Zridz0c12kjmu7fsrkhj

東京

CATEGORY | 東京

【2018年】イタリアのおすすめ料理!人気料理や東京で食べられるお店は?

2018.09.03

イタリア料理が日本の家庭料理にも普及しだして30年くらいはたったと思います。ファストフード店にもイタリア料理店があり、多くの日本人に人気のイタリア料理ですが、2018年イタリアのおすすめ料理を紹介します。また、本格的なイタリア料理を出す日本のお店も紹介します。

  1. イタリアおすすめの料理紹介の概要
  2. イタリア料理おすすめ1前菜:海の幸のサラダ
  3. イタリア料理おすすめ2前菜:魚介のマリネ
  4. イタリア料理おすすめ3前菜:なすとモッツァレラチーズのハサミ焼き
  5. イタリア料理おすすめ4前菜:パレルモ風なすのカポナータ
  6. イタリア料理おすすめ5前菜:各レストランの前菜盛り合わせ
  7. イタリア料理おすすめ6パスタ:手打ちパスタボロネーゼ
  8. イタリア料理おすすめ7パスタ:イカ墨のパスタ
  9. イタリア料理おすすめ8パスタ:チェリートマトのボンゴレ
  10. イタリア料理おすすめ9パスタ:ロマーニャ地方のラザーニャ
  11. イタリア料理おすすめ10パスタ:スパゲッティ・アッラ・カルボナーラ
  12. イタリア料理おすすめ11リゾット:きのこのリゾット
  13. イタリア料理おすすめ12クスクス:魚介のクスクス
  14. イタリア料理おすすめ13ピッツア:マルゲリータ
  15. イタリア料理おすすめ14ピッツア:カプリチョーザ
  16. イタリア料理おすすめ15ピッツア:クアトロフォルマッジ
  17. イタリア料理おすすめ16メインディッシュ:ミラノ風仔牛のカツレツ
  18. イタリア料理おすすめ17メインディッシュ:仔羊のローストマスタード風味とミント風味
  19. イタリア料理おすすめ18メインディッシュ:仔牛のレバーヴェネツィア風
  20. イタリア料理おすすめ19メインディッシュ:イカの墨煮と白ポレンタ
  21. イタリア料理おすすめ20メインディッシュ:甘酸っぱい仔牛のポルペッティーネ
  22. イタリア料理おすすめ21ドルチェ:ティラミス
  23. イタリア料理おすすめ22ドルチェ:トルタカプレーゼ
  24. イタリア料理おすすめ23ドルチェ:パンドーロ
  25. イタリア料理おすすめ24ドルチェ:アフォガード
  26. イタリア料理おすすめ25ドルチェ:レモンチェッロ
  27. イタリア料理おすすめまとめ
イタリア旅行の楽しみは食事と言っても過言ではありません。各地のおすすめ料理を本日紹介いたします。特多くの日本人が旅行で訪れる町や地方の郷土料理も紹介します。その際イタリア語で料理や材料を表す用語の整理と、東京でも食べられるお店も合わせて紹介します。ランチでもディナーでも前菜からパスタやリゾット、ピッツア、メインディッシュ、ドルチェとその順番に紹介いたします。これを参考に、数日イタリアに滞在する毎日の食事のプランを旅行プランと一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

用語の説明1

イタリア料理の用語で、前菜はantipasti(アンティパスタ)デザートをdolce(ドルチェ)と表します。
アサリやヤリイカ、エビ、タコの足などさっとゆでた後、冷蔵庫で冷ましてミニトマト、黒オリーブ、オリーブオイルであえ、イタリアンパセリをふってレモンを絞っていただきます。カリフラワーやインゲンなどの野菜といただいても美味しいです。まず、最初の一皿としていかがでしょうか。旅行先が海に面した町ではぜひ食べてください。

用語の説明2

イタリア料理の用語でinsalata(インサラータ)はサラダ、mare(マーラ)は海という意味です。

東京のおすすめレストラン

東京で美味しいイタリア料理の魚介のサラダを出す店は目黒のピッツリア エ  トラットリア ダ イーサさんを紹介します。
ワインビネガーでイワシやサーモン、ホタテ貝などを締めた料理です。にんにくとパーブの香りが食欲をそそります。特にイワシは塩で臭みと水分を出したものが提供されますので、イワシの苦手な人も安心してください。 冷やした白ワインが良く合います。

用語の説明3

魚介のマリネはメニューにはMarinato di pesceと書いてあります。

東京のおすすめレストラン

東京で美味しいイタリア料理の魚介のマリネを出す店は魚介のサラダと同じく目黒のピッツリア エ  トラットリア ダ イーサさんを紹介します。
なすは油と相性の良い食べ物です。なすとモッツァレラチーズとロースハムを重ねてトマトソースをかけてオーブンで焼きます。チーズはパルメザンチーズやアフミカートと呼ばれる燻製チーズをのせて焼いても美味しいですので、レストランのメニュで確認してください。イタリア旅行で味わいたいチーズとトマトの料理も最初にあげました。

東京のおすすめレストラン

美味しいなすとモッツァレラチーズのハサミ焼きを味わえるお店は西麻布のリストランテアクアパッツアさんを紹介します。
パレルモ風のカポナータは揚げたなすをトマトで煮込んで甘酸っぱい味の前菜で、シチリア州の伝統料理です。シチリアの中でも家庭料理では、加える食材が異なりカターニア風ではズッキとペペローニを加えます。シチリアのレストランでは2種類のなすのカポナータが用意されています。シチリアを旅行する際にはぜひ前菜としてオーダーしてください。

用語の説明4

パレルモはシチリア島の北西部の町です。カターニアは東部の街です。

東京のおすすめレストラン

東京でパレルモ風なすのカポナータを出してくれるお店は渋谷のトラットリア シチリアーナ・ドンチッチョさんです。
生ハムやカプレーゼ、タコのサラダなどを盛り合わせて出されます。ヴェネツィアの前菜盛り合わせの例では、ムール貝のオリーブオイルレモンとレモン風味とイワシのイン・サオール、ウナギのマリネ、ホタテのパン粉焼き、マテ貝の白ワイン風味、カニのサラダ、エビのオリーブオイルとレモン風味と言った盛り合わせをいただきました。各地への旅行でその地のレストランで、自慢の前菜をいろいろ楽しめて、お得で楽しいメニューです。レストランごとの前菜を味わってください。

用語の説明5

カプレーゼcapresはトマト、バジル、モッツァレラチーズ、のおなじみのサラダです。イワシのイン・サオールはヴェネト州の郷土料理の名前です。

東京のおすすめレストラン

美味しいヴェネツィアの前菜盛り合わせを提供してくれるお店は文京区白山のヴォ―ロ・コズィさんを紹介します。
日本ではミートソースとして有名ですが、そのルーツはボローニャのパスタボロネーゼです。ボローニャでは「ボローニャのラグーのタリアテッレ」とメニューに書いてあるお店もあります。ボローニャは美食の都と言われています。そのラグーは牛ひき肉と鶏レバー、ハムを使い、とにかくリッチです。日本のミートソースと比べて風味が豊かです。美食の都ボローニャへの旅行には外せない一皿です。

用語の説明6

ラグーとは煮込み料理をさす言葉で、イタリア料理では肉や魚を細かく刻んで作るソースを表します。タリアテッレはパスタの種類です。ボローニャのラグーのタリアテッレはメニューにTagliatelle  al ragu alle bologneseと書いてあります。

東京のおすすめレストラン

東京で美味しい手打ちパスタボロネーゼを提供してくれるお店は白金台のイルグラッポロ・ダミウラさんです。
新鮮なイカが取れるヴェネト州、ヴェネツィアで味わえるパスタです。ミラノでは出せる店と準備していない店があります。友達と一緒に食べて、ニコット笑えばお歯黒を塗ったような歯になります。みんなで笑いあい、楽しい旅行の思い出になるでしょう。白ワインがとても合います。ヴェネツィアのサンマルコ広場や運河沿いのレストランでいかがでしょうか。

東京のおすすめレストラン

東京で美味しいイカ墨のパスタお提供してくれるお店は、九段のトルッキオというお店です。
パスタにからむニンニクの香りとジューシーなアサリが食欲をそそります。アサリの煮汁とオリーブオイルが溶けあったスープがパスタにからみあってとても美味しいです。筆者はイタリアのパスタで一番好きです。イタリア旅行の際は必ず一度は食べていました。大きめのアサリがふっくらと仕上がっていると、とても幸せな気分になります。

東京のおすすめレストラン

東京で美味しいチェリートマトのボンゴレを出してくれるお店として青山のアクアパッツアさんを紹介します。
美食の都ボローニャのあるロマーニャ地方のラグーは豚肩肉を使います。牛ひき肉や鶏レバーを入れるのがボローニャ風で、濃厚です。ラグーとベシャメルソース、生地が5層に重なって一体化した部分と、カリカリした生地の部分の香ばしさを楽しんで下さい。

東京のおすすめレストラン

東京で美味しいロマーニャ地方のラザーニャをいただけるお店は、手打ちパスタボロネーゼを提供してくれるお店と同じく白金台のイルグラッポロ・ダミウラさんです。
今日では世界的に有名になったパスタ料理です。もとはローマの伝統料理で、由来はカルボナーラという炭焼き職人が食べていたという説が有力です。本格的なもグワンチャーレという豚ほほ肉の塩漬けを細長く切りソテーして使います。卵は全卵でなく黄味のみ、チーズはパルメザンチーズではなくペコリーノ、合わせるパスタは太めを使っています。黒コショウをふっていただきましょう。

東京のおすすめレストラン

東京で美味しいスパゲッティ・アッラ・カルボナーラを提供してくれるお店は千駄ヶ谷のトラットリアマンジャペッシュさんです。
イタリアを代表するリゾットです。とろっと優しく仕上がって少し芯の残るアルデンテで味わいます。きのこの香り をあつあつで楽しんで下さい。入れるきのこ類は、エリンギ、乾燥したフンギポルチーニ、しめなどです。乾燥した フンギポルチーニの戻し汁は重要な味の要素です。なお、イタリアンリゾットを自宅でつくる際は勇気をもってお米を洗わずに挑戦しましょう。やって良かったと思います。日本人のお米に対する感覚とイタリア人の感覚はちょっと違うようですが、旅行の際に一皿はリゾットを味わい、洗わないお米のリゾットを経験してみてはいかがですか。

東京のおすすめレストラン

東京で美味しいきのこリゾットを味わえるお店は西麻布のリストランテアクアパッツアさんです。
クスクスはアラブからシチリ州に伝わった料理です。地中海側の西の町トラーバニの名物料理です。最近シチリアを旅行する人も増え、ぜひ味わってみてください。魚介の煮込みをこしてスープのみをクスクスにかけて食べます。イタリアでは魚介をかける店もありますが、こしたり、つぶしたりしたスープのみをかけるのがシチリア本来の食べ方です。

用語の説明7

クスクス小麦粉から作る粉食でサフランを合わせて調理しています。メニューにはCouscous trapaneseと書いてあります。

東京のおすすめレストラン

東京で美味しい魚介のクスクスを提供してくれるお店は広尾のアクアパッツアさんです。
トマトの赤、バジルの緑、モッツアレラチーズの白がイタリア国旗の印象です。イタリアピッツアの基本です。ここに好みの具を足して、例えばマッシュルームやまいたけ、エリンギを加えたり、モッツァレラチーズを多めにしてトマトソースを使わないバリエーションもある。ナポリが発祥の地ですの、ナポリを旅行する人は食べましょう。
にぎやかにいろんなものがのったピザです。基本はハム、マッシュルーム、カルチョーフィ、モッツァレラチーズでパプリカやナス、玉ねぎをのせたりもします。ピッツアの三角の先をフォークでたたんで食べるのがナポリ風です。
4種類のチーズが入ったピッツアです。モッツァレラチーズ、ゴルゴンゾーラ、タレッジオというチーズ、パルメザンチーズを使います。

東京のおすすめレストラン

東京で美味しいピッツアを出してくれるお店は目黒のピッツリア エ  トラットリア ダ イーサさんです。ナポリ料理の専門点です。
叩いて薄く伸ばした骨付き仔牛肉でカツレツに仕上げたのがミラノ風カツレツと呼ばれていま、豚肉を用いる店もあります。カリカリと仕上がったカツレツにルッコラとレモンを添えて提供されます。お肉は1㎝くらいの厚さに叩いて伸ばて料理されます。筆者も初めてミラノに旅行した1990年に食べたときの食感は今でも思い出します。

用語の説明8

メニューにはCostoletta di vitello alla milaneseと書いてあります。

東京のおすすめレストラン

東京で美味しいミラノ風仔牛のカツレツを提供してくれるお店は文京区白山のヴォ―ロ・コヅィさんです。
外側はこんがり、中はミディアムレアーに仕上がった仔羊のローストはイタリア旅行中におすすめしたい料理です。マスタードやミントバターでいただきます。

東京のおすすめレストラン

東京で美味しい仔羊のローストマスタード風味とミント風味を食べるるお店は青山のアクアパッツアさんです。
栄養価の高い新鮮なレバーを、丁寧にゆっくり炒めた玉ねぎのおいしさと合わせて食べます。北イタリアの名物料理のとうもろこし粉で作ったポレンタと一緒に召し上がり下さい。ヴェネツィア旅行の際イカ墨も美味しいですが仔牛レバーもぜひ一皿味わってください

用語の説明9

メニューにはFegat alla venezianaと書いてあります。

東京のおすすめレストラン

東京で美味しい仔牛のレバーヴェネツィア風をいただけるのは九段のトルッキオさんんです。
イカ墨のパスタは日本で有名ですが、取り立てのイカで作るこの料理はヴェネト州でよく食べられる料理です。ヴェネツィアを旅行したらぜひ味わってください。白ポレンタもヴェネト州の名物を合わせて味わってください。

用語の説明10

ポレンタはとうもろこしの粉に塩とお湯を加え練り上げたものです。メニューにはSeppie in nero con lapolenta biancaと書いてあります。

東京のおすすめレストラン

東京で美味しいイカの墨煮と白ポレンタをいただけるのは仔牛のレバーヴェネツィア風と同じく九段のトルッキオさんんです。ヴェネト州のイタリア料理の専門です。
シチリア州の名物料理です。仔牛肉でつくったボルペッティーを甘酸っぱいに仕上げた炒め煮です。最近シチリアへの旅行ツアーも増えてきましので、訪れた際にはぜひ味わってください。

東京のおすすめレストラン

東京で美味しい甘酸っぱい仔牛のポルペッティーネを提供してくれるお店は渋谷のトラットリア シチリアーナ ドンチッチョさんです。
今やどこのイタリアレストランに行っても必ずドルチェとして出てきます。日本のイタリアレストランでも出てきますが、もとはヴェネト州のドルチェです。いろんなバリエーションが出てきましたが、ぜひシンプルなティラミスをヴェネト州で味わってください。

東京のおすすめレストラン

東京で美味しいティラミスを出してくれるお店は九段のトルッキオさんです。
濃厚な風味のチョコレートの焼き菓子です。ナポリでは暖かいケーキに生クリームを添えて食べます。

用語の説明11

カプレーゼはカプリ風という意味です。メニュにはTorta capreseと書いてあります。

東京のおすすめレストラン

東京で美味しいトルタカプレーゼを出してくれるお店は目黒のピッツリアエトラットリアダイーサさんです。
ヴェネト州のヴェローナ(ロミオとジュリエットの舞台)に伝わるクリスマス菓子です。調理に時間のかかるお菓子で、かつてヴェネツィア共和国の繁栄の名残りと言われるドルチェです。ヴェローナへの旅行にはロミオとジュリエットのバルコニーを見た後にでもカフェでいただくのも良いと思います。

東京のおすすめレストラン

東京で美味しいパンドーロのお店はティラミスと同じく九段のトルッキオさんです。
エスプレッソに浮かべたジェラートです。

用語の説明12

アフォガードとは溺れるという意味です。エスプレッソに溺れてジェラートと理解してください。メニューにはAffogata al caffeと書いてあります。

東京のおすすめレストラン

東京で美味しいアフォガードを出してくれるお店はこれも目黒のピッツリアエトラットリアダイーサさんです。
日本の食文化にはない食後酒です。アルコール度数の高いウォッカにレモンの皮を漬け込んで作ります。かなり濃厚なイタリア料理を食べた後、消化を助けてくれます。かなりすっきりします。南イタリアの代表的な食後酒で、イタリア旅行のお土産にも適しています。
イタリア人生を謳歌する言葉に「アンターレ、カンターレ、アモーレ」食べて歌って愛してという意味です。サッカーの長友選手が婚約者を発表する際に、僕のアモーレですと語ったアモーレです。とにかく食には手を抜かない。そして、料理人各々のオリジナリティーを重視するイタリア人気質から、ひとくくりにイタリア料理とまとめるのも難しいくあまりにも多様です。このレポートでは前菜のantipastoアンティパストからパスタ、リゾット、ピッツアなどのprimopiattoプリモピアットこの用語の意味は第一の皿、メインディッシュのsecondopiatto用語の意味は第二の皿、再度にドルチェを紹介しました。ここにあげた25品目はイタリア料理のほんの一部ですが、これらを参考にして読者の皆さまも新しいイタリア料理味の発見の旅に出かけてはどうでしょうか。それではチャオ。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BnJq9EUlDLD/