Ifxq9vyfgqrueag9ujaq

日本

CATEGORY | 日本

なぜ日本ではチップ制度がない?その理由を解説!【2019年版】

2019.09.17

海外では一般的なチップ、ホテルやレストランで支払うことがよくあります。 日本ではチップは必要ないのでしょうか?? また、払った場合はいくらくらいが相場なのでしょうか? 今回は、日本ではチップ制度はない?相場は?などもご紹介いたします!

この記事に登場する専門家

Prs27ux7yirxq7n7doea

福岡在住ライター

saki_inoue

見たもの・感じたことを、自由で楽しく優しい文章にしています。

  1. 【日本でのチップ事情】1.チップとは?
  2. 【日本でのチップ事情】2.日本でのチップ制度
  3. 【日本でのチップ事情】3.違法?それとも失礼?渡すときと渡さないときの違い
  4. 【日本でのチップ事情】4.チップの相場はいくら?
  5. 【日本でのチップ事情】5.海外から見た日本のチップ文化
  6. まとめ
Dqt7yyus1bivvkrxwol9
引用: https://www.pakutaso.com/20170726192btc-1.html

チップというのは、表示価格とは別にサービスに対する感謝や心遣いとして、そのサービスをしてくれた人に対して渡すお金のことです。 イギリスのパブからその制度が生まれたという説もありますが、正確な情報は定かではありません。ヨーロッパをはじめ、北米やエジプトなど、かつてイギリス領土であった地域などで主に慣習とされていますが、どのサービスに対してチップを支払うのか、相場金額などは国によってさまざまで異なります。 現在の日本人には馴染みがない文化ですが、海外旅行に行った際、タクシーやレストランでチップの知識がないと、相手に対して失礼なことになったり、相手によっては怒り出す場合もありますし、チップを支払わないことが違法であることも。逆に言うと、チップを払う習慣のないところで、チップを支払うことも、違法になったり、相手に対して失礼なケースもあります。旅先でそんなトラブルが起こらないように、海外旅行に行く場合にはその国のチップの事情について事前に調べておくことをおすすめします。

Ti7ne7j9hjy1d8sg3djm
D2qkmnk8x70u2t0gojqo
引用: https://www.pakutaso.com/20170602177post-12211.html
Yrl84rwcxowaed5wl07h
引用: https://www.pakutaso.com/201706111781-27.html

日本では聞きなじみのないチップ制度。かつての日本には、実はチップ制度がありましたが、その慣習はすでに廃れており、ほとんどのところでは支払う必要がないとされています。その代わり日本では、商品やサービスの代金とは別に、サービス料というかたちで、お金を徴収されている場合があります。日本のホテルのブッフェや高級レストランに行った場合のレシートに、サービス料〇パーセントという記載がされているのを見たことはないでしょうか?海外では一般的に、レシートにはその商品やサービスの代金のみが記載されており、そこから〇パーセントかを代金とは別に、チップというかたちで支払う場合が多いです。 その理由のひとつは、良いサービスに対しては相場よりもチップをはずむという慣習がある国が多いからです。例えば、サービスが非常によく、満足だった!という場合には相場より高くチップを支払うことで、相手のサービスへの感謝を伝えます。そうすることで、担当する従業員は、より多くのチップをもらうために、より良いサービスを提供するようになります。そういったスタッフが増えれば、そのお店のスタッフの質が上がっていくというわけです。ですが日本では、一部の高級ホテルやレストランのみが、決まった割合で自動的に会計にサービス料を含んだ請求をします。以上のことから、日本はチップを支払う必要がない国であるとされていますが、本当に日本でチップは払わなくても良いのでしょうか?結論としては、日本でチップを支払わなければならないというルールはありません。ですがもちろん、チップを支払ってはいけないというルールもありません。日本のチップ文化についてもう少し深堀していきましょう。

Oqzvfxwmilox2to6vmrk
Eqrojjbwqy2u2cf9tx2d
引用: https://www.pakutaso.com/20170717192post-12447.html
Gkpah5bei9oeyuicmosq
引用: https://www.pakutaso.com/20170602177post-12211.html

渡したら違法!渡さなかったら失礼! と一概にルールがあるわけでもなく、混乱してしまう人も多い日本のチップ制度。日本のホテルの場合だと、一律で10パーセントのサービス料を請求されています。ですが、そのホテルのサービスがすごく良かったり、担当してくれたスタッフの対応が素晴らしい場合に、チップというかたちで気持ちを表したい!と思う人も多いはず。 日本は海外と違って、そのままの現金を相手に渡すことは失礼にあたります。感謝の気持ちとして相手へお金を渡す場合は封筒などに入れて渡すとよいでしょう。 きちんと体制を整えているホテルでは、チップをもらうこと自体を禁止している場合もあり、断られることもあります。ですが、きちんと理由を説明すれば、受け取ってもらえることもありますので、渡すときは感謝の気持ちを伝えながらにするといいかもしれません。後日ホテルからお礼の手紙が送られてきた!なんてこともあるようです。 他にも、直接お礼を伝えたり、アンケートに書き込んだり、チップを渡す以外の方法で、感謝の気持ちを伝えることができるでしょう。

Dygrmjyvizxq4ht6m13l
引用: https://www.pakutaso.com/20150341084post-5330.html
Bcjh1oagd4yabya8qjlj
E9logmecvd6tahyqj8ev
引用: https://www.pakutaso.com/20180417102post-15922.html

日本には基本的にチップの習慣がないので、相場の金額というものもこれといって決まっていません。ですがホテルやレストランでは、10パーセント程度が一般的なサービス料なので、それを基準に考えるのも良いでしょう。 また、支払った料金の〇パーセントと一概に決めずとも、数千円を封筒や袋に入れて渡しても何の問題もありません。その感謝の気持ちが相手に伝われば、金額がいくらかを気にする人はいないのではないでしょうか。 先ほども記載した通り、大切なのは「感謝の気持ち」を伝えること。 サービスに対する感謝を伝えるには、「いくらチップを渡すか」よりも「どうやって伝えるか」のほうが大切かもしれませんね。

Vd9aebympu6qpehqcldi
引用: https://www.pakutaso.com/20171223341post-14413.html
Vshrztclhongmtajsnkm

チップの文化がある国の人から見ると、日本にチップの習慣がないことはとても新鮮に映ります。海外から日本に来た旅行者の中には、チップを渡そうとして、店員さんに頑なに断られたり、チップとしてホテルの部屋やレストランの席にお金を置いていたのに、忘れ物だと思われてお店の人がそのお金を返しに来た!というような経験をした人も少なくないようです。また、日本でチップを渡すことは相手に対して失礼だと思っている海外の方もいます。チップをもらえるわけではないのに、丁寧なサービスを提供する日本人スタッフに感激した、という海外の方も多くいるようです。「郷に入っては郷に従え」と言いますが、それぞれの国のチップ文化を学びながら旅行することで、その国への理解を深めて、お互いがさまざまな文化を受け入れ合えるようになると素敵ですね。

Ufexcqgkuep6eabrbdlp
Kxcyasaaczhtq0qo1xah

以上、これまで日本や海外でのチップ文化についてご紹介してきました! 冒頭にご説明した通り、国によってチップに関する慣習が大きく異なります。旅行に行った国では、その国のチップ制度に従わなければならないように、エチケットとしてチップの習慣についても念頭に入れておきましょう。 逆に相場以上にチップを要求してきたり、払う必要のない時にチップを要求された際はもちろん支払う義務はありません。 いわゆるぼったくりに合わないように、チップの相場やチップを渡すタイミングを、旅行前に十分に理解しておくことが必要です。まず最初に日本のチップ文化を知ってから、各国のチップ制度について学ぶことで、その国への理解がもっと深まり、すてきな旅行になること間違いなしですね。

Sbfihcwcqmhhsuishmyq
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/20170602177post-12211.html