Mphcszlw1mnxzk60jxur

イギリス

CATEGORY | イギリス

ロンドンの物価は高い?旅行前の気になる物価について徹底解説【2018年】

2018.08.26

ご存知の通りロンドンの物価は高いですので、いざ旅行に行くにしても、いったいいくらぐらいかかるのか気になりますよね?そこで今回は気になるロンドンの物価についてわかりやすく解説します。ぜひ旅行のプラン立ての参考にして下さい。

  1. ロンドンの物価は高い?・地下鉄とバスについて
  2. ロンドンの物価は高い?・レストランについて
  3. ロンドンの物価は高い?・ファーストフードについて
  4. ロンドンの物価は高い?・スーパーについて
  5. ロンドンの物価は高い?・最後に
ロンドン旅行にはオイスターカードがおすすめです。現地で紙の切符を買うより運賃は約半額になりますし、1日の上限金額がありそれ以上はかかりません。また、バスはオイスターカードとトラベルカードのみ利用でき現金払いはできませんのでご注意下さい。地下鉄は各ゾーンに分かれていて、オイスターカードを利用するとゾーン1は片道2.40ポンド(約336円)、1日の上限6.50ポンド(約910円)で、ゾーン1ー2は片道2.90ポンド(406円)、1日の上限は6.50ポンド(約910円)、ゾーン1ー3は片道3.30ポンド(約462円)、1日の上限は7.60ポンド(約1064円)というように上限もある分お得です。なお、バスは1回1.50ポンド(約210円)、バスのみ利用で1日の上限は4.50ポンド(約630円)です。(2018年8月現在)
レストランなどで外食をすると料理代に消費税(VAT)が20%とサービス料が10〜20%プラスされます。加えてウェイターが料理を運んでくる場合はチップも支払わなければなりません。旅行中に外食が続くと食費だけでもかなりの経費がかかってしまいます。だいたいチェーン展開のレストランで昼食12〜20ポンド(約1680〜2800円)、夕食15〜35ポンド(約2100〜4900円)にチップ代です。カフェテリアとパブですとチップがかからないところがほどんどです。昼食および夕食で7〜15ポンド(約980〜2100円)くらいで済みます。うまく使い分けて食費を抑えるようにしましょう。
同じファーストフードでも店内で食べるのとテイクアウト(イギリスではテイクアウェイ)では数百円の差がありますので天気のいい日などは公園などで食べるのも1つの方法です。イギリス内のマクドナルドでは商品によって高い安いが多少ありますが、例えばビックマックは単品2.69ポンド(約377円)、ビックマックセットは4.29ポンド(約600円)です。イギリスでチェーン店として流行っている「PRET A MANGER」「WASABI」「itsu」は比較的お値打ちですのでおすすめです。サンドとドリンクで3〜5ポンド(約420〜700円)日本でいうお弁当のようなセットで4〜10ポンド(約560〜1400円)くらいです。
物価が高いイギリスですが、スーパーはお値打ち感があります。実は生活に関わる食材や衣料品などの生活必需品にはなんと税金がかからないんです。その上、いくつか買えばいくらになるというセール品もありますから観光客にとってもうれしいシステムですね。もちろんスーパーにはデリカコーナーもありますので旅行中に何回か利用する手もあります。おすすめはMARKS&SPENCER(マークスアンドスペンサー)とseinsbuty's(セインズベリー)です。パン類が99ペンス〜1ポンド(約100円)、サラダが4〜7ポンド(約560〜980円)にて販売されています。ばら撒き用のお土産で銘柄に指定がなければスーパーで購入するとお値打ちです。ティーバッグの紅茶は約2〜6ポンド(280〜840円)くらいであり、種類も豊富です。
せっかくイギリスまで旅行に行くのに、物価が高いからと言って予算を切り詰め、ケチり過ぎても楽しくありませんし、もったいないです。事前に準備すれば交通費はあまりかかりませんし、博物館や美術館は無料のところもあります。一番かかる食費ですがレストランとファーストフード、スーパーなど使い分ければ問題ないでしょうから上手にイギリスの旅を満喫しましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRHJBhNtnhBosusTfdtgTWHoHRTBIRkGKRVZXlDaub4bgZVobyE