Droyeycb99sbz6hafx8q

北海道

CATEGORY | 北海道

地元民もおすすめ!函館観光で絶対外せない絶品グルメ10選!

2018.04.13

百万ドルの夜景で有名な函館は、北海道新幹線開業以来、観光で訪れる機会も多くなりました。なんと言っても五稜郭など見所ですが、函館に観光に来たらグルメを堪能しましょう。これから地元民がオススメするグルメを紹介します。

  1. 観光だけではもったいない!函館地民がおススメする絶品グルメ
  2. 函館観光に行ったら食べたいグルメ!①「ラッキーピエロ」の土方歳三ホタテバーガー
  3. 函館観光に行ったら食べたいグルメ!②ハセガワストアのやきとり弁当
  4. 函館観光に行ったら食べたいグルメ!③函館朝市
  5. 函館観光に行ったら食べたいグルメ!④うにむらかみのウニグラタン
  6. 函館観光に行ったら食べたいグルメ!⑤函館国際ホテル「アゼリア」の朝食
  7. 函館観光に行ったら食べたいグルメ!⑥活魚ろばた 函館山
  8. 函館観光に行ったら食べたいグルメ!⑦レストラン雪河亭の五島軒カレー
  9. 函館観光に行ったら食べたいグルメ!⑧キッチンデュークの函館イカナポリタン
  10. 函館観光に行ったら食べたいグルメ!⑨お肉のつしま・はこだて和牛
  11. 函館観光に行ったら食べたいグルメ!⑩らーめん炙
  12. まとめ
函館と言えば、百万ドルの夜景が有名なです。また北海道新幹線、新青森間と新函館北斗駅によって、本州から観光に訪れる人が増加しつつあります。函館は見どころがいっぱいありますが、観光だけでなくソウルフードを始めとする地元が絶賛するおいいしグルメを紹介します!
今や函館の代表するソウルフードと言われるのが「土方歳三ホタテバーガー」です。特に全国的にも有名で、ご当地ハンバーガー№1にも選ばれたほどです。ネーミングの由来として、函館の有名著名人を取り入れる条件として、一般投票から選出されました。
ふっくらとしたパンに、サクッとした衣で覆われたホタテが柔らかく、レタスとマヨネーズでマッチした味で、わざわざ遠保から足を運ぶ人もいるほどです。

ラッキーピエロの店舗情報

■ラッキーピエロ 五稜郭公園前店 【住所】北海道函館市五稜郭町30-14 【交通】市電:五稜郭公園前駅から徒歩約10分     JR:函館本線函館駅から車で約10分 【駐車場】あり 6台 【営業時間】10時~0時30分
函館出身の人気アーティストGLAYがテレビで広めたおかげで話題となったのが「ハセガワストアのやきとり弁当」です。函館市民には「ハセス」の愛称で親しまれており、なんとコンビニなのです。
始めて食べた人は「豚なのにやきとり?」と驚く人がいます。函館では昔からやきとりとは豚の事を言うのだそうです。函館の人は疲労回復を込めて豚を使用してるとのことです。
函館朝市は函館駅からすぐの場所にあります。地元の人はもちろん、多方面から観光客がたくさん訪れて賑わっています。戦後には「闇市」から始まったと言われ、昭和31年ころに現在のような朝市で落ち着いたと言われています。
全国的にも朝市はたくさんありますが、函館朝市では、海の幸はもちろん、果物や乾物系やお菓子、食堂などオールジャンルのショッピングモールと言っても過言ではありません。せっかく観光で訪れたら函館ならではの味を堪能するべきです。
函館にある「うにむらかみ」で堪能できる一品です。特にウニのこだわりとして、食品添加物で使用される「ミョウバン」は一切使用していません。ウニの本来のうまみを生かしています。そのため一切の苦みや臭みがなく、本物のウニを提供しています。ウニのグラタンを堪能できるグルメはここでしか味わえません。
うにむらかみでは、函館自慢のウニを運団に使用しているので、ウニグラタン以外にも海鮮料理などお品書きがたくさんあるので、観光に来たらぜひおススメできる観光グルメです。

うにむらかみの店舗情報

北海道函館市大手町22-1 0138-26-8821 営業時間 4月下旬~10月31日 朝の部 AM 9:00~PM 2:30  ラストオーダー PM 2:00 夜の部 PM 5:00~PM 10:00 ラストオーダー PM 9:00 11月1日~4月下旬 朝の部 AM 11:00~PM 2:30  ラストオーダー PM 2:00 夜の部 PM 5:00~PM10:00 ラストオーダー PM 9:00 定休日 毎週水曜日
函館国際ホテルの朝食は全国的にも有名ホテルとして注目されています。何と言っても北海道の海産物であるイクラ、ウニ、甘エビやサーモンなどをはじめ、朝から満腹できるステーキなどを堪能することができます。
この有名な朝食レストラン「アゼリア」の料理長が、北海道で最初に薬剤の免許を取得した人物なのです。そのため薬膳を使った中華料理を提供すうレストランとして有名店でした。現在はジャンルを飛び越え、地元のグルメをふんだんに使った料理を提供しています。

函館国際ホテルレストラン「アゼリア」の情報

函館国際ホテル 〒040-0064 北海道函館市大手町5-10  東館1F 営業時間 06:30~10:00(オーダーストップ09:30) 11:30~15:00(オーダーストップ14:30) 17:00~21:00(オーダーストップ20:30)
JR函館駅から徒歩5分という立地条件で、よく観光客がたくさん訪れる海鮮炉端焼きです。店内の生けすには、新鮮なイカやカニなどが勢ぞろいで、焼いたり刺身として食べたり函館の旬を堪能できます。
お店のおススメ料理は、新鮮なヤリイカのお刺身です。新鮮やイカは透き通り、コリコリとした食感がたまりません。地元の人はもちろん、観光でわざわざ楽しみにして来る人もいるほどです。

活魚ろばたの店舗情報

活魚ろばた 函館山 0138-22-7747 北海道函館市松風町10-15 17:00~01:00(月定休) 予算2,500円
北海道の登録有形文化財として存在し「レストラン雪河亭本店」で営業しています。初代料理長が創業し、二代目料理長が有名なあの帝国ホテルにて修行した実績を函館に持ち帰り、今でも地元住民をはじめとする観光グルメとして人気を誇っています。
五島幹カレーはレストランでもおいしく堪能することができますが、今となってはお土産品としても人気のカレーです。お土産品ではレトルトカレーでありますが、帝国ホテルで修業した料理長が丹精込めて作ったカレーです。自宅でも函館で食べる味と全く違いはありません。

レストラン・雪河亭で食べられる五島幹カレー情報

レストラン雪河亭 ■営業時間:11:30~20:30 【11月~3月20:00】 ※1月~2月毎週月曜日定休
函館市の本通りにある「キッチンデューク」という所で食べることができる人気の洋食屋さんです。創業はから約40年、アットホームで厨房から鍋を振るう音が聞こえ、何とも落ち着く雰囲気のため、住民の人たちでも通うほど人気店です。
このお店は新鮮なイカを使用したナポリタンが人気で、平日のランチでも混んでいますが、並んでも食べたくなる一品です。ナポリタンの他にも、グラタンやハンバーグなども人気です。

キッチンデュークの店舗情報

キッチンデューク 北海道函館市本通2-40-14 0138-32-7311 函館市電2系統深堀町駅から車で3分 [全日] 11:00〜22:00 年中無休
函館市内で唯一はこだて和牛を味わう事ができるお店です。店頭ではこだて和牛を店頭販売する中、お肉のつしまでは、その場で和牛を食べることができる焼肉レストランも展開しています。
お肉のつしまはA4=A5ランクのお肉を使用し、和牛は全国的にも衰えないブランドで、値段的にも格安でおいしく食べることができます。お店で食べられないという人でも、全国発送も行っています。

お肉のつしまレストラン IRWAK-イリワク-の店舗情報

〒0400011 北海道函館市本町24−1 シエスタハコダテ B1 函館フードマーケットホールシエスタキッチン内 TEL:0138-83-7759 時間:10:00〜21:00
函館市郊外にある「らーめん炙」一番の人気メニューは炙り醤油ラーメン880円です。寒い火こそ食べたいラーメンですが、ここのお店のラーメンは6時間かけて煮込んだ分厚くて柔らかいチャーシューが食欲をそそり、スタミナ満点で真夏でも食べたくなります。
鶏ガラと豚骨を12時間~16時間ほど煮込んだスープにこだわりを持ち、縮れ麺を使う事でうまくスープに絡むことができます。何気にスープを飲み干したくなるようなラーメンはいかかでしょうか。

らーめん炙り店舗情報

らーめん炙 0138-47-6647 北海道函館市美原5丁目39-1 【平日】 11:30~15:00 17:00~21:30 【土日祝】 11:30~21:30 日曜営業
函館は北海道の玄関口と言われています。北海道を代表する観光地としても有名でありながら海の幸がおいしく、有名な函館朝市ではショッピングモールと言えるほど果物や乾物系、食堂まで整っています。せっかく函館に観光に来たなら地元民が好むソウルフードを食べてはいかがでしょうか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/06/06/14/35/skyline-1439536_960_720.jpg