H3v4igzdqeuhiijagqr1

東京

CATEGORY | 東京

【2018年】ドイツのおすすめ料理!人気料理や東京で食べられるお店は?

2018.08.20

ドイツと言うとビールとソーセージなどの肉料理を思い浮かべると思います。実際そのイメージはほぼ正解です。しかしそのドイツ産のビールや、ソーセージなどの種類の多さには驚かれるはずです。定番のビールやソーセージなどのおすすめ料理をご紹介します。

  1. ドイツはどんな国?
  2. ドイツ料理について
  3. ドイツに旅行したら食べたいおすすめ料理①【ニュルンベルクソーセージ】
  4. ドイツに旅行したら食べたいおすすめ料理②【フラムクーヘン】
  5. ドイツに旅行したら食べたいおすすめ料理③【シュペッツレ】
  6. ドイツに旅行したら食べたいおすすめ料理④【シュパーゲル】
  7. ドイツに旅行したら食べたいおすすめ料理⑤【クヌーデル】
  8. ドイツに旅行したら食べたいおすすめ料理⑥【シュニッツェル】
  9. ドイツに旅行したら食べたいおすすめ料理⑦【シュヴァイネブラーテン】
  10. ドイツに旅行したら食べたいおすすめ料理⑧【シュバイネハクセ】
  11. ドイツに旅行したら食べたいおすすめ料理⑨【グラーシュ】
  12. ドイツに旅行したら食べたいおすすめ料理⑩【カトッフェルズッペ】
  13. ドイツのおすすめ料理が楽しめるお店(東京編)①【Zum Eichen Platz(赤坂)】
  14. ドイツのおすすめ料理が楽しめるお店(東京編)②【ピラミッド(築地)】
  15. ドイツのおすすめ料理が楽しめるお店(東京編)③【lecker maul (目白台)】
  16. ドイツのおすすめ料理が楽しめるお店(東京編)④【フランケンシュタイン(渋谷)】
  17. ドイツのおすすめ料理が楽しめるお店(東京編)⑤【Riesling(新宿)】
  18. ドイツのおすすめ料理が楽しめるお店(東京編)⑥【ローマイヤ 日本橋店(日本橋)】
  19. ドイツのおすすめ料理が楽しめるお店(東京編)⑦【Metzgerei SASAKI(田園調布)】
  20. ドイツおすすめ料理や東京で食べられるお店のまとめ
引用: http://young-germany.jp/wp/wp-content/uploads/2018/01/IMG_0264-700x500.jpg
ドイツはロマンチックな建物や街道を中心として、数々の魅惑的な観光スポットが存在しています。有名なお城の数々や、石畳などで造られた街並み、アートや、有名な文化遺産だけでなく、何と言ってもソーセージやドイツビールは絶対に外す事が出来ません。おすすめの観光スポットが数多く点在しているため、最低1週間程度の旅行日数はないと見尽くせない程です。
Rqpizfmtg8ltaa9ldisj
引用: https://www.instagram.com/p/Bmg3hpJAxix/?tagged=%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84
現在のドイツは16の州から形成され、連邦制国家として成り立っています。それぞれの州によって様々な文化の違いや、特徴が色濃く見られることで国内外の観光客からはとても人気の国となっています。また、ドイツの料理もとても有名です。ドイツでは世界最大のビールの祭典である「オクトーバーフェスト」などのビール好きにはたまらない楽しいイベントも目白押しとなっています。
ドイツは日本のように、性質的な面や、時間的な面も正確(電車は除く)で、真面目さ、律儀さや、涙もろさ、厳格さ、などの人間性が日本とよく似ていると言われているため、初めてドイツを旅行されるという方でもとても旅行がしやすい国の一つとして有名です。
Igct13ymscss5smflpsd
引用: https://www.instagram.com/p/BmmB92qgWAJ/?tagged=%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84
また「メルヘン」という英語の単語がドイツ語にもあるように、絵本か映画に出てきそうな、木組みの家屋や、教会、お城や、城址などのメルヘンチックさが漂うような建物が立ち並ぶ街も数多く点在しており、私たちのイメージする一番近いヨーロッパの雰囲気が漂っています。
Eigid3hitbcw80pxv6vp
引用: https://www.instagram.com/p/BmpejW9giMS/?tagged=%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84
日本からドイツへ旅行する場合は、ベルリンや、フランクフルトなど主要都市へは直行便で行くことができるのでとても便利です。フライト時間は約12時間程度です。直行便はさほど、乗り換えにかかる時間がないためとても効率の良い旅行が出来そうです。そのため飛行機の乗り降りを繰り返ししなければならないという面倒さがほぼありません。直行便は飛行機に乗っている時間が長いのを我慢すればさほど面倒な旅行の移動時間にはならないと思います。
ドイツへ旅行する時経由便で行く場合には、数多くの航空会社を経由して行く事が出来ます。フライトの例としては例えば、スイス航空よりスイスを経由する、大韓航空より韓国を経由する、エミレーツ航空よりドバイを経由する、といった数多くの手段があります。ここでご紹介したフライトの手段については一例なので、航空会社や、経路、渡航時期によってはかなり値段も異なってくる事になります。
Dimd9q78ix2bpz8i2rc3
引用: https://www.instagram.com/p/BmqrbmdHCYz/?tagged=%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84
ツアー旅行などではなくて、自分個人で飛行機を予約して旅行する場合には、このような経由便を上手く活用することでかなりの交通費を大幅に節約する事が出来ます。それに、空港での飛行機乗り換え時のトランジット中には、その国の空港でその国のおすすめで美味しいものに出会えてしまうといった、思いがけない出会いや体験をする可能性もあるかもしれません。思いがけない出会いも旅行の醍醐味ですが、ご自分に合った旅行方法で移動時間も楽しんで下さい。
Xhr8ugrrx00yjphnqrok
引用: https://www.instagram.com/p/BmqopAZgRSg/?tagged=%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84
しかし、ある程度の英語力が理解できないとなると、係員の指示や空港の放送、案内が分からないばっかりに飛行機を逃したなどと言う最悪の旅行にもなりかねないために、もしも不安な方は直行便を使うか、もしくはツアーでの旅行が安心だと思います。今のツアーは個人で行くのとほぼほぼ変わらないツアーもあるので是非調べて見て下さい。
Xsmdztm2hcqslh7ndxnf
引用: https://www.instagram.com/p/BmqiYSuBThC/?tagged=%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84
引用: https://scontent.cdninstagram.com/vp/651e5f2a9057892b6cb06797cb696d81/5BE5B128/t51.2885-15/sh0.08/e35/s640x640/14709421_2140952579463407_5106415935384715264_n.jpg?efg=eyJ1cmxnZW4iOiJ1cmxnZW5fZnJvbV9pZyJ9
さてお次はドイツのおすすめの料理についてです。実際ドイツ料理と聞くと、パッと浮かぶのはソーセージやビールを思い浮かべる人が多いでしょう。もはや、ドイツのソーセージやビールがとてつもなく有名になりすぎて、他の料理があまりにも目立たない存在になってしまっています。しかしそうは言っても、ドイツのソーセージやビールはとてつもなく美味しいです。
Hcde5nwfgcpbfnbud7ze
引用: https://www.instagram.com/p/Bmp_-ZCFCOe/?tagged=%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E6%96%99%E7%90%86
しかし実はドイツには数々の美味しい料理があるのを知っていますか?ドイツ料理の基本は、素材が持つ味を存分に活かしつつも、ハーブやスパイスなどで味を仕上げているものがとても多いです。また、これからドイツを旅行する方は注意が必要なのが、ドイツにはお米を食べる習慣は全くないと言う事です。
ドイツのガイドブックである「Lonely Planet」と言うガイドブックには、「ドイツは肉とじゃがいもの国である、でもベジタリアンも一切困らない国」と言う風に書いてあります。
ドイツの肉を使った料理の種類は、1,000種類以上が存在し、様々なWurst【ブルスト、ソーセージの事です】があります。ソーセージはドイツの国中どこへ行っても食べられている国民的なメインディッシュになります。
Fju5jxogdsftdpuvz9qy
引用: https://www.instagram.com/p/Bmqq1x8l9BK/?tagged=%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E6%96%99%E7%90%86
ドイツのソーセージにはそれぞれの地方の特色が色濃く出ており、Bratwurst【ブラットブルスト、スパイシーソーセージの事です】、Weisswrust【バイスブスルト、子牛のソーセージの事です】、Blutwurst【ブルットブルスト、血のソーセージの事です】といったソーセージだけでも数多くの種類があります。
Uv6nvmga6adqiq1fl562
引用: https://www.instagram.com/p/Bmqa5VIA0Jm/?tagged=%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E6%96%99%E7%90%86
その他にも、Rippenspeer【リッペンスペール、スペアリブの事です】、Rotwurst【ロットブルスト、血のプリンの事です】、Rostbratl【ロストブラトル、肉の炙り焼きの事です】、Schnitzel【シュニッツェル、豚や牛のカツレツの事です】なども実はドイツでは人気のメインディッシュとなっています。
ドイツ料理のもう一つの主要な料理ともなっているのが、実はジャガイモ料理になります。日本でジャガイモと言えば北海道が連想されます。ジャガイモは気候が寒いゆえに、ドイツの主要な農作物としてとても有名で、ドイツ国民の主要な食べ物となっています。
Jdu1jaf0wdrhsnntftkn
引用: https://www.instagram.com/p/BmnCplmFmGf/?tagged=%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E6%96%99%E7%90%86
ジャガイモは、湯でる、揚げる、茹でたジャガイモをサラダにする、焼いたりするなどして食べられます。おかずを選んだ後に、次は主食としてパンかジャガイモを選択するようなこともドイツでは珍しい事ではなく、それが普通です。ドイツ人にとってのジャガイモは主食級の食べ物となっています。。
W6m93wlc1nyvangp4tir
引用: https://www.instagram.com/p/BmmCuUhA848/?tagged=%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E6%96%99%E7%90%86
ドイツの国民的飲料と言えばやはりビールとワインです。もうこれは言うまでもなく誰もが知る有名なところです。肉料理や、ソーセージ、ジャガイモ料理との相性も抜群です。安い、美味しい、と国民、観光客問わず人気があります。Vollbier【フォルビヤ、フルボディのビールという事です】、Bockbier【ボックビヤ】、Hellesbier【ヘレスビヤ】などのドイツ原産の数多くのビールを楽しむ事が出来ます。
Naau8g7ev6yipzwrhcjf
引用: https://www.instagram.com/p/BmTvYRdHtX-/?tagged=%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E6%96%99%E7%90%86
Pilsbier【ピルスビヤ】と言うビールはとても苦く、Altbier【アルトビヤ】は黒いビールです。南ドイツ原産のWeizenbier【バイツェンビヤ】は麦芽ではなく小麦で作られるドイツ独特のビールで、背の高いグラスに注がれて出されます。ノンアルコールビール、Clausthaler【クラウスターラー】も国内外で人気のあるビールです。
ドイツの名物料理と聞くと、誰もがまず思い浮かぶのはソーセージなハズです。実際にもドイツでは人気の定番メニューとなっています。その定番メニューの中でも最も皆に愛されるソーセージがこちらのNürnberger Rostbratwurst【ニュルンベルクソーセージ】です。
ハーブがぎっしりと練りこまれたソーセージを一口かじると、口の中いっぱいに肉汁の旨みがすぐに広がります。ソーセージと一緒のお皿で出てくる定番料理はザワークラウト【キャベツのマリネの様な料理】です。ボリュームがありながらもペロリと食べれてしまいます。
お次はちょっと意外で、他では知っている人が少ないドイツの定番のおすすめ人気料理のご紹介です。あまり知っている人が少ない定番料理と言えばFlammkuchen【フラムクーヘン】です。【フラームは炎】、【クーヘンはケーキ】、なので【炎のケーキ】という意味になります。しかし実際にはケーキとは言っても薄い生地のピザのような料理になります。日本人の口にもよくいます。
薄い生地にサワークリームを塗り、その生地に野菜を乗せた後に、さっと焼いて食べる事の出来るこの料理はドイツとフランスの国境である、アルザス地方で生まれたと言われている料理になります。
もう一つのあまり知られていない意外なドイツの定番おすすすめの人気料理と言えばSpätzle【シュペッツレ】です。日本で言うとニョッキのようなパスタに似ているかと思います。食感はもちもちとしていて、それでいて普通のパスタよりも軽ーく食べる事が出来てしまいます。
たっぷりのチーズなどと混ぜ合わせて、こんがり焼けたたまねぎをふんだんに乗せるのが定番の食べ方です。これはまさにクセになる味わいと言えます。こちらのパスタもしっかりとした味わいなので、ビールも進む一品になります。
Tyavfqj6sdhzvsdmz56p
引用: https://www.instagram.com/p/BmqFkedju27/?tagged=sp%C3%A4tzle
Ugzisg64ewzzolj4jsmc
引用: https://www.instagram.com/p/BmrAc2JAeYY/?tagged=spargel
次のドイツの定番料理と言えば、豚肉をふんだんに使ったものや、しっかりとした味のスープになるのですが、ドイツで人気の定番野菜料理と言えばSpargel【シュパーゲル】と言われる料理で、ホワイトアスパラガスの料理になります。
ホワイトアスパラガスにしっかりと溶かしたバターやレモンなどと一緒に卵の黄身を混ぜ合わせするとコクのあるソースの出来上がりです。そのソースをたっぷりとかけて食べるのが定番の食べ方です。
ジャガイモ料理の定番はKnödel【クヌーデル】と言う料理が人気の定番です。茹でたジャガイモや、固くなったパンを潰した後で、これを生地として丸めたものになります。主に肉料理の付け合わせとなっていることがほとんどで多いのですが、クヌーデル自体がメインの料理というのもあります。色鮮やかな見た目のものも多く、見るのも食べるのも楽しくなりそうです。
ドイツのソーセージと並んで同じぐらい人気がある定番料理と言えば有名なSchnitzel【シュニッツェル】です。この料理は薄くのばしてカラッと揚げた、ドイツ版のカツレツで日本のカツレツにとてもよく似たものです。
日本のカツレツと比べると、日本のものよりも細かいパン粉が使われています。しかしカラッと揚げられているので初めて食べる日本人でもとても食べやすいハズです。日本人好みのドイツ料理と言えます。そしてさらにレモンをかけるとさっぱりとした味になり更に食べやすくなります。
こちらもまたドイツ肉料理のド定番と言えばSchweinebraten【シュヴァイネブラーテン】です。この料理はローストポークに旨みの詰まった濃厚なソースがたっぷりとかかっています。一緒のお皿に乗って出てくる料理はクヌーデルと言うポテト料理になります。ボリュームも結構あるのでお腹が空いている時に是非食べてみて下さい。
こちらはドイツでは人気の定番豚の肉料理です。Schweinshaxe【シュバイネハクセ】は、ドイツのバイエルン地方の有名な料理です。実はこの料理は豚のすね肉という意味の料理になります。骨付きの見た目はまさにザ・ドイツとでも言う様な一品です。
Yivc6oh3pxxpofpzlhob
引用: https://www.instagram.com/p/BmhcHUTlXzH/?tagged=schweinshaxe
ガッツリとした肉料理や、意外とボリュミーなジャガイモ料理に飽きてしまった時にはこちらのGulasch【グラーシュ】がおすすめです。崩れてしまうぐらい柔らかい肉とパプリカがふんだんに入ったシチューの様な料理です。野菜がたっぷりとトロトロになるまで煮込まれているためとてもお腹に優しいです。お腹をホッと休めたいとき、カラダを温めたい時などには是非おすすめです。
まだまだあるドイツのスープ料理ですが、おすすめと言えばKartoffelsuppe【カトッフェルズッペ】です。【カトフェルはジャガイモ】、【ズッペはスープ】を表しています。その料理名の通りで、ジャガイモのスープです。スープとは言ってもサラサラしたものではなく、食べるスープの様な感じになります。スープ自体には具がたくさん入っていて、トロトロになるまで煮込んであるので、シチューに近いです。お腹いっぱいになるぐらいの食べ応えもバッチリあります。
ここからは東京でドイツの味を楽しむ事の出来るお店をご紹介します。こちらのお店は、東京赤坂駅より徒歩2分程で、ドイツ直輸入のソーセージや郷土料理、ドイツ各地の30種類以上のビールを楽しめるお店です。
引用: https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/28606/640x640_rect_28606289.jpg
ランチタイムにはサラダ、ドリンク付きのコースがあり、1,000円以下でソーセージテラーやカレーなどを楽しむ事が出来、ディナータイムにはコースがなくお酒に合わせて1品500円〜2,000円前後の価格帯で(盛り合わせ含む)のお食事を頼む形式でまるでビアホールのような雰囲気になっています。
引用: http://www.eichenplatz.com/wp-content/themes/eichenplatz_blog/images/index/mv01.jpg
東京築地駅より徒歩2分程で、ランチタイムにはドイツの樽生ビールをふんだんに使用したカレーや、ディナータイムでは伝統的なドイツ料理を提供してくれるお店です。ランチには890円と言う格安で食べる事が出来るドイツビールカレーが特に人気でおすすめです。
引用: https://imgfp.hotp.jp/IMGH/64/22/P021326422/P021326422_480.jpg
常連客やリピーターがとても多いお店です。夜は4,000円〜5,000円位の価格帯でビールをゆったりと飲みながら、柔らかくて美味しいアイスバインなどのドイツ料理を楽しむ事が出来ます。
引用: https://ximg.retty.me/crop/s600x600/-/retty/img_repo/l/01/250219.jpg
東京護国寺駅より徒歩8分程で、薄いピザのような生地のドイツの軽食でもあるフラムクーヘンを食べられる日本初のお店になります。まず食材からこだわり、カリカリで薄くて老若男女誰でも食べやすいフラムクーヘンはどれを食べても間違いない味です。
引用: http://www.flammkuchen.jp/wp-content/uploads/2015/08/leckermaul.jpg
様々なメニューがあり、ハーフサイズで850円〜で、レギュラーサイズで1,450円〜になります。人気のフラムクーヘン以外には、これまたドイツの人気料理のシュニッツェルや、ドイツの美味しいお酒もあります。そして、フラムクーヘンは女性や子どもには大人気の食べ物で、フラムクーヘンをおやつの時間に子連れで食べるのもおすすめです。
引用: http://gokokujinavi.com/wp-content/uploads/2015/12/leckermaul05.jpg
東京神泉駅より徒歩3分程で、渋谷の外れにあり、深夜遅くまで営業している数少ないドイツ郷土料理を味わう事が出来るお店です。ここのお店には常時4種類以上の樽生ドイツビールや、30種類以上のドイツのボトルビール、他ではあまり見られない珍しいドイツのワインなどがあり、お酒の種類がとても豊富です。
引用: https://uds.gnst.jp/rest/img/16ngm4ty0000/s_00mc.jpg
メインに美味しいお酒を飲み、そのお酒に合う食べ物を食べたいという方にはとてもおすすめです。ランチタイムは1,000円〜2,000円、ディナータイムは3,000円〜4,000円の価格帯で楽しむ事が出来ます。
引用: https://obs.line-scdn.net/0m015e8e385615755f656f7517137d6172383321752642294b17733d27687169746837366230336c0c
東京新宿西口より徒歩5分程で、辛口から甘口までバラエティに富んだメニューがあります。世界中の白ワインの中でも最も食事に合うと称されるドイツのワインがあります。そのワインとは店の名前にもなっている、リースリングという品種のワインで、そのワインにとても合う伝統的なドイツ料理を気軽に味わう事が出来るお店です。
引用: http://www.winebarriesling.com/sp/shared/img/index/key5.jpg
お店の人気定番ナンバーワンは、白ワインにも赤ワインにも両方のワインに合う手作りのソーセージです。単品のメニューの他にも2,500円〜3,800円のいくつかのコースがあり、フリードリンクメニューもあるので様々な目的で楽しむ事ができそうです。
引用: https://uds.gnst.jp/rest/img/3wt97jnx0000/s_003p.jpg?t=1490685013
東京新日本橋駅5番出口より徒歩1分程で、1925年創業のこちらのお店は、日本初となるロースハムを作り出したと言われ、有名なローマイヤが経営する自家製のソーセージや、自家製のハムなどを中心としたドイツの肉料理を存分に楽しめるお店です。
引用: https://www.ozmall.co.jp/restaurant/images/client/1893_3414_oz3.jpg
こちらの肉料理はとても美味しく、何と言ってもボリューム満点なのにも関わらずランチタイムは1,000円以内で、ディナータイムは宴会用のコースでも3,000円〜6,500円くらいの価格帯になります。有名な伝統的なドイツ料理が食べられてこの金額ならばとてもコスパが良いのではないでしょうか。
引用: https://www.ozmall.co.jp/restaurant/images/client/1893_3414_oz1.jpg
東京田園調布より徒歩2分程で、ドイツの国家資格者が作るハムや、ベーコン、ソーセージなどは地元民、観光客にとても人気です。こちらのお店のメニューのおすすめは、日本人の口に合うように塩加減を調整しているアイスバインになります。
引用: https://murakami.blog/wp-content/uploads/2018/06/IMG_4874-1120x1018.jpg
ランチタイムはスープ、サラダや、パン、ドリンクなどが付いて1,500円で、ディナータイムは500円〜1,500円ぐらいの価格帯のメニューが多く、お酒次第では5,000円以内で十分に楽しむ事が出来ます。
引用: https://image.hitosara.com/gg/image/0006086897/0006086897F48_740x555y.jpg
こちらでご紹介した情報が少しでもお役に立つと幸いです。それでは良いドイツの旅を。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://uds.gnst.jp/rest/img/ktsgy6vm0000/s_00op.jpg?t=1532494135