P6ekisopsjaxqxfbtdax

オーストリア

CATEGORY | オーストリア

【2018年】ウィーンのおすすめ料理!在住者おすすめの人気料理TOP5!

2018.08.27

気温や面積も北海道と似ていることから旅行ビギナーの方におすすめなのがオーストリアです。中でもウィーンは歴史的建造物や美味しい料理がたくさんあります。今回はオーストリアの首都であるウィーンのオススメ料理を紹介したいと思います。

  1. オーストリアの料理の特徴
  2. ウィーンのオススメ料理① ウィンナーシュニッツェル
  3. ウィーンのおすすめ料理② バックヘンデル
  4. ウィーンのおすすめ料理③ ツヴィーベルローストブラーテン
  5. ウィーンのおすすめ料理④ フリタッテンズッペ
  6. ウィーンのおすすめ料理⑤ ザッハトルテ
  7. まとめ
オーストリアの食文化はハンガリーやチェコといったかつてオーストリアを支配していた国の影響を受けています。また近隣国のドイツやイタリアの食べ物の影響も受けています。それぞれの国の影響を受けながらも成長とともに独自の発展をしています。ウィーンには歴史的に様々な民族が住んでいたことからその民族たちの調理法や食文化を持っています。
そんな独自の成長を遂げてきたウィーンの食文化ですがこれからはウィーンのオススメ料理やおすすめレストランを紹介します。まず紹介するのがウィンナーシュニッツェルです。カツレツの一種でとてもボリュームのある料理です。牛肉や豚肉を叩いて薄く伸ばし、パン粉をつけてあげたものです。シュニッツェルはヨーロッパを中心にとても人気の料理です。ウィンナーシュニッツェルはレストランなどの高級料理店だけではなく、比較的安いお店でも食べることができます。オーストリアの近隣諸国でも食べることはできますがぜひウィーンに旅行に行った際にはレストランで食べたいメイン料理の一つです。
バックヘンデルは先ほど紹介したウィンナーシュニッツェルの鶏肉版です。ウィーン風のフライドチキンと言ったらわかりやすいと思います。一緒に「ザラード」と言うサラダが一緒の皿に盛られています。19世紀の簡素な宮廷料理が愛されるようになってから流行り始めた料理です。オーストリアの人は一品料理として食べますが、結構な量がありますので旅行に行って食べる際には量に気をつけてください。
ツヴィーベルローストブラーテンはウィーン風のビーフステーキです。「ツヴィーベル」は玉ねぎのことで、「ローストブラーテン」は牛肉のステーキのことを表しています。ステーキの上に油で香ばしく揚げられた薄切りの玉ねぎが上にのって出てきます。ソースはレストランによって多少違いますが、ワインベースのソースが多いです。付け合わせとしてジャガイモが出てくることが多いです。いくつかのレストランを回ってソースの違いを楽しむのもおすすめです。
フリタッテンズッペは短冊状に切られたクレープを具材としてコンソメスープのヌードルである。麺のような料理ですがラーメンやうどんのようにすすって食べるのはマナーが悪いので小さなお皿にスープとともにクレープを取り小さくしてから食べるといいでしょう。ウィーンでは家庭料理の代表的料理ですので日本人にとっての味噌汁のようなものであると言えます。お店によってスープが違うので旅行に行った際にはぜひ食べてください。
ザッハトルテは世界で最も有名なチョコレートケーキです。このケーキは17世紀から存在すると言われている格式高いケーキです。カフェの名店であるザッハーとデーメルのどちらが本物のザッハトルテなのかを食べ比べてみるのもおすすめです。この二つはどちらが本家なのかを争った名店の二つです。もちろんこの二つ以外にもザッハトルテは食べることがでいます。味はかなり濃厚なチョコレートケーキです。日本人には少し濃ゆいかと思われますがウィーンを訪れた際にはぜひ食べて見て欲しい一品です。
これまでウィーンのおすすめ料理を紹介してきました。どれもウィーンならではの料理ばかりで日本ではなかなか目にできないものばかりです。様々な国に囲まれてその国々の影響を受けながら独自の進化をしてきたオーストリア、そしてその首都であるウィーンで食べられる料理はどれも絶品です。同じ料理でもレストランやカフェによって味が違うので多くのお店を回って楽しんで欲しいです。ウィーンにはここで紹介しきれなかった美味しい料理がまだまだたくさんあるのでぜひ足を運んで見てください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmvF0M6nC4Q/?hl=ja&tagged=%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3