Zh0trck2bvc1dxvljkli

東京

CATEGORY | 東京

【2018年】インドのおすすめ料理!人気料理や東京で食べられるお店は?

2018.08.24

実はインドにはカレー以外にもおすすめ料理がたくさんあります。そこでインドを訪れたら食べたいおすすめ料理を紹介します。さらにそのインド料理が東京でも楽しめるお店を紹介します!インドに行く前に楽しみたい人も、インドで食べてハマった人も、訪れてみてください!

  1. インドの食文化1宗教
  2. インドの食文化2スパイス
  3. インド旅行で食べたいおすすめ料理1チャパティ
  4. インド旅行で食べたいおすすめ料理2ナン
  5. インド旅行で食べたいおすすめ料理3カレー
  6. インド旅行で食べたいおすすめ料理4タンドリーチキン
  7. インド旅行で食べたいおすすめ料理5ダール
  8. インド旅行で食べたいおすすめ料理6マサラドーサ
  9. インド旅行で食べたいおすすめ料理7ビリヤニ
  10. インド旅行で食べたいおすすめ料理8サモサ
  11. インド旅行で食べたいおすすめ料理9ビール
  12. インド旅行で食べたいおすすめ料理10チャイ
  13. インド旅行で食べたいおすすめ料理11ラッシー
  14. 東京でインド料理が食べたい
  15. 東京でおすすめのインド料理店①タンドールバルカマルプール
  16. 東京でおすすめのインド料理店②カーンケバブビリヤニ
  17. 東京でおすすめのインド料理店③ダバインディア
  18. 東京でおすすめのインド料理店④アーンドラキッチン
  19. 東京でおすすめのインド料理店⑤カッチャルバッチャル
  20. 東京でおすすめのインド料理店⑥チャイブレイク
  21. おすすめのインド料理まとめ

宗教と食事

インド人の8割以上は、ヒンドゥー教です。ヒンドゥー教では「牛」は神聖な生き物であるため、食べることが禁止されています。さらに厳格なヒンドゥー教徒は、一切の肉を食べない方もいます。またインド国内でヒンドゥー教の次に多い、イスラム教では、「豚」は穢れた生き物であるため、食べることが禁止されています。日本ではあまり考えられませんが、宗教と食文化は密接に関わり、宗教の影響を受けながら、インドの食文化は発展してきました。

宗教と祭り

インドでお祭りがたくさんあります。そしてお祭りごと決まり事もあります。ある祭りでは、祭りの期間中「肉、玉ねぎ、にんにく」を食べません。またあるお祭りでは、その期間中「断食」をします。このようにインドでは行事と食も密接に関わってきました。

左手は不浄

インドでは、左手は不浄の手です。そして右手が神聖な手です。基本的には左手はトイレで使い、右手ではご飯を食べます。しかし現代は必要な時には左手も使ってご飯を食べている人もいます。

様々なスパイス

インド料理は、スパイスが欠かせない料理です。一説にはその歴史は5000年以上前に始まったと言われています。肉が食べられない代わりに、スパイスで食事を豊かにしてきた。また暑い国インドだからこそ体調管理にスパイスが欠かせなかった、などと考えられています。

スパイス料理

インドの家庭には、30種類以上のスパイスがあります。その日の気候や体調、食材に合わせてスパイスの種類や分量を変え、味付けを変えます。

北インドの主食はチャパティ

インドいえば「ナン」のイメージですが、実はインド国内ではナンよりも「チャパティ」が食べられています。チャパティとは、全粒粉で作られているもので、ナンをクレープ生地にしたようなものです。食べ方はナンと同様で、カレーと一緒に食べたり、何かをつまんで食べたりします。ちなみにチャパティを揚げたものは「プーリー」と言います。

チャパティは食べやすい

チャパティは生地が薄いためあっさりしていて、暑くて食欲がなくなってしまうようなインドでも食べやすいです。また値段もナンよりもかなり安いです!さらにインドの家庭では、チャパティ専用の鉄板やフライパンで簡単にチャパティを作っています。

やっぱりナンが食べたい

せっかくのインド旅行なのだから、やっぱり「ナン」が食べたいという方もいると思います!チャパティの方が主要ですが、インド国内でもナンを食べることができます。しかし実はナンは高級品です。そのため割としっかりしたレストランを訪れると食べることができます。
ちなみにインドではナンは「丸い」です。日本で見かけるような細長丸い形をしているナンはなく、レストランで出てくるときは、食べやすいようにカットされていることもよくあります。

インド人がナンを食べるとき

みなさんご存知の通り、ナンは窯で焼いて作ります。しかし窯は各家庭にはありません。またナンの材料である小麦粉はインドでは高級品です。そのためインド国内ではナンよりチャパティを食べます。そしてインド人は、ナンをテイクアウトで買い食べることがあります。日本人が、家にピザ窯が無いから外で食べるのと同じですね!

インドを訪れたら避けられないカレー

インドといえば「カレー」。ツアーで訪れても一人で訪れてもカレーは、避けて通ることはできないほどインドに溢れています。本場のインドカレー、お店によっても味が違うので食べ比べもおすすめです!あんまり食べすぎると汗がスパイスの匂いに変わってくるので、気をつけてくださいね!

北インドカレーと南インドカレーは別物!

お店や種類によっても異なりますが、北インドと南インドではカレーの味付けが全く異なります。北インドでは濃厚、南インドではサラサラしています。また具材も北インドではチキンやマトン、が主流ですが南インドでは野菜やシーフードが主流です。ちなみに南インドの主食はナンでもチャパティでもなき「米」です。

チキンかマトン

宗教上の理由により、インドでは牛や豚を食べることができない人が多くいます。そこでインドでよく食べられている肉は「チキン」か「マトン(羊)」です。カレーにもどちらかが使われていることがよくあります。

タンドリーチキンとは

タンドールという窯で焼き上げられたチキンがタンドリーチキンです。スパイスやヨーグルトに漬け込み、丸ごと串に刺して焼き上げるのが一般的です。外はパリパリ中はジューシーです!

ダール(ダル)とは

ダールとは、豆を使って作られる料理のことです。インドでダールがよく使われているのは、肉の代わりにタンパク質などの栄養を取るためだと考えられています。またインドの家庭には数種類の豆が常備されています。

ダールを食べる

豆を使った料理ダールとはどんな料理かというと、主にスープかカレーです。

マサラドーサとは

マサラドーサとは、南インドでよく食べられいる料理です。大きなクレープのような薄い生地でジャガイモなどを包んだ料理です。屋台で売っていることもあり、おやつ感覚で食べられています。生地はチャパティよりもさらに薄く、パリッとしたイメージです。美味しくて食べやすいのでおすすめです!

ビリヤニとは

ビリヤニとは、炊き込みご飯のようなものです。しかし簡単に混ぜ合わせて炊くのではなく、茹でた米とマサラ(カレーのようなもの)を何層にも重ねて蒸して作ります。そのため野菜や肉の味がご飯に染みています。ちなみにビリヤニに似た料理でプラオというものもあります。プラオは、例えるならピラフのようなチャーハンのようなものです!

サモサとは

サモサとは小麦粉で作られた生地に、ジャガイモやお肉やスパイスが包まれている揚げものです。見た目には揚げ餃子に似ています。味付けは日本人好みで、軽く食べることができるのでおすすめです!屋台で売っているので、おやつ感覚で食べることができます!

インド人とビール

イスラム教は、飲酒が禁止されています。またヒンドゥー教では、飲酒は好ましくないとされています。そのためインドでは、街中などで酔っ払っている姿を見せるのはあまりよく思われません。しかし、外国人観光客向けに飲めるホテルやレストランはあります!暑いインドではやっぱりビール!と思う方、インドにもおすすめのビールがあります!

インドでおすすめのビール①キングフィッシャー

インドで国内シェアNo.1のビールは「キングフィッシャー」です。キングフィッシャーは国際的なビールフェスタでも受賞歴があります!キングフィッシャーは、「プレミアム」「ストロング」など数種類のビールがあります。さっぱりとしているので、暑いインドにぴったりのビールです!

インドでおすすめのビール②マハラジャ

マハラジャは、ドライな口当たりですが、十分な飲みごたえが感じられるビールです。また炭酸が少し強めです。スッキリとした後味は、インド料理ともピタリです!

インドでおすすめのビール③ゴットファーザー

ゴットファーザーには、「ラガー」と「ストロング」があります。おすすめはスーパーストロングです!スーパーストロングはアルコール度数が、6.5%です。また麦芽の含有率が高く、喉越しがいいビールです!

チャイとは

チャイとは、スパイスが効いたとても甘いインドのミルクティーのようなものです。インド人は本当によくチャイを飲みます。街中に構えているチャイのお店もあれば、鉄道のホームでやかんに入ったチャイを売っている人もいます。しかし買って飲むものという訳でもなく、家でも作って飲みます。またチャイにクッキーを浸してよく食べています。

チャイの歴史

最近は日本でもよくメニューに見かける「チャイ」ですが、チャイには意外な歴史があります!それは、インドがイギリスの植民地だった頃に紅茶大国イギリスのために茶葉を作っていました。そしてイギリスには出荷できない粗悪品がインドには残りました。これを美味しく楽しむためにインド人が考えた飲み方がチャイです!今では美味しいとインド内のみならず人気のチャイですが、始まりはインド人の工夫からだったんですね!

露店のチャイ屋さん

チャイを飲む器は、どこのお店でも、素焼きのおちょこほどの小さな茶色い器です。この器ですが、飲み終わると道端に投げつけて割られて捨てられます。一度使っただけの器をみんながどんどん投げ割る光景は面白いですよね!これはカースト制度により、「誰が使ったかわからないものを使わない」というインドならではの風習です。最近では、プラスチックのコップをしようっしているお店もありますが、せっかくならインド風に投げつけてみてください!

ラッシーとは

インドカレー屋さんを訪れると必ずある「ラッシー」。カレーを食べた口の中をまろやかにしてくれるのでとても美味しいですよね!簡単にいうと、ラッシーとはヨーグルトドリンクです。本場のラッシー!とても美味しいのでぜひお楽しみください!
おすすめのインド料理いかがでしたか?インドカレー以外の魅力も伝わりましたか?インドに行く予定だけど、まだまだ先だからとりあえずすぐに「あの料理を」食べてみたい!という方や、インドから帰国後に好きになってしまった「あの料理を」食べてみたいという方。東京でインド料理が楽しめるお店を紹介します!本場の味と食べ比べてみてくださいね!

ダンドールバルカマルプールとは

タンドールバルカマルプールは、タンドール窯を使ったインド料理が楽しめるレストランです。もちろんあるインドカレーでは、チキンやダールを楽しむこともできます!TVにも出たことがある名店で、ランチ、ディナー共に混んでいることがよくあります。

ダンドールバルカマルプールの場所

ダンドールバルカマルプールの住所は、東京都江東区東陽3-20-9 鈴木ビルです。最寄駅は「木場駅」または「東陽町駅」です。

カーンケバブビリヤニとは

カーンケバブビリヤニとは、タンドリーチキンやサモサも食べることができるインド料理屋さんです。一番人気は、お店の名前の通り「ビリヤニ」です。店員さんがインド人なのはわかりますが、ここはお客さんもインド人が多いです。本場のビリヤニが期待できますね!

カーンケバブビリヤニの場所

カーンケバブビリヤニの住所は、東京都中央区銀座8-8-11 銀座博品館 6Fです。最寄駅は「銀座駅」または「新橋駅」です。

ダバインディアとは

ダバインディアとは、南インド料理専門店です。そのため南インドのカレー好きにはおすすめです!マトンカレーやダールカレーもありますが、シーフードカレーが特に人気です。またマサラドーサを楽しむこともできます!

ダバインディアの場所

ダバインディアの住所は、東京都中央区八重洲 2-7-9 相模ビルです。最寄駅はJR「東京駅」東京メトロ銀座線「京橋駅」東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」です。

アーンドラキッチンとは

アーンドラキッチンとは、チャパティが楽しめる南インド料理屋さんです。ナンはどこのインド料理屋さんでもだいたいありますが、チャパティはなかなかないですよね!一度インドを旅行で訪れると、ナンよりチャパティに親しみを持ち帰国後も食べたくなる人がよくいます!インドを訪れたことがない人も試してみてくださいね!

アーンドラキッチンの場所

アーンドラキッチンの住所は、東京都台東区上野3-20-2 水野ビル地下1階です。最寄駅はJR山手線の「御徒町駅」地下鉄日比谷線「仲御徒町駅」地下鉄銀座線「上野広小路駅」です。

カッチャルバッチャルとは

カッチャルバッチャルとは、インド料理屋さんのメイン料理である「インドカレー」と「ナン」が大人気のお店ですが、ラッシーまでとても美味しいと評判のお店です。ラッシーはプレーンからマンゴーラッシー、焼酎割りまであります。焼酎とラッシーは他ではなかなか楽しめない味わいですね!

カッチャルバッチャルの場所

カッチャルバッチャルの住所は、東京都豊島区南大塚3-2-10 林ビル2階です。最寄駅は東京メトロ丸ノ内線の「新大塚駅」です。

チャイブレイクとは

チャイブレイクとは、チャイと紅茶の専門店です。ホットチャイからアイスチャイ、季節のチャイなど数種類のチャイを楽しむことができます。スイーツはインドのものではないですが、茶葉の販売も行っているので、紅茶好きやチャイ好きにはたまらないお店です!チャイを飲んで、ゆっくり一息つきたい時におすすめです!

チャイブレイクの場所

チャイブレイクの住所は、東京都武蔵野市御殿山1-3-2です。最寄液はJR線・京王井の頭線の「吉祥寺駅」です。

おすすめのインド料理(インド編)

おすすめのインド料理いかがでしたか?インドにも実はこんなに美味しいものがあるんです!インドを訪れたなら是非お試しください!屋台で売っている料理も、鉄道の駅で売っているチャイも、味は美味しいですが、くれぐれもお腹を壊さないようにお気をつけください。「郷に行けば郷に従え!」ととにかく辛いものを食べると、お尻が痛くなることもあるので、気をつくてくださいね。

おすすめのインド料理(東京編)

インド旅行に行かなくても、東京で楽しめるインド料理はいかがでしたか?東京ではインド料理屋さんは、そこら中にありますよね。どこでもだいたい数種類のカレーとナンが食べられますが、それ以外のメニューを目当てにインド料理屋さんを訪れてみてはいかがですか?インド旅行をしたことがない人も、きっと本場!インドに旅行に訪れてみたくなるはずです!ぜひお楽しみください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bmyea4NgB4L/?