Egluqyaofg4stb9uzawo

スロベニア

CATEGORY | スロベニア

【2018年】スロベニアのおすすめ料理!在住者おすすめの人気料理TOP3!

2018.08.22

東欧の国、スロベニアをご存知ですか?スロベニアはイタリア、オーストリア、ハンガリークロアチアに囲まれており、各地域によってさまざまな料理が堪能でき、水と自然がきれいな国です。そんな日本にあまり馴染みがないスロベニアですが、どんな料理があるのかをまとめてみます。

  1. そもそもスロベニアってどこ?
  2. スロベニアの伝統料理は?
  3. スロベニアのオススメ料理第3位
  4. スロベニアのオススメ料理第2位
  5. スロベニアのオススメ料理第1位
  6. まとめ

スロベニアってこんな国

スロベニアの正式名称はスロベニア共和国で、周りをイタリア、オーストリア、クロアチア、ハンガリーに囲まれた国です。海外離れが進んで行く日本人が、99%行かないとも言われている、旧ユーゴスラビア地域にあります。しかし、とても治安が良く、森林に囲まれ、水もきれいです。スロベニアきっての観光地ブレッド湖はヨーロッパの人たちの避暑地として賑わい、全長27キロもあるヨーロッパ最大の大きさを誇るポストイナ鍾乳洞は、まるでおとぎの世界に紛れ込んだかのようなスケール感です。ヨーロッパの中でも治安の良さはピカイチで、女性1人でも旅行しやすい国としてはおすすめです。また、ヨーロッパの人々が旅行先として選ぶことも多い国です。
そんなスロベニアですが、伝統料理などはあるのでしょうか?スロベニアは4つの国に囲まれているために、地域によって郷土料理が違ってきます。地中海に近い西の地方では地中海風になりますし、南はクロアチア風と様々。日本でも西日本と東日本で味が違うように、スロベニアも隣接する国の影響を大きく受けています。その中でも、特にお馴染みなのは川魚のお料理。というのも、スロベニアの透明度の高い非常にきれいなお水で育った川の魚は、とても食べやすいのです。そちらにガーリックでさらに味を整え、レモンをたっぷりかけると、いくらでも食べられるほど絶品です。

やっぱり川魚は外せない!絶品マス料理

マス料理といえば、臭みが強い、小骨が多いなどのイメージが強いのではないでしょうか?ムニエルにしたり、煮付けにしたり、塩焼きにしたり。スロベニアのマス料理は豪快にガーリックを使って焼いた焼き魚が多いです。そこに、ポテトやほうれん草などのソテーを添えて食べるのが一般的。とにかくマスが主役!という感じで、大きなお皿にどーんと1匹ダイナミックに載せられています。マスが運ばれてくると、ガーリックの何とも言えないいい香りが食欲をそそります。そこに付け合わせと飾りとして置かれたたくさんのレモンがあるので、たっぷりとかけて食べることができ、川魚の臭みも小骨も気にならないほど美味しくいただけます。ツアーの旅行でも、必ずといっていいほどマス料理が提供されるほど、とても有名な一品です。

実は日本人に馴染み深い、蕎麦粉を使ったお料理

ヨーロッパでお蕎麦?と思う方もいるかもしれませんが、スロベニアの歴史では1426年に蕎麦の記述があるほど、蕎麦文化が根付いています。言い伝えによれば、ポーランドやドイツでは芽が出なかった蕎麦が、唯一その根を張ったのがスロベニアだったそうです。言い伝えに残るほど、蕎麦を使ったお料理はたくさんあります。独特なのは、蕎麦の実のポリッジ。ポリッジはお粥やオートミールを指します。たくさんの種類のキノコとあわせて食べると非常に美味しくてやみつきになります。アイドヴィ・ジガンツィという料理はスロベニアではよく食べられているお料理で、蕎麦粉をお湯でこねながら加熱調理したもので、日本では蕎麦がきとよく似ています。バターやチーズ、サワーミルクなどで食べるのが現地のおすすめです。また、蕎麦粉でパンケーキに使ったりと、多種多様に渡って蕎麦を使いこなしています。日本との味の違いは、舌を楽しくさせてくれます。

絶品中の絶品、トリュフを使った香り豊かなお料理

トリュフはスロベニアが産地なので、お料理は数多くあります。ペンネやパスタなどはもちろん、リゾットなども舌がとろけるほど美味しいです。日本だと高級素材のイメージが強いトリュフですが、スロベニアではふんだんに使われています。また、牛や豚はもちろんですが、意外と鹿肉や馬肉もスロベニアでは一般的によく食べられています。中には、ちょっと変わり種としてウサギ肉や熟成肉を提供してくれるお店も。そういったお肉のソースや上にもにもトリュフが使われていて、トリュフ独特の深みのある香りが、お肉やペンネをより一層味わい深く風味を広げてくれるので、食べ応えと満足度においては満点と言えます。見た目もお味も非常に満足のいく一品になること間違いなしです。これを食べるためだけに旅行してもいいくらいの贅沢さです。
意外と知られていない国スロベニアですが、日本で知られていないだけであって、ヨーロッパでは治安も良く観光地としてもとても愛されている国です。多くの国に囲まれながらも、独自の文化を築き、他国の影響を受けつつも発展させていった料理の数々はどれも絶品です。さらに、レストランとして使われている建物も、築200年をこえているなど、料理だけではなく雰囲気も趣があって、様々な角度から楽しめます。レストランからの風景も全てが絵になる、おとぎの国でのお料理に、ぜひ舌鼓を打ってみてはいかがでしょうか?
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://photopin.com/download/aHR0cHM6Ly9mYXJtNS5zdGF0aWNmbGlja3IuY29tLzQ2NDcvMzg1MzU5NzI5%0AOTVfYWJmMzI4NjI2Ni5qcGc=%0A?photo_id=38535972995&search_term=lake-bled