X3qui7mm64ac4a8ubszq

鳥取

CATEGORY | 鳥取

鳥取県のお土産厳選6選!【2018年度】人気スイーツなどをチェックしよう!

2018.08.17

旅の楽しみと言えば、スイーツなどその土地ならではのお土産選びですよね。境港や米子、大山などの人気の観光スポットが揃う鳥取県。多くの人に愛される銘菓から一風変わった個性的なお菓子まで、鳥取県を訪れたならぜひ購入したいお土産におすすめのスイーツをご紹介します。

  1. 鳥取県でお土産におすすめの人気スイーツ①妖菓目玉おやじ
  2. 鳥取県でお土産におすすめの人気スイーツ②大風呂敷
  3. 鳥取県でお土産におすすめの人気スイーツ③どじょう掬い饅頭
  4. 鳥取県でお土産におすすめの人気スイーツ④ふろしきまんじゅう
  5. 鳥取県でお土産におすすめの人気スイーツ⑤因幡の白うさぎ
  6. 鳥取県でお土産におすすめの人気スイーツ⑥打吹公園だんご
  7. まとめ
目玉のおやじがずらりと並ぶ圧巻の光景。「妖菓目玉おやじ」は、境港の「水木しげるロード」にある「妖怪食品研究所」が誇る銘菓で、「ねりきり」と呼ばれる皮で栗入りのこしあんを包んだもの。全国でもここだけでしか買えない特別なお菓子なのです。
境港ならではのインパクトのあるお土産として人気の「妖菓目玉おやじ」。2個入、5個入、6個入、10個入、15個入と色々なサイズが用意されていますので、渡す相手に応じて選べます。また、食べ歩き用として、クシに刺した目玉のおやじもあります。これを食べながら「水木しげるロード」を散策していると、周囲の視線も釘付けかも。
3色の袋に包まれた山陰を代表する「大風呂敷」。昔から山陰地方では、お祝い事の際に家紋を入れた大風呂敷にお祝いの品を包む風習がありました。それをイメージしたのが、「宝製菓」の「大風呂敷」です。
一口サイズのやわらかいきなこ餅に、鳥取の特産物である二十世紀梨を生かしたオリジナルの蜜をかけていただくのが特徴。素朴で上品な美味しさに山陰のお土産としても人気で、その完成度の高さは、かつて「全国菓子博大博覧会」の「名誉総裁賞」を受賞したことからもうかがい知れます。
「中浦食品」の「どじょう掬い饅頭」は、「安来節(やすぎぶし)」の「どじょう掬い踊り」に登場するひょっとこの面をモチーフにして作られたお菓子。頬かむりをしたひょっとこの愛嬌のある表情やあんのほど良い甘さが人気です。
定番の白あん以外にも、抹茶あんやチョコあん、いちごあん、20世紀梨あんなど、色々なフレバーがあります。お茶だけでなく、コーヒーや紅茶にも合うと評判で、山陰を訪れたならぜひ買いたいお土産の一つです。
明治元年創業の老舗「山本おたふく堂」の看板商品として人気を集める「ふろしきまんじゅう」。かつて皇太子と妃の両殿下に献上されたこともあったそう。商品名は、完成した饅頭の形が、風呂敷の四隅を折った形に似ていることに由来するものですが、店名にちなんで「おたふくまんじゅう」の愛称でも親しまれています。
上質な小麦や沖縄産の黒糖などこだわりの原料を用いながら、昔からの製法を受け継ぎ、一つずつ丁寧に生み出されています。常温で食べても美味しいですが、冷凍保存も可能で、自然解凍でも良いですし、電子レンジで10秒〜20秒ほど温めると出来立ての美味しさを味わえます。
鳥取県と言えば、出雲神話が伝わる地。出雲神話の「因幡の白うさぎ」をイメージしたのが、米子市にある「寿製菓」の「因幡の白うさぎ」で、昭和43年の誕生以来、鳥取を代表するお土産として人気を博しています。
可愛いうさぎの形が特徴的な「因幡の白うさぎ」は、大山バターや黄身あんの風味を楽しめる焼き饅頭。通常の黄身あんに加えて、抹茶あんのフレバーも。また、「因幡の白うさぎ」をフランスの焼菓子であるフィナンシェにアレンジした「白ウサギフィナンシェ」も人気です。
倉吉市に位置する「石谷精華堂」の「打吹公園だんご(うつぶきこうえんだんご)」は、明治時代に生まれたお菓子。小豆あん、白あん、抹茶あんの3色の団子が並んでいるという、可愛い見た目も人気の秘密です。
「公園だんご」の名で地元でも親しまれる「打吹公園だんご」は、5本入り、10本入り、20本入りなどがあり、石谷精華堂本店や打吹公園内の茶店、百貨店、駅や空港の売店など、鳥取県内の主要なお土産店で購入することができます。
ご紹介したスイーツは人気の高い品ばかりです。鳥取県に観光に行かれる際には、この記事を参考に、とっておきのお土産を見つけてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.photo-ac.com/main/detail/953463?title=%E9%B3%A5%E5%8F%96%E7%A0%82%E4%B8%98