Ypbjnnnvrztkdxrvtcrw

フィンランド

CATEGORY | フィンランド

【2018年】フィンランドのおすすめ料理!在住者おすすめの人気料理TOP6!

2018.08.28

フィンランドはスカンジナビアモダンデザイン、オーロラ、ムーミン、サウナが有名で、森と湖に囲まれた自然豊かな国です。「自然豊かな国フィンランドに来たならぜひこの料理を食べてください。」と言える人気料理トップ6を在住者がご紹介します。

  1. フィンランドオリジナル料理の評価は
  2. フィンランドオリジナル料理1カレリア風ステーキkarjalanPaisti
  3. フィンランドオリジナル料理2カレリアパイkarjaianpiirakka
  4. フィンランドオリジナル料理3カラクックKaiakukko
  5. フィンランドオリジナル料理4ベリーソース
  6. フィンランドオリジナル料理5ザリガニ料理
  7. フィンランドオリジナル料理6トナカイ料理
  8. フィンランドオリジナル料理のまとめ
  9. フィンランドで美味しいおすすめ料理6
  10. フィンランド料理おすすめ1サーモン料理
  11. フィンランド料理おすすめ2ニシン料理
  12. フィンランド料理おすすめ3パイクパーチ(白身魚)料理
  13. フィンランド料理おすすめ4仔羊肉の煮込み料理
  14. フィンランド料理おすすめ5ミートボール
  15. フィンランド料理おすすめ6シナモンロール
  16. フィンランド料理おすすめまとめ
全体的にフィンランドのレストランはフランス料理風かロシア料理風が多く、フィンランドオリジナルの料理法は少ないといえます。北欧全般に言えますが、素材は良いものが多いですがイタリアやフランスに比べ、食への思いは少ないと感じます。まず、フィンランドオリジナルで人気の料理を紹介します。オーロラ鑑賞のできる地域ではトナカイ料理もあります。旅行でしか味わえばない食事、東京ではなかなかなじみのない食材達に多少残念な結果になるかもしてませんが、思い出として挑戦するのも良いでしょう。
引用: http://cdn.4travel.jp/img/tcs/t/tips/pict/src/104/826/src_10482629.jpg?20120915124712
細切りの肉を玉ねぎと煮込みコショウで味付け、それを熱々にゆでたジャガイモにかけて食べます。
引用: https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/7af6b1e3a4dc08cfaec51977212a983a/5BB8D081/t51.2885-15/s640x640/sh0.08/e35/26067425_190781721506123_133286725119115264_n.jpg
引用: https://www.tumlare.co.jp/guide/wp-content/uploads/2015/08/fi_food_02_kareian_pie.jpg
薄く伸ばしたライ麦粉の周囲をつまんでヒダを造り、米やマッシュポテトを盛ってオーブンで焼きます。バターやゆで卵をトッピングすることもあります。旅行の観光中お昼のランチにおすすめします。
引用: https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/ca65e45c3ab68bde7dba109c9dcb8a84/5BBF3E22/t51.2885-15/s640x640/sh0.08/e35/11821227_1663454760535045_1535037862_n.jpg
見た目は大きなお饅頭です。フィンランドではとても有名な総菜パンです。こねたライ麦のかわを重ね合わせ、それで肉や魚や豚の脂やベーコンを入れてオーブンで焼きます。6時間くらいの調理時間がかかります。腹持ちがとても良いので木こりのお弁当として普及してきました。
引用: https://www.tumlare.co.jp/guide/wp-content/uploads/2015/08/fi_food_01_reindeer.jpg
料理の名前ではありませんが、主に肉料理に使われるベリーのソースを紹介します。ジャムやパイ、ケーキだけでなくソースとしてベリーが活躍します。濃厚な料理に甘酸っぱいベリーソースは意外に合います。肉の臭みを消す効果もあります。また、一般的なブルーベリーやストロベリーだけでなく、リンゴベリーやクラウドベリーなど種類も豊富です。ぜひ試してみてください。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/keisolutions/20150812/20150812115152.jpg
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/5f/Kr%C3%A4ftskiva-2.jpg/250px-Kr%C3%A4ftskiva-2.jpg
フィンランドでは7月21日にザリガニ漁が解禁され、10月の末に終わります。フィンランドの風物詩ともいわれ、日本の鮎釣りの解禁と似たイメージです。一般家庭ではザリガニパーティーが開かれ、スーパーマーケットにもザリガニが並びます。ロブスターのイメージだと理解してはいかがでしょうか。味はカニに近いと思います。フィンランド旅行ではぜひチャレンジしてはいかがでしょうか。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/4/0/9/4/3/1/408810_saaga_5.jpg
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/6/7/0/1/6/cu061101a1.jpg
トナカイ料理の肉はラム肉よりも臭みを感じる人が多いと思いますが、ラム肉が好きな人にはおすすめです。しかし、トナカイ料理は日常的に食べる食事ではなく、やや珍しい料理と言えます。北海道で食べるジンギスカンが苦手な人にはおすすめしません。旅行する観光客が珍しので食べる食材と理解してください。シチュウなどの煮込み料理でまず挑戦するのも良いかもしれません。前述のベリーソースをかけて食べます。私はこの煮込みはそれなりに美味しいと評価していますが、私の家内は苦手です。評価が二分することは実感しています。なお。最初の画像はラップランド地方のトナカイ首筋肉のワイルドなバーベキューです。
フィンランドオリジナルの料理としておすすめ6つをあげましたが、トナカイ料理に代表されるように、美味しいという評価とイマイチという評価に二分するかと思います。せっかくフィンランドまで旅行してイマイチの食事では残念です。お昼のランチにカレリアパイとディナーにベリーソースを使った肉料理とロブスター風に仕上げたザリガニ料理はチャレンジしても良いかもしれません。では何が美味しいのか、次に紹介します。
フィンランドで人気のレストランは、フィンランド料理とフランス料理が融合した料理を出す店や、ロシア料理と融合した店が人気です。その店のシェフが創作した料理も人気です。また、素材の新鮮さを活かした料理がおすすめです。それらのお店からおすすめ料理を6つ紹介します。
引用: https://www.kidemaa.jp/media/wysiwyg/Salmonsoup.jpg
引用: https://www.kidemaa.jp/media/wysiwyg/IMG_5702.JPG
引用: https://www.kidemaa.jp/media/wysiwyg/IMG_5701.JPG
引用: https://www.ab-road.net/CSP/img/GID/REPORT/67/10667/10667_057278_m.jpg
フォンランドと言えばサーモンが美味しいです。肉厚のスモークサーモンがとてもおすすめです。アボカドと合わせて食べたり、オリーブオイルで食べたり、ワインとの相性抜群です。また、フィンランドで伝統的なサーモンスープもおすすめです。コンソメベースのクリームスープで、脂ののったサーモンとジャガイモがゴロゴロ入って、とてもコクがあり美味しいです。旅行の疲れもとれそうな優しい味です。付け合わせにフィンランド国民食の黒パンがベストマッチです。また、日本食の寿司レストランもありますので、サーモンネタの数々もおすすめします。
引用: https://pds.exblog.jp/pds/1/201406/13/40/a0071240_17401514.jpg
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/4/0/9/4/3/1/408810_ruoka_3.jpg
引用: https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/491dc1cf29c6f9de9881faed3298e80f/5BC02D49/t51.2885-15/s640x640/sh0.08/e35/12552320_432721873591448_2116797455_n.jpg
ニシン料理もサーモン料理と並んでおすすめします。日本で食べるよりも肉厚です。スモークしたものやソテー、フライや、フランス料理のアレンジでマリネに仕上げたものなどおすすめします。秋がニシンのシーズンで、バルト海で獲れた新鮮なニシンを、旅行の思い出にいろいろな料理方法で味わってみてください。
パイクパーチはスズキ目の淡水魚で脂分が少なくさっぱりとした白身魚で、フォンランドでよく食べられます。濃厚なイタリア料理と異なり日本食に近い調理方法が多いです。焼いてマッシュルームソースでいただいたり、老舗レストランRavintolaKosmosでは、パイクパーチと前述したザリガニのグラタンが人気です。また、切り身をすり身にしたフィッシュボールは家庭料理として有名です。
フィンランド産の仔羊のシチューやシビレと煮込んだ料理を紹介します。シチューはビーツやアンズダケ、大麦と合わせたり、首肉の部位を煮込んだものが人気です。オーガニックのラム肉や野菜を提供するお店も多く、フィンランドらしいと感じます。
引用: http://recipe.suntory.co.jp/data/rimg/1412_pic04_580.JPG
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/r/ranko_m/20170410/20170410213001.jpg
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/4/0/9/4/3/1/408810_kolme_6.jpg
ブラウンソースでいただくミートボールはフィンランド料理の定番です。たっぷりのマッシュポテトとビーツと混ぜていただきましょう。映画『かもめ食堂』のロケ地RavintolaKamomeラヴィントラカモメでも人気メニューです。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/drifting_girl/20110721/20110721163722.jpg
引用: https://www.tumlare.co.jp/guide/wp-content/uploads/2015/08/fi_food_04_cinammon_bans_VisitFinland.jpg
フィンランド旅行で映画『かもめ食堂』のロケ地RavintolaKamomeラヴィントラカモメを訪れた人はまず真っ先に注文するのがシナモンロール。やはり映画の影響だと思いますが、フィンランド旅行では外せない『かもめ食堂』シナモンロールです。朝一番に焼き立てのパンが並ぶ時間帯がおすすめです。
大自然に囲まれた食の宝庫でもあるフィンランド、その食材には多くの日本人になじみのあるサーモンから、ちょっと勇気のいるザリガニやトナカイの肉までありますが、フィンランド料理はサーモンやニシンを中心とした魚料理が美味しいです。日本の北海道を思い浮かべていただくと良いと思います。いろんな料理方やソースを駆使する料理ではなく、新鮮な素材を生かした料理がおすすめです。 また、フィンランドのヘルシンキにはイタリア料理店やフランス料理店、日本食店、お寿司屋さんなど、とても美味しいみせが多いですが、地方に行くとフィンランド料理の店が多くなりますので、情報を整理してみました。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E6%96%99%E7%90%86#/media/File:Karjalanpiirakka-20060227.jpg