Pgpvgweo0hfqsa77r1cv

アメリカ合衆国

CATEGORY | アメリカ合衆国

アメリカ旅行・チップの渡し方や相場についてご紹介【2018年】

2018.08.18

アメリカ旅行に行くときに戸惑ってしまうことがチップの渡し方や相場です。日本にはチップの習慣がありませんがアメリカではチップの習慣が根付いているので、知らないでアメリカ旅行に行くと大変なことになってしまう可能性もありますので、事前に情報をチェックしましょう!

  1. アメリカではチップの習慣があるので日本人は戸惑ってしまう人が多い
  2. アメリカに行くときに役立つチップの渡し方についてや相場を紹介 アメリカでチップを支払う習慣がある理由
  3. アメリカに行くときに役立つチップの渡し方についてや相場を紹介 チップの払い方
  4. アメリカに行くときに役立つチップの渡し方についてや相場を紹介 カード払いで支払う方法
  5. アメリカに行くときに役立つチップの渡し方についてや相場を紹介 ルームメイドのチップの相場について
  6. アメリカに行くときに役立つチップの渡し方についてや相場を紹介 ルームサービスのチップの相場について
  7. アメリカに行くときに役立つチップの渡し方についてや相場を紹介 ベルボーイのチップの相場について
  8. アメリカに行くときに役立つチップの渡し方についてや相場を紹介 高級ホテルでもハウスキーパーに支払うチップの相場は変わらない
  9. アメリカに行くときに役立つチップの渡し方についてや相場を紹介 ホテルは日や時間帯によって宿泊費が変動する
  10. アメリカに行くときに役立つチップの渡し方についてや相場を紹介 タクシーやバスの場合
  11. チップを支払うときはコインではなく紙幣で支払うことに注意
  12. アメリカではチップを支払うためにも紙幣は様々な金額を持っておく
  13. まとめ
チップは日本には習慣なのでどうしても日本人がはじめてアメリカに行ったときには、払い方や相場がよくわからないことが多いので戸惑ってしまう人が多くいます。アメリカのレシートで見ることが多いGratuity Includedの意味は合計金額にチップが最初から含まれているということなので、これを見落としてチップを支払うと二重に支払うことになってしまいます。
アメリカではなぜチップを支払う習慣があるのかというと、アメリカではホテルやレストランなどのサービス業で働いているスタッフは基本給がかなり低くなってしまっているので、チップをもらって生活をする必要があるのです。これはバスドライバーであったりタクシードライバーであっても同様です。
アメリカではこのような理由があるのが、そのサービスに対してそれ相応のチップを支払う習慣があります。レストランで働いているウェイトレスやウェイターやホテルのスタッフも多くのチップをもらえるように必死に働いています。アメリカではチップ制度が根付いているのでレジにチップボックスがあったりもするほど、チップの文化が根づいています。
アメリカでのチップの払い方についてですが、まずは現金払いがあります。例えばホテルにチェックインして持ち込む荷物が多かったり、子供が粗相をした場合などには、チップを多めに支払うとサービスがよくなったりもします。なので余裕があればこのようなケースではチップを多めに支払うようにするのがおすすめです。
クレジットカードで支払うこともできます。これはアメリカではよく使われている方法です。やり方はレシートのGRATUITYと書いてあるところに手書きで金額を記入します。アメリカだけではなく飲食店やホテルでカードで代金を支払うときは必ずお店の店員だったりホテルスタッフがレシート持ってきます。
レシートにはGRATUITYの欄があるのでここにチップとして支払いたい金額を記入して合計した金額をTOTALに記入します。GRATUITYではなくTIPと表記されていることもありますがこのときも支払い方は同じなので、チップとして支払いたい金額を記入してから合計金額を記入してサインをすれば大丈夫です。アメリカの店舗ではカードでしか支払いができないこともあるので注意が必要です。
まずこの場合は現金で支払うのが一般的な方法です。2ドルほどの金額をベットサイドに置くようにしましょう。チップの相場は2ドルなのですが、部屋を汚してしまったりして迷惑をかけたりしたのであればチップを多めにしておきましょう。チップがないと、荷物を盗むルームメイドもいるのでチップは忘れずに置くようにしておきましょう。
ルームサービス場合はアメリカのだいたいのホテルでは、チェックアウトをするときに支払いをするシステムになっているので、チップの支払いをしなくてもサービス料としてチップがふくまれていることがほとんどです。ただし部屋まで食事などを運んでくれたことのお礼として、2ドルほどその場で現金をチップとして渡すと喜んでもらえます。
ベルボーイのチップの相場も2ドル程度になっているので、空港で1ドル紙幣に両替することを忘れないようにしましょう。ベルボーイにチップを渡すのは、ホテルで荷物を部屋まで持ってきてもらったら、ベルボーイが部屋を出て行くときになります。このときの渡し方は笑顔で感謝の言葉を伝えればより気持ちよくチップを払うことができます。
アメリカのレストランで食事をしたときは食事代の%で支払いをするチップの金額が変動します。15%のチップを支払うのであれば100ドルだと15ドルがチップとなり、200ドルの場合は30ドルがチップとなります。しかしホテルの場合は高級ホテルでもハウスキーパーに支払うチップの相場は変わりません。
なぜ高級ホテルでもチップの相場が変わらないのかというと、ハウスキーパーは高級ホテルでも普通のホテルでも仕事の内容があまり変わらないからです。
ホテルは平日か週末かや時間帯などによっても、同じ部屋でも宿泊費が変動します。ときには3倍以上になることもあるくらいです。なので宿泊費を考慮してチップを払うと、例えば宿泊費が5倍になっていたとすると、そのままチップも5倍にしてしまうと10ドルを払うことになってしまいます。サービスの内容は変わっていないのに10ドルを払う人はまずいないので、この場合も相場の2ドルを支払えば十分なのです。
タクシーの場合はメーター料金の15%から20%がチップの相場になります。しかしアメリカのタクシー運転手は英語を話すことが苦手な観光客を狙ってぼったくりをするドライバーもいることに注意が必要です。旅行先のツアードライバーであったりリムジンの運転手にもチップの支払いは必要ですが、これは大きさや規模で変わってきます。
ツアーバスの場合はドライバー1ドルから2ドルが相場でリムジンのような専属ドライバーであれば5ドルから10ドルか合計金額の15%から20%を支払うことになります。一般道路のバスの運転手にはチップを支払う必要はありません。
チップを現金で支払うときにはコインではなく紙幣で支払うのがマナーです。もしコインでチップの支払いをしようと失礼になってしまうので、気をつけなければなりません。支払いまでに時間があるときにはコインを紙幣へと両替をしておくことが、基本となります。
日本で生活をしている場合は、千円札などを先に使ってしまい、1万円札を残しておくような使い方が多いですが、アメリカの場合は少額の紙幣を先に使ってしまうとチップを支払うための紙幣が財布からなくなってしまう可能性があります。なのでアメリカ旅行中の財布の中はバランスを考えながら紙幣を使うようにすることでチップを支払うための紙幣を残しておくことができます。
日本にはチップの習慣がないので、はじめてアメリカに行くとチップの渡し方や相場がわからずに戸惑ってしまうこともあるかもしれませんが、慣れればそれほど難しくはないので、事前に調べておいたほうがいいことではありますが、それほど難しいことでもありません。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/44/440a51f5f222aa2a24d3feb049a22d98_t.jpeg