Gnmpu6znppqivdurtki9

韓国

CATEGORY | 韓国

韓国・チップの習慣はある?相場は?【2018年度版】~ホテルやタクシーなど~

2018.12.03

海外旅行に行くとなにかと不便なのがチップです。ここでは韓国にチップの習慣があるのか?相場はいくらなのか?ホテルやタクシーでのやりとりについてご紹介しています。韓国以外の海外でのチップ事情も解説しているので旅行の際の参考にしてみてください。

  1. チップとは?
  2. 韓国にチップの習慣はある?
  3. 韓国のチップ事情「ホテル編」
  4. 韓国のチップ事情「タクシー編」
  5. 韓国以外の国でチップの習慣がある国
  6. まとめ
Ocvxptuu2ilzz089feeb
引用: https://www.instagram.com/p/BW6TfEuHJW-/?tagged=%E3%83%89%E3%83%AB
チップの習慣は日本にはないため、海外にあまり行かない人はチップと言われてもなかなかピンとこない人も多いかもしれません。チップとは、海外のホテルやレストラン、タクシーなどでサービスを受けた時に、「ありがとう」という気持ちを少額のお金で表す気持ちです。国によってチップの習慣があるかないかも違い、ある国でもチップの相場はどれくらいなのかさまざまなルールがあります。ここでは韓国のチップの習慣について解説しています。
Zhwybnx2ohfxqmxc6oyl
引用: https://www.instagram.com/p/Bme0qk5l9VN/?tagged=%E9%9F%93%E5%9B%BD%E6%97%85%E8%A1%8C
韓国は、日本と同じでチップの習慣はありません。ですので、韓国旅行へ行った時にはホテルやレストラン、タクシーではチップを払う必要はありません。チップの習慣がない国は日本と同じようにレシートに提示された金額を払うだけで大丈夫です。
B4nmrbhwnhqav6gg8bsz
引用: https://www.instagram.com/p/Bh9gt3nAylo/?tagged=%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB
韓国にはチップの習慣がないため、ホテルでも荷物を運んでくれたベルボーイや、枕元にチップを置いておくということはする必要はありません。ただし、高級ホテルや有名なホテルなどは、初めからホテルの代金にサービス料が10%含まれていることがあります。そのため、それがチップの役割を果たしていると言っていいでしょう。
D6vwe4pxuyqsidkhtouc
引用: https://www.instagram.com/p/BmPG_cyA0ca/?tagged=%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB
海外に行くと、どの国でもチップを払う必要があると勘違いしている人も多く、ホテルやレストランで提示された金額に上乗せしてチップをあげてしまうという人もいます。日本ならチップはいりません、と返してくれる場合もありますが、韓国の場合はそのままもらわれてしまうこともあるため事前のチップに関する知識が必要です。
タクシーの場合も、韓国はチップの習慣がないため基本的に支払う必要はありません。しかし、支払いの時にお釣りがかなり少額である場合はチップとして渡してあげると喜んでもらえます。他には何ヶ所もタクシーで連れて行ってもらった場合など、無理を聞いてもらった時などは気持ちとしてチップを渡してもいいでしょう。
Hdveu7yhk6ptfsdczjga
引用: https://www.instagram.com/p/BfvoJzvn9_b/?tagged=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3
チップの習慣がある国として有名なのはアメリカです。アメリカではレストラン等では、10%から20%が相場のチップを支払うことがほぼ義務化されています。アメリカではウェイトレスの給料は安く、チップがないと生活できないという人も多くいるため、よほどサービスが悪かったという以外なら相場の金額をしっかり渡すようにしましょう。
レストランで支払いをする時、現金で支払う場合はチップの料金を上乗せした金額をテーブルに置いて席を立つのが一般的です。ちょうどの金額が用意できない時は「いくら分おつりをください」という風に金額を指定するとスムーズです。クレジットカードで支払いする場合は、サインと一緒にチップの金額を記入します。レシートには10%のチップがいくらなのか、15%ならいくらなのか、しっかり明記しているお店も多いです。
他の国でもチップの習慣がある国も多いですが、ルールは国によってさまざまです。チップの習慣がある国でも、レシートに「サービス料が含まれています」等の表記があればチップを上乗せする必要はありません。チップの相場は旅行に行く前にしっかり調べておくとスムーズです。
Qjott9rntk0z9tcrkg6h
引用: https://www.instagram.com/p/BUvWrudBP16/?tagged=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3
お釣りのコインはだいたいチップとして置いていくという国もありますが、観光客だと分かると、紙幣で返せる金額まで多めにコインで渡してくる人もいます。これはコインを全部もらえるかもと思ってわざとやっている人もいるため、国によってのチップの相場や過去に起きたチップのトラブルなどは一通り知っておくと安心です。
L3jygaph2qtu9b7sgtfx
引用: https://www.instagram.com/p/BmiCicWhEBt/?tagged=%E6%98%8E%E6%B4%9E
チップについてや、韓国のチップの習慣、ホテルやタクシーの事情について解説してきました。最後に解説したように国によってチップの習慣は様々です。韓国ではチップの習慣はないため、日本の感覚と同じようにしていれば大丈夫です。韓国旅行に行く際の参考にしてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pixabay.com/photo-749358/