Do5dxy2x12mn1fhhjylz

イタリア

CATEGORY | イタリア

ローマ旅行で絶対失敗しない!必ず知っておきたい治安情報まとめ

2019.10.18

世界有数の観光都市【ローマ】。どこかを訪れる際は、そこがどんな所なのか治安情勢も含めて知っておくことも重要な旅の準備です。残念ながらローマでのスリ発生件数は毎年増加をたどる一方で、十分に注意が必要です。そこでローマでの治安情報をわかりやすくまとめてみました。

この記事に登場する専門家

Zeg3sruya8p2oo1vj0pi

イタリア大好き大学生

イタチ

イタリア語を通してイタリアの魅力に取り付かれた大学生(21)です。お金の無い大学生目線での情報や、在住者ではなく旅行者だからこそ気になるような点などをお伝えしていきたいです。

  1. ①ローマの治安情報◆注意エリア:テルミニ駅(駅構内と周辺)
  2. ②ローマの治安情報◆注意エリア:地下鉄
  3. ③ローマの治安情報◆注意エリア:バス
  4. ④ローマの治安情報◆注意エリア:観光地や周辺の路地
  5. ⑤ローマの治安情報◆ひったくり
  6. ⑥ローマの治安情報◆偽警官を装った詐欺
  7. ⑦ローマの治安情報◆比較的安全な地域
  8. おわりに
Jm5erlnnve0nvysf2ekt

ローマ全域にわたってスリは多いですが、その中でも【テルミニ駅(駅構内から周辺まで)】は特に被害が多い場所です。ですが、最近は軍の方や警察が厳しく目を光らせているので駅構内に関しては以前より安全になっています。駅の列車にも女の子によるスリグループはいます!駅南側に位置する「ヴィットリア広場」周辺には移民やジプシーたちが多く、そして北側も治安は悪いです。駅周辺にはホテルも多く、実際観光するにも便利な立地ですが、おすすめしません。避けるべきです。もし付近を通ったり宿泊する場合は、特に身の回り品に注意し、夜出かけるのは控えたい場所です。筆者も駅近くのホテルを取りましたが、夜は薄気味悪かったのでタクシーを使いました。

ローマの地下鉄には常にスリがいます!被害多発エリアは「コロッセオ周辺」「スペイン広場周辺」をよく耳にします。

・手口

電車内で数人が囲み、身動きが取れないところをバッグから財布を盗られたり、手荷物を棚にあげるよと近づき、停車した途端に荷物を持ったまま逃走する。

・対応

「混雑した車両には乗らないようにしましょう」とよく言われますが、ローマでは電車は常に混雑しています。なので、空いた電車を待っていてもキリがありません。多少混んでいても乗ってしまいましょう。隙を見せさえしなければスリは回避出来るので大丈夫です。でも不安...という方は相当の危機管理が出来ているのでそのような方こそ安心だと思います。サコッシュなど小さなカバンを持っていき、そこに貴重品を詰め、冬ならアウターを閉めて隠せば大丈夫です。

観光地なども含め、人混みができていたり混雑している場所は避けましょう。こちらからの見通しも悪く、動きが取りづらい状況を作るのを避けるためです。アウターがある時期はバッグをその下に隠すかたちが理想的です。ショルダーバッグもしくはウエストポーチを体の前側へ、バッグ開閉部のチャックを手でガードし、周囲を警戒しておくことが大事です。しかし、地下鉄を使わずとも意外とローマの街は歩いて回れます。遺跡や教会などもあちこちにありますので、どうせなら散歩しながら観光しましょう!

手口

地下鉄と同じくバスも要注意です。手口や気を付けることは地下鉄の時と同じですが、地下鉄に比べて揺れるので、酔いやすく注意力が散漫になるかもしれません。

・手口

「コロッセオ」「バチカン広場」「真実の口」「スペイン広場」「トレヴィの泉」など名だたる歴史的な観光スポットも被害多発エリアです。入場する列に並んでいる時、美術館などで鑑賞している時も警戒はしていてください。道を尋ねるふりをして話しかけ、仲間がその隙きにバッグから財布を盗るスリ。鑑賞に夢中になっている隙きのスリ。写真を撮ってあげるよとカメラやスマホを手にした瞬間走って逃走するスリ。ハンカチで手元を隠しバッグの中に手を入れてくるスリ。バッグに飲み物をわざとこぼし、拭くふりをして持ち去るスリ。

Ycswhqnbqn5x9mg1tezb

コロッセオ周辺は要注意です。イタリアを代表する観光地であるだけに、そこを訪れる観光客を狙う人が沢山います。特にアジア人がターゲットにされているらしく、日本語や中国語を叫んでそれに反応した人を見付けると親しみやすそうに絡んできます。そしてある程度絡んだ後、ミサンガを友情の印として結んできます。ところが、これを付けられると彼らはサービス料を突然要求してくるのです。ほどこうとしてもきつく縛られているので簡単には外せません。そしてお金を払わないと屈強そうな仲間の男を呼んでくるので抵抗出来ません。ここまで来ると大人しく支払うしかありません。

M8clahnvmxeuhdgtchzw

カトリックの聖地であるバチカン市国は一見安全そうに見えますが、実はそこにあるバチカン広場には物の押し売りをしてそうな男が沢山います。反応するとしつこく迫ってくるので無視を心掛けましょう。

Zmskta8qbu1ppdqrj5e9

スペイン広場周辺にはバラを持った男性がうろうろしています。彼らからバラを貰うとお金を要求されてしまうので声をかけられても無視しましょう。

・対応

誰かに話しかけられた時は、再度ご自身の持ち物や周りに注意してください。親切心で相手にしなくてもいいので無視してください。そして常にバッグのチャックを手でガードしていましょう。

M2and2ga3fbvvxgqw4gp

そして昼間であろうと路地裏は避けましょう。トラブルを避けるためには、人の多すぎる所と少なすぎる所はなるべく避けることが必要です。先程電車はスリが多いので気を付けましょうと言いましたが、本当に気を付けないといけないのは実は路地裏なのです。

路地裏は人が少なく、強盗の根城になっています。自分が襲われたとしても誰も気付いてくれません。極端な話、命を狙われる場合さえあるのです。その点、電車など人混みの場所ではスリだけで済むのでマシではあるのです。

ローマでスリの次に多い犯罪です。道路側に持っていたバッグをオートバイでひったくられる被害。タクシーに乗っていても、信号待ちの時に囲まれ窓ガラスを割られて持ち物を奪われる被害など、旅行客であってもそういう犯罪に遭遇する可能性はあります。少しでも危険を避けるために、道路を歩く際はバッグを反対側に持ち、たとえ車内であっても必ず道路の反対側に置きましょう。そして知らない場所を夜歩くのはできる限り控えましょう。

道路で警察官の格好で近づき、パスポートと財布の提示を要求してきます。気が付いた時には財布の中身だけ抜かれているという詐欺のほか、気さくに話しかけてきて、アクセサリーを勝手に付けられ金銭を要求する詐欺。相手にせず追い払ってください。そして警察官に身分証を確認する権利はありますが、財布の提示はおかしいです。警察官に言われると従いがちですが、そこは冷静になって、バッグのチャックを手でガードを忘れずに、周りの人や別の警官を呼びましょう。

Txuaegkbcml6kivs3zua

旧市街地区(パンテオン周辺)を中心に観光されるのはいかがでしょうか?ローマは遺跡の関係もあり、実は地下鉄の便が悪いんです。そしてスリも常駐しているので乗らないほうがいいと前途しましたが、そうなると徒歩かバスかタクシーという手段になります。もし可能でしたらぜひ徒歩で回ってみてください。

主要な観光名所も全て回れる距離ですし、古くからある街並みや遺跡が数多く見られます。ホテルを旧市街地区やスペイン広場周辺で探されると比較的治安の良い方です。夜ライトアップされた「ヴェネツィア広場」から「コロッセオ」を結んでいる「フォーリ・インペリアーリ通り」を散歩する観光客もいると思います。

Fv5oeuigfdb8frjrvy4a

他には「バチカン」周辺のホテルを取り、「サンタンジェロ城」のライトアップや「サン・ピエトロ広場」を夜散歩している観光客もいて、警備体制などを見ると治安は良い地域だと思います。

いかがでしたでしょうか?ローマにおける治安の悪い地域や比較的良い地域など、注意するべき点をご紹介しました。なんだか楽しめるか不安になられましたか?しかしご自身の持ち物や周りを警戒しておけば防ぐ事ができることだと思いますので、世界でも貴重な遺跡や街並み、お食事も楽しんでいらしてください。お食事中もお荷物には常に気を配っておいてくださいね。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmBX_1vnmmL/?tagged=%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E6%97%85%E8%A1%8C