P2qnyairvwlkhgnhkcbi

ベルギー

CATEGORY | ベルギー

【2018年版】ベルギーの物価は高い?食費や旅の費用などをチェック!

2018.08.22

ベルギー旅行の際に、気になるのは旅にかかる金額と現地の物価です。日本から遠く飛行機代も安くはありませんが、その他にホテルの代金や食費なども気になるところです。ここでは、ディスティネーションとして人気のベルギーの物価についてお伝えしたいと思います。

  1. ベルギーの行き方
  2. ベルギーの物価は高い?食費など旅の費用をチェック!1・旅行にかかる金額は?
  3. ベルギーの物価は高い?食費など旅の費用をチェック!2・食事代は?
  4. ベルギーの物価は高い?食費など旅の費用をチェック!3・ホテルの費用
  5. ベルギーの物価は高い?食費など旅の費用をチェック!4・お土産代
  6. ベルギーの物価は高い?食費など旅の費用をチェック!5・チップ
  7. まとめ
ベルギー旅行に行く際にどのような方法でブリュッセルに入る方法があるのかを考えてみると、東京からの直行便か、もしくはパリやロンドンから列車(陸路)でベルギーに入るルートがあります。直行便は13時間程度で到着しますが、本数がそこまで多くはありません。直行便の多いイギリスかフランスでトランジットをして、ロンドン観光やパリ観光を組み合わせ、列車の旅も楽しむつもりでベルギーに入るのも素敵な旅のプランになりそうです。
旅行にかかる金額は一般的に飛行機代、ホテル代、食費とお土産代になると思います。個人手配ですと飛行機とホテルを別々に手配することになりますが、正規ルートで予約する場合は個人手配の方が高くつく場合も多いようです。バックパック旅行などでドミトリーに宿泊する場合は別ですが、そこそこ高級なホテルに泊まる場合は大手旅行代理店のパックツアーの金額の方が安くつく可能性も高いので、旅行サイトなどで比較検討をおすすめします。個人的にですが、ロンドンへのパックツアーを申込み、ロンドンのホテルに荷物を置いたままチェックアウトせずにそのままで1泊でブリュッセルに列車で行ったことがあります。ロンドンのホテルを1泊分捨てても、個人手配より安くついた経験があります。
グルメの国ベルギーでは、食事代金がそこそこかかってしまいます。通貨はユーロになりますが、ユーロが高い時などは屋台などでも日本とほぼ同じか少し高いくらいと考えていた方が良いでしょう。また、ベルギーで有名なチョコレートも基本的には高級品で、比較的高価です。
高級ホテルからリーズナブルなホテルまでが揃っている首都ブリュッセル。ホテルの金額は、激安のドミトリーで4000円~5000円、市の中心地にある5つ星の高級ホテルでも5万円以下でツインの部屋に泊まれます。この金額は他のヨーロッパの都市、ロンドンやパリ、ローマなどに比べると若干安いかなというイメージです。ロンドンやパリでリーズナブルなホテルに宿泊しているならば、ブリュッセルでは少し贅沢にするのも旅のメリハリがついて楽しそうですね!
ベルギーのお土産と言えば、やはり一番にチョコレートが思い浮かびます。観光地ですのでばらまき用のリーズナブルなお土産は多く揃っており、お土産代の心配はあまり必要ないようです。おすすめはトリュフ入りのマヨネーズ!日本でフライドポテトにかけて食べれば、一気にベルギーの思い出がよみがえること請け合いです。
結論から言うと、ベルギーにチップの習慣は基本的にありません。請求書にはサービス料があらかじめ含まれているのが通常です。なのですが、やはり観光地ですのでレストランなどではチップを払うお客様も多く、10%とまではいきませんが少額のコインなどは置いていくのがスマートかもしれません。とくにホテルの目の前がカフェで、滞在中は毎朝通うようなことであればチップを払って顔を覚えてもらうと嬉しいですよね。 またいくらチップの習慣がないと言っても、子供がお皿をひっくり返して掃除してもらった、などお店に迷惑をかけてしまったり、アレルギー対応で特別のサービスを受けた、というような場合には10%程度のチップは必要です。
いかがでしたか?物価が日本と同じくらいのベルギーでは、ホテルと食費に気を付ければリーズナブルな旅行も可能です。次の旅行では是非ベルギーでの楽しい時間をお過ごしください!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmI_H03jQ1j/?hl=ja&tagged=belgiumfood