Zefmq3p3zbysf8lnsv1l

クロアチア

CATEGORY | クロアチア

クロアチア旅行のベストシーズンは?【2018年度版】~気候や服装~

2018.08.24

ここではクロアチア旅行に行くときにおすすめの時期となるベストシーズンを紹介します。またそのベストシーズンの気候や服装についても解説しますので、クロアチア旅行に行く前に知っておきたいことを知ることができますので、クロアチアに興味がある方は必見です!

  1. クロアチアのベストシーズンは夏
  2. クロアチアには四季がある
  3. クロアチアのベストシーズンは6月が特におすすめ
  4. クロアチアのベストシーズンの6月の気候について
  5. クロアチアのベストシーズンの6月の服装について
  6. クロアチア旅行のベストシーズンは?【2018年度版】~気候や服装~のまとめ
クロアチアに観光旅行に行くのであれば、そのベストシーズンというのは夏になります。クロアチア観光について記載されているガイドブックを見てみると、4月から10月ごろがおすすめされていますが、その中でも特にアドリア海を綺麗に見ることができますし、天気が良い日が多くなっているのが5月から9月上旬ごろになっていますので、クロアチアに観光旅行に行くのであればこの時期に行くのが特におすすめです!
クロアチアでは日本と同じように四季があることから、それぞれの季節で感じることができない魅力もあるのですが、特にクロアチアの夏であれば雨が降る日もあまりないですし、もし雨が降ってきたとしてもそのほとんどは数時間ほどで雨は降らなくなります。なので旅行をしている期間中にずっと雨が降っているようなことがなくなることから、クロアチアに観光旅行に行くのにおすすめすることができるベストシーズンは夏となります。
特におすすめすることができる時期は6月になります。その理由は6月であればクロアチアまでの航空券は安くなっていますし、7月から8月ごろになってしまうとクロアチアには多くの観光客が集めることから、観光を楽しむときに大変な時期にもなってしまいます。なので6月であれば観光客は多いことは多いのですが、観光を楽しむことがしやすくなりますし、ホテルの宿泊をするための料金も安くなっているので旅費を抑えることができます。
また6月に行く理由としておすすめな理由として、日本では6月は梅雨になってしまうことから雨が降っていることが多くなっていて、過ごしづらくなってしまいます。なので6月にクロアチアに行けば梅雨の日本から離れることができますし、6月はクロアチアでは連日のようにスッキリとした青空を見ることができるので、ジメジメとした気持ちを解消することもできます!
6月のクロアチアの気候は連日のようにスッキリとした青空を見ることができます。この時期はクロアチアの気温は都市によって変わってくるのですが、ザグレブであれば東京とほぼ同じような気温となっています。しかしドブロブニクなど都市となると内陸にあるザグレブよりも気温が高くなるので、日中は日本人には厳しさを感じる暑さです。しかしクロアチアは年中、空気が乾燥していることから日本のようなジメジメした暑さではありません。
この時期のクロアチアでは晴れている日であれば日本での夏に着る服装で問題ありませんが、屋内であったり日陰などでは曇ってきたときには肌寒さを感じることもあるので、薄手の上着があると寒さを感じたときの対策になります。また教会が観光スポットになっていることが多くなっているのですが、見学をしに行くのであれば露出が高くなっている服装を避けたりするようにするのがマナーとなりますので注意をしてください。
日中であれば夏服で問題ないのですが、朝や晩になると肌寒くなってしまうことが多いので春夏ジャケットを用意しておくことをおすすめします。雨が降ってくるとより冷えてしまので、その対策としてスウェットパーカーなども持っていくとより快適にクロアチア観光を楽しむことができます。
クロアチアに観光旅行に行くのであれば、おすすめのベストシーズンは夏で特に6月に行くのがおすすめです。この時期の気候は雨が少ないですし、気温も日本人には過ごしやすくなっています。服装も基本的には夏服で問題ありませんが、冷えるときの対策として少し厚めの上着を持っていくのがおすすめです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/77/77c2bceb53236b0f6c3db47c196890a0_t.jpeg