Bvqe11cphumertq7i6zy

キューバ

CATEGORY | キューバ

キューバの治安は良い?一人旅に行く前にチェック!【2018年度版】

2018.08.24

キューバへの旅行を計画をしているときに気になるのが、治安の情報や一人旅でも安心して観光をすることができるのか情報です。ここではその気になるキューバの治安のことを中心に解説しますので、キューバに旅行に行く前に見ておくと役立つ情報ばかりです!

  1. キューバの治安は良い?一人旅に行く前にチェック!【2018年度版】① キューバは中南米の中では治安が良い
  2. キューバの治安は良い?一人旅に行く前にチェック!【2018年度版】② キューバでは観光客は狙われやすい
  3. キューバの治安は良い?一人旅に行く前にチェック!【2018年度版】③ キューバでは荷物を盗まれないように注意
  4. キューバの治安は良い?一人旅に行く前にチェック!【2018年度版】④ 経済自由化が進んでいて物欲が強くなっている
  5. キューバの治安は良い?一人旅に行く前にチェック!【2018年度版】⑤ キューバで治安が悪い場所について
  6. キューバの治安は良い?一人旅に行く前にチェック!【2018年度版】⑥ カサ・パルティクラルで宿泊するときの注意点
  7. キューバの治安は良い?一人旅に行く前にチェック!【2018年度版】⑦ キューバの夜間の治安
  8. キューバの治安は良い?一人旅に行く前にチェック!【2018年度版】⑧ キューバは一人旅もできるが女性はナンパ行為に注意が必要
  9. キューバの治安は良い?一人旅に行く前にチェック!【2018年度版】⑨ キューバでのテロ行為について
  10. キューバの治安は良い?一人旅に行く前にチェック!【2018年度版】⑩ 外務省の情報チェックしておく
  11. キューバの治安は良い?一人旅に行く前にチェック!【2018年度版】のまとめ
キューバという国は中南米の中では治安が良い国とも言われていることから、凶悪な犯罪に巻き込まれるような心配はまずないのですが、観光客を狙った盗難などの犯罪行為となると、これは数多く発生しているのでキューバの治安が良いとは一概には言うことはできません。またキューバに行く前には日本の外務省の発表も確認をするようにするのがおすすめです。
なぜ観光客がキューバでは狙われやすいのかいうと、キューバという国は2018年の今でも社会主義国家になっていて、そのキューバの経済というのは長期間の低迷が続いてしまっています。教育や医療などは無料になっていますし、食料であったり日用品などは配給制度もあるのですが、問題となるのはキューバ国民の平均月収になっていて、これあ2000円程度ともされているほど低いのです。
なのでキューバに住んでいる人から見ると観光客はカメラであったりスマートフォンなどの電子機器を持っていることも多いですが、それらの人は大金持ちに見えるので観光客の荷物を盗めばキューバの人にとっては儲けが大きいことが多くなるので、観光客を狙った盗難が多発してしまっているのです。
外国に旅行に行くのであれば、どこでも共通していることではあるのですが、荷物を盗まれないようにするためにスリや置き引きにはしっかりと注意をして対策をする必要があります。少しバッグを地面に置いてしまったりするだけで、そのバッグを狙われてしまい盗まれる可能性もキューバではありますし、バッグの口はちゃんと閉めておかなければ、中に入っている物を狙われてしまい盗み取られてしまうことも多くなっています。
キューバに観光に行く人はほとんど利用することはないのですが、ハバナ市内での路線バスが混雑しているときは特にスリが多発していまっているので、もしもこのようなバスを利用するのであれば、警戒を強めて利用をする必要があります。
2018年現在のキューバでは経済自由化が進んでいるので、その影響によりキューバに住んでいる人たちはお金はもちろんのこと物欲も強くなっていることから、観光客が持っているのを盗むことも増えてしまっています。また盗みだけではなくて、強盗も多くなっていて暴力行為によって強引に観光客の持ち物を盗んでしまうような犯罪行為も増えていますので、キューバに観光旅行に行くのであれば常に注意はする必要があります。
基本的にはキューバで治安が悪くなりやすいのは、観光スポットからは離れていてキューバに住んでいる人から行かないようなところには危険が多いので行くべきではありません。しかし観光客が泊まるようなホテルを利用したり、キューバの観光スポットを回るようにしていれば、現在のキューバでは大きな危険はないとも言うことができます。
現在のキューバでは観光産業が重要になっていることから、キューバの国家も観光客の安全を守るために力を入れてますのでキューバにある観光スポットでは警察官を見ることも多いのですが、これは観光客を警戒しているのではなく、観光客を守るために多くなっているのです。
引用: http://www.joho.st/cuba/img/20150308_097.jpg
カサ・パルティクラルと言われている日本で例えると民宿のようなのを利用するのであれば注意をする必要があります。その理由は住宅自体を宿泊するための施設としていることから、その場所は観光スポットからは離れている住宅地になることが多くなっています。
なのでカサ・パルティクラルに宿泊するのであれば最初に宿泊をするための手続きをするときには、人通りが多くなっている昼間に行っておくのがおすすめです。また危険なことに遭うのを避けるためには家主さんと話をして、宿泊する場所の付近の危険な場所などの情報をしっかりと聞いておくと安全に行動をすることができるようになります。
犯罪行為が行われるのは昼間よりも夜間のほうが多くなります。なのでお店であったり街頭もないような暗いところであったり、人通りがあまりないようなところには特に単独や一人旅では行くべきではありません。普通に観光をしていれば暗くなってから、暗くなっている街中を歩き回るようなことをすることはないので、それほど気にする必要はないのですが、暗くなってから行動する必要があるときには注意をしなければいけません。
キューバでは様々な国から観光客が多くて、一人旅をしている女性も多く見かけますし一人旅をしている日本人を見ること多いです。なので女性の一人旅も観光スポットを回ったりするだけであれば特に問題はないのですが、女性の場合は気をつけなければならないのが、ナンパ行為です。
なぜナンパ行為に気をつけなければいけないのかというと、話をしてきて親しくなれたと油断をしてしまうと観光客の荷物を奪ってしまうような悪い人もいるからです。なのでキューバでナンパをされたと浮かれてしまったりすると大変なことになってしまうこともあるので、ナンパには警戒をする必要があります。
1997年にはハバナにあるホテルを狙った爆弾テロが発生したことがありますが、その後はテロが実行されたことはありません。テロの計画段階での摘発は何度かあるのですが、これも少ない回数になっています。またこれらテロの計画というのは、キューバの反体制派によるものになっていて、キューバの当局も監視を強めていることから、テロ活動は現在のキューバでは大きく制限されているようです。
キューバだけに限りませんが外国に旅行に行く前には外務省が発表している最新の情報を見るようにするのがおすすめです。外務省は治安の情報を発表をしていますし、他にも外務省は感染症などの情報も発表をしているので外務省の情報を渡航前に見ておけば、より安全にキューバなどの海外旅行を安全に楽しむことができます。またキューバに到着してからも外務省の情報を調べるようにすればより安全に行動することができます。
キューバは観光地を回るのであれば荷物を盗まれないようにするなどの警戒は必要ではありますが、治安は良いので女性の一人旅であったとしても安心して観光をすることができますので、外務省の情報を確認したりして油断はしすぎないようにキューバの観光を楽しみましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a1/a14f31c86b05b4d90f73cde7249fa426_t.jpeg