Tzsbj3xgvjwpakgwtjxv

大阪

CATEGORY | 大阪

堺の人気スイーツランキング4【2018年度版】~お土産もご紹介♪~

2018.08.24

堺市は、大阪第二の人口を誇る政令指定都市。前方後円墳の仁徳天皇陵でも知られています。また、茶人・千利休の生誕の地でもあり、今なお、和テイストのスイーツの名店が多い街でもあります。今回は、ぜひお土産にしたい堺のスイーツをランキング形式でご紹介します。

  1. 堺の人気スイーツ・おすすめランキング第4位『曽呂利のそロール』ー和洋折衷のシンプルなケーキ
  2. 堺の人気スイーツ・おすすめランキング第3位『千利休の郷「香(かほり)ちょこ」』ー絶品抹茶生チョコレート
  3. 堺の人気スイーツ・おすすめランキング第2位『くるみ餅』ー語源は「包(くる)んだ餅」
  4. 堺の人気スイーツ・おすすめランキング第1位『一心堂のフルーツ大福』ー圧巻のバリエーション
  5. 最後に・・
「曽呂利(そろり)は、ザビエル公園のすぐそばにある有名店。
スポンジの甘みには氷砂糖とフランス製蜂蜜のみを使用。 生クリームはタカナシ乳業のものを使用し、丹波大納言と氷砂糖を合わせてつぶつぶ感を残した餡が特徴。 膨張材・乳化材等の添加物は一切使わない、安心安全が自慢の一品です。

生クリームと丹波大納言のコラボレーション。和洋折衷のお菓子で、子どもからご年配の方まで、どなたのお土産にしても喜ばれそう。ただ、賞味期限が製造日当日ですので、ご家族へのお土産限定となりますね。1本1728円(税込)。

曽呂利の看板商品「大鏡」

写真は、曽呂利の看板商品「大鏡」。八咫鏡(やたのかがみ)をモチーフにした白あんのお菓子。2個入り584円(税込)。生菓子やゼリー、赤飯、もなか、わらび餅など、和菓子を中心としたバリエーション豊かな品ぞろえが自慢のお店です。

「曽呂利」詳細情報

店名:曽呂利 本店/住所:大阪府堺市堺区宿屋町西1丁1-1/電話番号:072(238)6504/営業時間:8:30~19:00(日祝は~18:00)/定休日:年始(1月1日・2日)/交通アクセス:阪堺電気軌道 妙国寺前駅西側
「香(かほり)ちょこ」は、地元の茶屋「つぼ市製茶本舗」の抹茶と、ベルギー産の高級チョコレートを使った抹茶味の生チョコレート。堺の伝統工芸品、手染めの風呂敷のラッピングで、お土産にもおすすめ。ホテル・アゴーラ リージェンシー堺1階の「ファゴット」で販売されています。

「ホテル・アゴーラ リージェンシー堺 ベーカリー&パティスリー ファゴット」詳細情報

店名:ベーカリー&パティスリー ファゴット/住所:大阪府堺市堺区戎島町4-45-1・ホテル・アゴーラ リージェンシー堺 1階/電話番号:072-224-1121/営業時間:10:00~20:00/定休日:年中無休/交通アクセス:南海線「堺駅」西口に直結

抹茶スイーツが充実のお店

「つぼ市製茶本舗」は、千利休のふるさとである堺の老舗茶屋。喫茶スペースと売店にわかれています。こちらの抹茶アイスは「2013年度 大阪発・グルメ女子が選ぶお取り寄せランキングイベント」の総合グランプリ受賞のスイーツ。さまざまな抹茶のスイーツを、町家をリノベーションした落ち着いた店内で楽しむことができます。併設の売店では、お茶やお菓子などのお土産が購入できます。

「つぼ市製茶本舗」詳細情報

店名:つぼ市製茶本舗/住所:大阪府堺市堺区九間町東1丁1-2/電話番号:072-227-7809/営業時間:物販10:30~18:00・喫茶11:00~18:00(ラストオーダー17:30)/定休日:火曜(祝日は営業)、年末年始/交通アクセス:阪堺電車神明町駅徒歩1分
堺の名物「くるみ餅」。「かん袋」の創業は鎌倉時代末期。ユニークな店名の名付け親は、豊臣秀吉だそうです。
こちらの「くるみ餅」は「包み餅」。青大豆で作られた餡で白玉を「包んだ(くるんだ)」ものであることから、「くるみ餅」という名前になったのだそうです。胡桃をつかっているわけではないんですよ。

行列のたえないお店「かん袋」では、「くるみ餅」のうえに氷をのせた「氷くるみ餅」も人気。氷くるみ餅・くるみ餅(シングル)350円、ダブルは700円です。売り切れ次第終了となりますので、お早めに。

「かん袋」詳細情報

店名:かん袋/住所:大阪府堺市堺区新在家町東1-2-1/電話番号:072-233-1218/営業時間:10:00~17:00(売り切れ終了)/定休日:火・水曜日(祝日は営業)/交通アクセス:阪堺電車寺地町下車徒歩3分

「八角堂」も人気です!

「八角堂」もくるみ餅のお店。こちらは、お餅を金時餡でくるんだ「金時くるみ餅」もあります。あんは、北海道十勝産の高級小豆を使用。テイクアウト、イートインともに、くるみ餅300円、氷くるみ餅330円。

「八角堂」詳細情報

店名:八角堂/住所:大阪府堺市堺区神石市之町19-2/電話番号:072-261-8919/営業時間:10:00~18:00/定休日:火曜日(祝日は営業)/交通アクセス:南海バス神石橋停留所南(橋側)へ約50m
「フルーツ大福」は、一心堂の看板商品です。定番のいちごのほか、スイカ、もも、モンブラン、みかん、メロンなど圧巻のバリエーション。すべて季節商品となっています。

伝統的な和菓子もそろっています!

羊羹や、きな粉餅、もなかなどの、伝統的な和菓子もそろっています。丹波大納言、北海道産手ぼう豆、富田の水、ヨード卵・光など、素材にもとことんこだわっています。

「一心堂」詳細情報

店名:一心堂 本店/住所:大阪府堺市東区日置荘原寺町19-7/電話番号:072-285-6798/営業時間:AM9:00~PM7:00/定休日:水曜日/交通アクセス:南海高野線「萩原天神駅」徒歩5分
Ijsszuziqqnlc4wobaau
引用: https://www.flickr.com/photos/kusu0715/4083107182/
Pse2mmx53fooiqcwwnjn
引用: https://www.flickr.com/photos/enishi-kyoto/4674834644/
和菓子 阪堺線の宿院停留場を中心に花田口停留場から御陵前停留場にかけて、肉桂餅・けし餅・大寺餅・天神餅・くるみ餅など老舗の和菓子屋が数多く集まっている。阪堺線浜寺駅前には浜寺公園の松に由来する明治時代からの銘菓・松露だんごがある。

堺市は、茶人・千利休のゆかりの地だけあって、日本茶に合う和の銘菓が多いのが特徴です。もちろん、老舗の名店も多く、お土産に困ることもありません。レベルの高い和菓子の老舗が、狭い範囲に軒を連ねています。堺、和菓子食べ歩きの旅はいかがでしょうか。※掲載の情報は2018年8月現在のものとなります。最新の情報は公式サイトをご確認ください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmslWKaA_W4/?