Vr3gg2rbwxrtm4yeiowv

インドネシア

CATEGORY | インドネシア

バリ旅行【2018年】チップは必要なのか?相場や渡し方のおさらい

2018.08.17

ここではバリ旅行に行く前に知っておきたいチップが必要なのかや、その相場や渡すタイミングについて解説します。バリ島ではチップを渡すことがよくあるので、知らずにバリ島に行くと戸惑ってしまう可能性もありますので、これを見ておけばバリ島旅行の役に立ちます!

  1. バリ島にはチップ文化があることに注意が必要
  2. バリ島のチップについて レストランなどの飲食店の場合
  3. バリ島のチップについて 高級なレストランやホテルのレストランの場合
  4. バリ島のチップについて ホテルの場合
  5. バリ島のチップについて 空港やホテルで荷物持ってもらったときの場合
  6. 日本円からアメリカドルへの両替は日本でしておくと便利
  7. バリ島ではチップを渡さなくても問題はない
  8. まとめ
バリ島に旅行に行くときにはチップ文化があることは覚えておいたほうが役立ちます。日本にはチップ文化がないので知らないとバリ島に行ったときには戸惑ってしまう可能性もあります。
この場合はお会計のときにチップを渡すことになります。チップの相場はお釣り程度の金額です。支払いが終わり、そのお釣りが10,000Rp以下なのであれば、それをチップとして渡すのがおすすめです。バリ島では席でお会計をすることも多いので、このような時にはお釣りを席のテーブルに置いておくのも、チップの渡し方としておすすめです。
このようなレストランの場合は会計時に消費税とサービス料が含まれてることがあります。メニューを見たときに下の方に、Addional tax&service chargeだったり++などの表示がされている場合は、料理の金額とは別に税金やサービス料が最初から含まれいるという意味になっています。なのでこの場合はチップを払う必要はないのですが、チップを渡すことが禁止されているわけではないので、サービスが良かったりした場合にはチップを渡しても問題ありません。
このケースの場合は部屋に案内されたときや、ルームサービスを持ってきてもらったときでしたし、部屋を出る前などです。チェックインのときにスタッフに案内をしてもらったら、チップを渡しましょう。またルームサービスのときもチップを渡すべきですし、部屋を出るタイミングではハウスキーパー向けにお金を置いておくのがおすすめです。
日本を持ってもらったときのチップの相場は荷物の量で変動しますし、空港やホテルの場合は移動距離にもよって変えたほうがいいとされています。少し手伝ってもらったときには、荷物1つにつき5,000Rpから10,000Rpが目安になります。
日本円からアメリカドルへバリ島でしようとすると、バリ島では円をルピアにしてからドルにする必要があるので、レートが悪くなってしまいます。バリ島ではドルでしか支払いができないお店はほとんどないのですが、到着時に取得することになる、観光ビザ代は25ドルが必要となります。これはレートは悪いですが日本円やルピアでも支払いは可能です。
他にもスパやオプションツアーなどを日本で事前に予約しているときには支払いはドルでの現地払いになることもあるので、ドルが必要になる場合には日本でドルに両替しておくと便利にバリ島を楽しむことができます。基本的にはバリ島はドルを使うことは少ないので余裕を持って持ち歩く必要はないので、必要な金額だけ両替をして持っていくようにしましょう。
バリ島はアメリカのようなチップの習慣ではないので、サービスが悪かったりした場合はもちろんですが、サービスが良かったとしてもチップを支払わなくても非常識とはなりません。なのでチップを支払いたくなければバリ島では支払わなくてもなんの問題もありません。
バリ島ではサービスが良かったらチップを渡せばいいので、サービスが悪かったりしたらチップを渡す必要はありません。しかしサービスが良かったりしたときは、感謝の気持ちとしてバリ島ではチップを渡すとお互いに気持ちがよくなりますので、チップを渡すことがおすすめです。また感謝の気持ちであるので、できれば言葉でも感謝の気持ちを伝えるとより喜ばれます。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/d0/d03225f69aad9f6469894e30e3cd7f05_t.jpeg