめツアーを紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。時が止まったかのようなコロニアルな雰囲気残るキューバは、実はとても治安がよく現地の人も親切なので、女性でも一人旅を楽しむことができる魅力的な国です。キューバの近代化が進んで今の街並みが見られなくなってしまう前に、今のうちに古き良き雰囲気が残るキューバへ旅行に行くことをおすすめします。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pixabay.com/ja/キューバ-クラシックカー-古い車-森林-赤-旅行-車-1197800/