Hriztzh6nkqvtf4ruffk

エリトリア

CATEGORY | エリトリア

エリトリアの治安は?観光前にチェック!【2018年度版】

2018.08.22

アフリカ北東部に位置するエリトリア。アフリカのイメージとして、何となく治安が悪いような、そんな想像をされる方も多いと思います。そこで今回の記事では、エリトリアを旅行で訪れる際に事前にチェックしておきたい現地の治安状況を一挙お届けいたします。

  1. エリトリアの治安状況:外務省が発表するエリトリア各地の危険レベル
  2. エリトリアの治安は良い?悪い?
  3. エリトリアの治安状況:麻薬について
  4. エリトリアの治安状況:滞在時の注意点
  5. エリトリアの治安状況まとめ
引用: http://atlas.cdx.jp/nations/africa/image/feritrea.gif
紅海に面した国エチオピアに観光で訪れる際に、チェックしておきたいのはやっぱり現地の治安ですよね。
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20150611%2F11%2F1428081%2F0%2F327x321x81bf076a8e458af84897c0f5.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
外務省の「海外安全ホームページ」では、各国の治安状況を1〜4の危険レベルで発表しています。危険レベルは、国全体を示すものや地域別にレベル分けされているものがあるので、滞在先の街と照合して確認するようにしましょう。それでは、以下よりレベルごとの説明をいたします。
引用: https://www.anzen.mofa.go.jp/attached2_master/2018T042/2018T042_1_Detail.png
上の画像は、外務省より発表されている現在のエリトリアの危険レベルを表したものです。
【レベル1】十分注意してください。

レベル1の地域は渡航するのに問題視されておらず、「滞在の際は危険を回避し、十分注意して安全に過ごすようにしましょう。」という注意喚起レベルの地方です。上の画像でいうと、わずかですが黄色で示された地域がレベル1に当たります。

【レベル2】不要不急の渡航は止めてください。

レベル2の地域は、「理由がない限りは渡航を控えてください。」という呼びかけが行われている地域です。もし、止むを得ず渡航が必要な場合には、細心の注意を払って滞在しましょう。上の画像でいうと、山吹色に塗られた地域がレベル2に当たり、エリトリアの大部分を占めますね。

【レベル3】渡航は止めてください。(渡航中止勧告)

レベル3の地域は、「どんな事情であれ渡航をしないでください。」という呼びかけがされている地域なので、治安が危険な状況であることを表しています。上の画像でいうと、エチオピアとの国境部であるオレンジ色に塗られた地域がレベル3に当たります。

【レベル4】退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)

レベル4の地域は、既に現地滞在中の邦人に対して「安全な地域へ退避してください」と勧告を呼びかけている地域です。現在エリトリアでレベル4が発表されている地域はありません。

引用: https://www.christiantoday.co.jp/data/images/full/20709/image.jpg
現在のエリトリアの治安は、エチオピアと30年にもわたって続けられた戦争当時よりも比較的安定したと言われており、実際に強盗や傷害・殺人事件の報告も少ないです。
引用: https://dlift.jp/images/spotPhoto/country105_2_20130326185339.jpg
とはいえ、外務省はあまり渡航をしないように呼びかけていますので、滞在時にはむやみに出歩いたり夜間の外出などは控えるようにしたほうが無難です。
引用: https://st2.depositphotos.com/1482106/6752/i/450/depositphotos_67526191-stock-photo-eritrea-flag-on-cannabis-background.jpg
「アフリカに行くと麻薬を手に入れられる」そんなイメージを持つ方もいるかと思います。ですが、麻薬の密売はもちろん麻薬への取り締まりの感覚は日本での生活と同様で心に留めておきましょう。旅行に行ったからといって、安易に手を出さないようにしましょう。
引用: https://skyticket.jp/guide/wp-content/uploads/iStock-177844137-1-680x452.jpg
エリトリア国内を観光するにあたって、特に注意しておきたいポイントを2点まとめておきます。

注意点その1:夜間の外出を避ける

引用: http://golco31.com/blog01/wp-content/uploads/2010/02/12674461014b8bb15566815_import.jpg
エリトリアに限らず、海外旅行の際には夜間の外出は避けてください。外国人旅行客への犯罪がいくら少ないとはいえ、安全が保障されているわけではないことをわきまえておきましょうね。

注意点その2:首都アスマラ市以外に行くには証明書が必要

引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cdn.travel-star.jp/production/posts/eyecatches/000/005/190/eyecatch.jpg?1525430867
首都アスマラ市があるマアカル州以外へ入る場合は、観光省から旅行許可証を発行してもらう必要があります。なぜなら、治安維持のため政府が他州への渡航を制限しているからです。商用査証でエリトリアに滞在している場合は、観光省ではなくエリトリア関係省庁に申し込みましょう。
引用: https://cdn.4travel.jp/img/thumbnails/imk/travelogue_album/11/24/03/650x_11240346.jpg?updated_at=1494946868
今回は、エリトリアの治安状況をお届けいたしました。海外からの旅行客への犯罪の報告が比較的少ない国ですが、やはり海外となると最低限の注意を払って身の安全の確保を意識したいですね。事前に現地の治安情報をリサーチし、楽しく安全なエリトリア旅行をお過ごしください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://atlas.cdx.jp/nations/africa/image/feritrea.gif