Xcndazrcnf4vdj1xsewx

アメリカ合衆国

CATEGORY | アメリカ合衆国

ボストンの治安情報!夜の危険地域やおすすめ観光スポットなど【2018年】

2018.08.24

ボストンの治安は大丈夫?日本は世界の中でも安全な国です。海外旅行に行く際はぜひとも事前に治安情報のチェックを忘れずに。今回は見どころがたくさんあるアメリカのボストンについて、徳に気を付けるべきエリアと観光スポットを紹介します。

  1. ボストンの治安は?
  2. ボストンの治安の悪いエリア
  3. ボストン観光のおススメスポット
  4. ボストン観光お得なパス
  5. まとめ

外務省ボストンの治安情報

2018年8月時点で、ボストンを含むアメリカ合衆国の渡航について外務省から危険情報や感染症危険情報の注意喚起は出ておりません。とはいえアメリカの犯罪発生率は日本の犯罪発生率に比べ各段に高いので自分の身は自分で守るのが常識であることを認識し,常に十分な注意を怠らないよう呼び掛けています。

ボストンはアメリカの他の州に比べて治安はいい?

アメリカの中でもボストンのあるマサチューセッツ州は比較的治安のいい場所です。50ある州のうち2018年の安全度ランキングは14位でした。ちなみに1位はバーモント州です。
深夜から早朝にかけては、ダウン・タウンや、地下鉄の駅、駐車場、、デパートやショッピングセンターのあたりは危険とされています。このエリアは夜特に1人で出歩くのは避けるのが賢明です。またの地下鉄のうち、オレンジラインとレッドラインは、犯罪多発地エリアのため、夜だけでなくなるべく別ルートを利用するのをおススメします。

スカイウォーク展望台

50階にある展望台からは赤レンガで統一した素敵なボストンの街並みが一望できます。特に夜になるとライトアップされた一層綺麗な絶景を楽しめるのでおススメです。展望台はミュージアムになっており、景色だけでなくボストンの歴史も学ぶことができます。

ボストン科学博物館

とにかく大きな博物館で1日中楽しめます。体験型の展示も多く、3Dデジタルシネマやプラネタリウムもあるので大人から子供まで楽しめます。

ニューイングランド水族館

この水族館の主役はジャイアント・オーシャン・タンクで世界最大級です。大きな魚や亀に加え綺麗なサンゴ礁がいろんな角度から見れるのが魅力です。

ハーバード大学自然史博物館

このは博物館でチェックしたいのはグラスフラワー(ガラスでできた植物の標本)です。本物そっくりの作品は8000点以上。滅多に見ることができないのでお見逃しなく。

ハーバード大学の学食

校舎や図書館以外は一般開放されていて自由に見学することができます。中でも食堂はハリー・ポッターに出てくるホグワーツの食堂のモデルになったともいわれています。

フェリーのクルーズ

海軍基地を回る45分のコースや歴史を学べる90分コースに加え、3月~11月限定で3時間のホエールウォッチングツアーもあります。ザトウクジラ、ナガスクジラ、ミンククジラにカマイルカなどが運が良ければみられます。

クインシーマーケット

いつも観光客でにぎわっているこのマーケットはお土産やフードコードが充実しています。ボストン名物のクラムチャウダーとロブスターロールもここで食べることができます。

ハープーン醸造所 & ビアホール

ビール好きにはおススメの観光スポットです。工場見学は当日予約のみで30分毎に受付をしています。人気スポットなので待つこともあります。時間には余裕をもって訪れてみてください。ちなみに併設しているパブでは、ツアーに参加しなくてもビールを工場で詰めている様子を見ながら ビールが飲めます。

ボストンシティーパス

9日間有効なパスで59ドルです。スカイウォーク展望台やボストン科学博物館、ニューイングランド水族館、ハーバード大学自然史博物館とフェリーのクルーズで利用できます。3箇所回るともとが取れます。

ゴーボストンカード

1,2,3,5,7日から選べて59ドルからです。41か所から選べて携帯でチケットを見せるだけで利用できるのでチケット引き換えの必要がなく便利です。行きたい観光スポットが多い方にはとてもお得なチケットです。
アメリカの中でも比較的治安が良く見どころの多いボストンはお得なカードもあって、とても観光しやすい都市です。ぜひ次の旅行のご参考にして頂けると幸いです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bm0MC21hiG0/?tagged=boston