Vh4ak1ugihx6zb6ogz1r

ベトナム

CATEGORY | ベトナム

【2018年版】ベトナムの治安は?旅行前にチェックしたい現地の注意点

2018.08.19

ベトナムは殺人などの重犯罪は少ないですが、スリやひったくりなどの軽犯罪は多く発生している国です。ここでは、ベトナムのホーチミン、ダナン、ハノイの治安や、ベトナムで起きやすい軽犯罪、軽犯罪を防止するための治安対策、防犯対策などを詳しくご紹介しています。

  1. ベトナムの治安はいい?
  2. ベトナム都市別の治安「ホーチミン編」
  3. ベトナム都市別の治安「ダナン編」
  4. ベトナム都市別の治安「ハノイ編」
  5. ベトナムの治安「軽犯罪」1:スリ
  6. ベトナムの治安「軽犯罪」2:置き引き
  7. ベトナムの治安「軽犯罪」3:ひったくり
  8. ベトナムの治安「軽犯罪」4:ホテル内盗難
  9. ベトナムの治安「軽犯罪」5:強盗
  10. ベトナムの治安「軽犯罪」6:アイスクリーム詐欺
  11. ベトナムの治安「防犯対策」
  12. まとめ
ベトナムの治安は他の東南アジアに比べるといいほうだと言われています。ですがそれは、殺人などの重犯罪があまり起きてないというだけであり、スリやひったくりなどの軽犯罪は残念ながらいろいろな地域で起きています。ここではベトナムのホーチミン、ダナン、ハノイで見る治安や、ベトナムで起きやすい軽犯罪、防犯対策について説明しています。
ホーチミンはベトナムで一番栄えている都市であるため、ひったくりや窃盗はダナンやハノイよりも多く発生しているのが事実です。さらに、ホーチミンのレタイントン通りでは、日本人も多く、飲み屋さんやマッサージなどの勧誘をしている女性がいるため、男性一人旅の人は注意が必要です。彼女たちの目的は勧誘ではなくポケットの中にある財布やお金であることも多いためです。数人で声をかけてきたり手口も巧妙な場合も多いため、ポケットにはものを入れないほうがいいでしょう。
ダナンは、ホーチミンやハノイよりも比較的治安がいいと言われています。しかし、人が多く集まる場所ではスリや置き引きなどが発生しています。ダナンには日本領事館がないため、パスポートを盗まれてしまうと手続きにかなり時間がかかってしまいます。パスポートは持ち歩かず、ホテルのセキュリティーボックスなどに保管しておくほうが安全です。
ハノイも比較的治安がいい都市ではありますが、犯罪の影はいろいろな場所にあります。ハノイではターヒエン通りは昼は日本人観光客も多い通りですが、夜にはバックパッカーやローカルたちが集まる場所へと変身します。ここで飲んでいると隣にいる人たちと仲良くなる場合もありますが、次の店に誘われたときは警戒が必要です。
そのまま違法ドラッグをすすめられたり、ぼったくりバーにつれていかれることも多いため、飲みすぎには注意が必要です。さらに、酔っぱらっていると、それらの警戒だけでなく、スリなどにも警戒が弱くなるためハメを外しすぎないことが大切です。
ベトナムではスリがとても多く、さまざまな現地の人が話しかけてくるため注意が必要です。ストリートチルドレンや物売りの子供がスリを働く場合もあるため、子供でも安心できません。一人旅はもちろん、数人で会話に夢中になっている人もターゲットにされやすいため、旅行中であっても常に警戒心をもって行動する必要があります。
置き引きはとくに初めての海外旅行の人がよくやってしまう失敗です。日本の感覚で、レストランの席をとるためにテーブルに鞄を置いて目を離してしまうなど、日本では大丈夫なことが海外では通用しないことをしっかり理解しておく必要があります。
バイクの多いベトナムでは、ひったくりの被害も多く報告されています。道が広くない場所ではバイクが通り過ぎる時に歩行者の近くを通る場合が多いですが、通り過ぎるタイミングで荷物を奪って逃げられることもあります。さらに、無理矢理荷物を取られることで引きずられたりして、けがや骨折をする被害も出ています。
格安ホテルなどで気をつけておきたいのがホテル内盗難です。ベッドメイキングに部屋に入ったスタッフが現金などを盗んでしまうこともあるためたとえホテルであっても貴重品はしっかり管理しておく必要があります。
軽犯罪の多いベトナムですが、軽犯罪とは呼べない強盗も発生しています。睡眠薬の入った飲み物を飲まされて財布を盗まれたり、ナイフや銃で脅される事例もあるため、身の危険を感じた時はお金を渡さざるを得ないことも覚悟しておかなければなりません。
ホーチミンでよく報告されているのがアイスクリーム詐欺です。小さい少女が日本語で話しかけてきて仲良くなったらアイスクリームをごちそうしてくれます。アイスクリームを食べていると母親らしき女性がベトナム語で少女を怒ります。その後少女から「アイスをごちそうしたことを怒られたので、○○ドン返してほしい」と言われてお金をもらう手口です。
怒られているのを目の前で見ているため、かわいそうに思いお金を渡しますが、請求する金額はアイスクリームの金額よりも何十倍も高い金額なのです。心理を利用している詐欺で厄介ですが、ホーチミンのドンコイ通りや統一会堂周辺でかなり多く発生しているようなのでたとえ子供であっても注意が必要です。
ベトナムでは軽犯罪は多いものの、殺人などの重犯罪は比較的少ないため、自分で防犯対策をある程度することができます。ここではベトナムでできる防犯対策をご紹介します。

お金を安易に出さない

ベトナムではお金の支払いの時に日本で使っているような長財布をそのまま出すのは危険です。ベトナム旅行中は海外旅行用の財布らしくない入れ物を用意しておくと安心です。さらに、お金はひとまとめにせず分散させて持っておくのも防犯対策になります。貴重品はセキュリティーポーチに入れておくのも防犯対策として有効です。

荷物は前か歩道側に抱えて持つ

バイクでのひったくりを避けるために荷物は前や歩道側に抱えておくのが安心です。ショルダーバッグであっても荷物を道路側にしておくと無理矢理とられる心配もあります。スリの対策のためにも鞄はチャックのついているものの方が安全です。

荷物から目を離さない

日本のように荷物でテーブルを確保するという行動は危険です。さらに、食事中でも荷物を足の下に置いておくととられても気付かないということがあるため、目に見える位置に置いておくのが安心です。とにかく目を離さないようにしておきましょう。

人気のないところに近寄らない

人が多すぎて混雑している場所もスリなどの心配はありますが、人気のない場所や薄暗い場所にはもちろん危険が潜んでいます。何が起きるかわからないため、興味本位などで人気のない場所には近づかないようにしましょう。

現地の人をすぐに信用しない

海外旅行にきて、現地の人と楽しく会話するのももちろん旅行の楽しみ方ではありますが、少し話しただけで仲良くなったと思わず、家に誘われたりしても安易に信用しないようにしましょう。家に連れて行った後にカードゲームなどがはじまるいかさま賭博詐欺などもあるため会話をするだけにとどめておきましょう。日本円を見せてほしいという日本に興味があるような反応も危険だと言われています。

貴重品は分けて持つ

考えたくはないですが、もしナイフや銃で脅されてしまった時に、渡せるお金を用意しておくことも安心です。すべてのお金をまとめておくと何か起きた時にすべて渡さなければいけません。お金よりも命がもちろん大切ですが、お金を分散させておくことで被害を最小限に抑えることができます。

パスポートのコピーを持っておく

パスポートが盗難されてしまった時には手続きにパスポートのコピーが必要になってきます。パスポートのコピーはパスポートを紛失した時にも役立ちますが、普段からパスポートはホテルのセキュリティーボックス等で保管しておき、コピーをもち歩くようにすると盗難自体を防ぐことができます。
ベトナムのホーチミン、ダナン、ハノイなど都市別の治安や、ベトナムでよく起きる軽犯罪についてご紹介してきました。あまりに心配しすぎるとどこにも海外旅行にはいけませんが、日本と同じ感覚で旅行に来てしまうととても危ないため、旅行中はある程度防犯対策が必要です。警戒心を持ちながらも楽しい旅行ができるようにしっかり対策をしておきましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pixabay.com/photo-547271/