N5xw00esla9c4mly5siq

フィリピン

CATEGORY | フィリピン

フィリピンのチップはいくらくらい払う?【2019年度版】~ホテルから観光スポットまで~

2019.09.30

フィリピンではチップを必ず渡さないといけないの?フィリピンでチップを渡す際には、いくらくらい渡せばいいの?アメリカドルで渡してもいいって本当?などフィリピンのチップ事情について紹介しますチップを渡す際の相場は参考にしてくださいね!

この記事に登場する専門家

Pgif2jsrsm6mkihalo5p

海外在住ライター

とっくん

東南アジアへの旅行が好きで今までに8ヶ国訪れたことがある大学生です。
現在はセブ島で留学していて、来年はオーストラリアに1年間滞在予定。
将来はハワイに住むのが夢。

  1. フィリピンの通貨は?
  2. フィリピンはチップ制度?
  3. フィリピンでチップはいくら払うの?①ホテル
  4. フィリピンでチップはいくら払うの?②レストラン
  5. フィリピンでチップはいくら払うの?③タクシー
  6. フィリピンでチップはいくら払うの?④マッサージ
  7. フィリピンでチップはいくら払うの?⑤観光地
  8. フィリピンチップまとめ

フィリピンの通貨は?

フィリピンの通貨は「フィリピンペソ」です。ちなみにフィリピンペソは、1ペソ2円程度です。(2019年9月現在)またホテルなどによってはアメリカドルを使うことができる場所もあります。アメリカドルは1ドル110円程度です。(2019年9月現在)さらにアメリカドルを持っている人は、日本円からフィリピンペソに両替するよりも、アメリカドルから両替した方が手数料が安いことがあるので、比べてみましょう!

フィリピンペソについて

A9dritike1tureaolayz

フィリピンペソは、紙幣が、1000、500、200、100、50、20の6種類です。コインが10、5、1とSENTIMOというものあります。大きな紙幣は使えない場合も多いので、くずせるタイミングでくずしておきましょう。100ペソいかになっていると使いやすいです。また何か支払いをした後に「お釣りがない」と言われてしまうこともあるので、コインは沢山持っていた方がいいです。

フィリピンはチップ制度?

フィリピンはチップ制度ではありません。高級なホテルや高級なレストランを訪れた時以外はほとんど気にしなくて良いでしょう。しかし中には、チップを貰おうと過剰なサービスを行い、チップを要求してくる人もいます。チップを支払いたくない時には、過剰なサービスは断るようにしましょう。私の場合はフィリピンに訪れる前に考えていたよりもはるかにチップの請求があったので、皆さんも注意してください。

フィリピンでチップを払うとき

実際にチップを要求された時、「親切にしてくれたので渡したいな」と思った時、ホテルのベッドメイクをしてくれた時などはいくら払うのが相場なのでしょうか?

フィリピンのホテルでチップを払うとき①

Plxv3fobrcq4lobpbsdo

ホテルでチップを払うタイミングはまず、チェックインの際に荷物を運んでくれた時や、お部屋の案内をしてくれた時ですね。その時には20ペソ程度(40円)が相場です。高級ホテルの場合は、50ペソ程度(100円)渡すといいでしょう。渡す際には、コインを数枚ではなく20や50の紙幣でスマートに渡すのがおすすめです!

半年間フィリピンに滞在していて感じたことは、高級ホテル以外のホテルではそこまでチップの重要性はない、ということです。有名リゾートでも全く義務感はなく、本当に気持ちの問題です。渡したいと思った時にだけ、渡しましょう。

フィリピンのホテルでチップを払うとき②

次に、ルームサービスを頼んだ場合や、連泊でベッドメイキングを頼んだ場合にもチップを払うことがあります。その際にも、チップの相場は20〜50ペソ程度です。分かりやすくベッドのサイドテーブルか枕の上に置くのがいいです。またベッドメイキングを頼んだ際は貴重品や荷物はしっかりと閉まっておきましょう。

フィリピンのレストランではチップは払わない

Bv6wizwx0mvrloqnftad

フィリピンのレストランでは、基本的にサービス料が取られています。そのため改めてチップを払う必要がありません。チップを請求してくる店員もあったことがありません。

フィリピンのレストランでチップを払うとき

基本的にチップは払いませんが、とてもサービスがよかった場合などにはチップを払うこともあります。この際の相場も20〜50ペソ程度です。コインではなく紙幣で渡しましょう。個人的にはレストランでは払わなくていいと思いますが、どうしてもという方は高級レストランだと払ってもいいかもしれません。

フィリピンのタクシーはメーター制

Xfqw1hp3shkemvza67kb

フィリピンのタクシーは基本的にメーターです。メーターが付いていない怪しいタクシーには乗らないようにしましょう。またメーターが付いているのにメーターのスイッチを押さないドライバーも稀にいます。目的地に到着後にトラブルになるのは避けたいので、乗車後すぐに確認しましょう!

フィリピンのタクシーでチップを払うとき

フィリピンのタクシーで、チップを要求されることはありませんが、細かいお釣りはそのままあげてしまってもいいかもしれません。経験上、細かいお釣りだと渡すのを嫌がるドライバーや当然のように渡してこないドライバーが多くいるので、お互いが気持ちよく終わるにはそれくらいの我慢も必要です。そのような国民性だと割り切りましょう。またフィリピンで便利な乗り物ジプニーでもチップは要りません。ただどちらも乗る前に細かいコインを持っておきましょう。ドライバーがお釣りを持っていないことがあるので気をつけてください。

フィリピンのマッサージではチップは払う

L5fr61ew9tyhvobcp7xj
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1569743165/l5fr61ew9tyhvobcp7xj.jpg

マッサージ体験はフィリピンでは人気の観光の1つですよね。マッサージを受けた際にはチップを払うのは当たり前です。お店側がチップを入れる用の入れ物を用意している場合もあります。私は三ヶ所マッサージ店に行ったことがありますが、どこの店舗でもマッサージ後に飲み物を用意してくれます。それと一緒にチップの入れ物が渡されました。

フィリピンのマッサージでチップを払うとき

Cm7asb4jmpu4xar54qnk

マッサージ師はとても親切な人もいれば、そうでない方もいるので、チップの金額は自分の満足程度で決めても大丈夫です。ですが、マナーとしてはお札で支払う方がいいと思います。金額でいえば20ペソ〜です。相場は50ペソくらいだと思います。

フィリピンの観光地では場合によっては払う

Kpktxchraqsslkqvsyxq

観光地のスタッフなどに支払う必要はありませんが、観光先でのツアーに参加したり、ガイドがつくようなことがあれば、そのガイドに支払うというような感じです。チップを支払うのが絶対ではありませんが、ほとんどの人が払っています。よっぽど態度の悪いガイドではない限り渡してあげるのがいいと思います。

フィリピンの観光地でチップを払うとき

Ncw0ftdpkvs3vxygx15v

観光先のスタッフの中にはチップを異常に求めてくる人がいるので、必要以上に支払う義務感を感じて払うことはやめましょう。現地の人はもらえるだけで嬉しいので、渡すチップの金額もそこまで多くなくて大丈夫です。観光ガイドに渡す金額はツアー料金の5%も渡せば十分多いくらいです。

マッサージ店や散髪店などのサロン系のお店だとチップ制度はありますが、基本的にフィリピンのチップは義務ではありません。ただ「チップをもらえることがある」「チップをもらいたい」と考えている人はいます。親切なことをしてくれた際に、軽い気持ちで少額のチップを渡してみましょう。お互いに気持ちのいいコミュニケーションが取れるといいですね。また、フィリピンのチップはアメリカドルで渡してもいいです。アメリカ旅行の際の1ドル札が余っている人は使ってもいいですね!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmnjfyLBqGA/?tagged=%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%82%BD