Uuw5bitmx0yoj8ui34qt

静岡

CATEGORY | 静岡

【2019年完全版】静岡県観光のおすすめ旅行プランをまとめてご紹介!

2019.09.02

首都圏からほど近い静岡県。言わずと知れた日本一の高さを誇る富士山をはじめ、旅行客に人気の伊豆や熱海の温泉地、駿河湾や相模湾の自然を生かした観光地など、海にも山にも見どころ・観光スポットが満載です。そんな静岡県のおすすめ旅行プランをご紹介します!

この記事に登場する専門家

Fydxzqygbxprbhozrwbo

人生を旅するライター

HARU

6回の転勤を利用して旅を楽しむサラリーマンがおすすめ観光スポットをご紹介します。

  1. 目指せ頂上!富士山へ登る旅行プラン
  2. 眺めてよし!静岡県で富士を見る旅行プラン
  3. 空を歩いてるみたい!大吊橋を渡る旅行プラン
  4. 歴史を満喫!修善寺で温泉街観光する旅行プラン
  5. 東海の名城、掛川城を巡る旅行プラン
  6. 夕陽の町、西伊豆を巡る旅行プラン
  7. 歩いて楽しい!熱海を散策する旅行プラン
  8. 大人も子供も!大井川鐡道旅行プラン
  9. おんな城主直虎ゆかりの地を巡る旅行プラン
  10. 静岡県で春先取り!河津桜を愛でる旅行プラン
  11. まるで楽園!南伊豆で熱帯魚に会う旅行プラン
  12. まとめ:静岡県へ旅行に行こう!

静岡県が誇る、日本一の富士山。一度は登ってみたいものですね。 ここでは、富士登山の初心者向けモデルコースをご紹介します。

一度は登ってみたい静岡県が誇る日本一の富士山

静岡県の様々な場所から見ることができる、富士山。一生に一度は登ってみたいという方も多いのではないでしょうか。富士山には4つの登山ルートがあります。くれぐれも、登山時には計画と準備を念入りにしてのぞみましょう。

Yh8enqdweaqnqvrnhfe7
引用: https://www.instagram.com/p/BfhqimFHE9F/?tagged=%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%B1%B1

山頂でご来光を見るモデルコースを一例挙げます。AM9:00頃を目指して吉田ルート5合目へ。しっかり体を慣らした後、AM11:00頃登山開始。夕方頃8合目の山小屋へ到着します。ここで休憩・仮眠をとり、AM0:00頃から再び山頂目指して登り始め、山頂で待機、ご来光を拝むコース。下りは、御殿場ルートの大砂走りで駆け降りるのもおすすめです。

I4ygyfc33achuazdj9vn
引用: https://www.instagram.com/p/Be5KQn2h3BW/?tagged=%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E7%99%BB%E5%B1%B1

下山時のお楽しみ、富士山周辺の日帰り温泉

下山後は、疲れきった体を癒してくれる温泉に立ち寄って帰るのが定番コース!富士山周辺には、仮眠が取れるスペースのある日帰り温泉施設もたくさんあります。登ってきた富士山を眺めながら入る温泉は本当に最高ですよ!

静岡県のシンボルともいえる富士山。ここでは、美しい富士山の姿を楽しむ旅行プランをご紹介します。

世界遺産の景勝地で観光、三保の松原

日本三大松原の一つに数えられ、世界文化遺産にも登録された三保の松原。天女が舞い降りたとされる羽衣伝説の残る古松も残っています。海岸線の向こうに見える富士山は浮世絵さながらの美しい眺望が広がっています。海岸沿いにサイクリングロードが整備されているので、旅行の際にはレンタサイクルで付近をめぐってみるのもおすすめです。

J7skt14xp8lwkzqnvwnh
引用: https://www.instagram.com/p/Bfe9Mg7npdq/?tagged=%E4%B8%89%E4%BF%9D%E3%81%AE%E6%9D%BE%E5%8E%9F

新しくなった駐車場から松林を抜け、海岸に向かう途中に、天女が羽衣をかけたとされる「羽衣の松」があります。伝説によると、ある漁師が一本の松にかかっていた美しい羽衣を見つけ、それを漁師が持ち帰ろうとしたそうです。天女は羽衣を返してもらう代わりに、羽衣を身にまとい舞いを披露することになりました。そして、そのまま天女はふわりふわりと天に昇り、そのまま霞にまぎれて富士のほうに消えて行ったと伝えられています。松の香りでとても癒される場所です。

Muwnrl23bb1g9kzzhjjk

眺めの良さは日本一!?の日本平

「日本平ホテル」は富士山からその眼下に広がる駿河湾を一望できる丘陵に位置する高級ホテルです。「日本平ホテル」で一幅の絵を見るような絶景を眺めながら優雅にランチやアフタヌーンティーを楽しむのもおすすめです。

Obuyljy9eb0xb5kgrs4z

2018年11月にオープンした日本平夢テラス。3階建ての施設と1200平方メートルの広大な庭があります。1周約200mの展望回廊からは富士山や駿河湾、静岡市内そして南アルプスまで見渡すことができます。まさに360度見渡せる大パノラマの絶景です。「日本平ホテル」のすぐ近くにあります。

Zv0fnv76eng2s78ko46a

富士山も動物もド迫力!富士サファリパーク

世界中からやってきたさまざまな動物たちがのびのびと暮らしている富士サファリパーク。富士山を背景に、サファリゾーンでは、マイカーやジャングルバスで動物たちを間近で見ることができ、ふれあいゾーンでは、かわいい動物たちと触れあったりエサをやることができます。

ジャングルゾーンに2017年に登場した「スーパージャングルバス」では、天井部分も金網仕様。頭上に猛獣たちがやってくる!という日本初の体験ができますよ。こちらは完全web予約制なので、乗ってみたい方は予約を忘れずに!

静岡県の大パノラマをいっぱいに満喫できる、三島スカイウォーク。ここでは、三島スカイウォークからほど近い山中城跡もあわせてご紹介します。

静岡県の新名所、日本一長い歩行者専用吊橋、三島スカイウォーク

2015年に誕生した静岡県の新名所、三島スカイウォーク。全長400mの長さを誇り、歩行者専用の吊橋としては日本一の長さなんだとか。橋の上からは、富士山・駿河湾・伊豆の山並みまで、静岡県が誇る絶景を一望できます。園内にはカフェもあるので、旅行の途中の休憩スポットにも最適。ドッグランもあるので、ワンちゃん連れの旅行の際に立ち寄るのもおすすめです。

Dtuk8zrqiptzqm6etben
引用: https://www.instagram.com/p/BfgDk3tjbhJ/?tagged=%E4%B8%89%E5%B3%B6%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF

古城に思いをはせる山中城跡

三島スカイウォークから車で10分ほどの場所にあるのが、特徴的な「障子堀」「畝堀」が美しい山中城跡です。石を使わず、土だけで築かれた山城は全国的にも珍しいのだとか。天守閣や建造物は残っていませんが、特徴的な堀は一見の価値あり。北条氏により築かれ、豊臣軍の前にわずか半日で落城したといわれる山中城。在りし日の姿に思いをはせてみては。

Dt7wusdrygtomwstdayv
引用: https://www.instagram.com/p/BTsFpSbhe93/?tagged=%E5%B1%B1%E4%B8%AD%E5%9F%8E%E8%B7%A1

沢山の温泉がある伊豆半島の中でも最古の歴史を持つのが修善寺温泉。ここでは、"伊豆の小京都"修善寺温泉の見どころをご紹介します。

見どころいっぱい、"伊豆の小京都"修善寺

修善寺エリアの中心に位置するのが「修禅寺」。空海(弘法大師)により807年に創建され、修善寺の地名の由来ともなっています。その前を流れる桂川には5つの橋が架かっており、良縁祈願の「渡月橋」・恋愛成就の「虎渓橋」・結婚祈願の「楓橋」・子宝祈願の「桂橋」・夫婦円満の「滝下橋」と、それぞれ恋にまつわるご利益があるのだとか。

O7jzpreop3p95kfm0rvb
引用: https://pbs.twimg.com/media/CJh1dRlUYAAhEYO.jpg:large

空海が噴出させたという伝説の残る、修善寺温泉発祥の地「独鈷の湯」では、足湯で手足を温めることができます。"伊豆の小京都"の風情を味わうなら、桂川沿いの「竹林の小径」の散策もおすすめ。夜にはライトアップもされるそうです。

そのほか、修善寺温泉周辺には子宝祈願の「子宝の杉」がある「日枝神社」、北条政子が子である源頼家を弔うために建立した「指月殿」など、観光で訪ねてみたいスポットが盛り沢山。ぶらりと散策してみてはいかがでしょうか。

修善寺が誇る老舗旅館

修善寺温泉には、510年余りの歴史を持つ日本最古の旅館といわれている「あさば」のほか、文豪・夏目漱石が訪れた「湯回廊 菊屋」、国の登録文化財に指定された「新井旅館」などの老舗旅館が名を連ねています。修善寺を訪れる際は、老舗旅館で寛ぐのもよいですね。

Nbi7rchqyf5sxut1zrip
引用: https://www.instagram.com/p/BfJc-lgHfdf/?tagged=%E6%96%B0%E4%BA%95%E6%97%85%E9%A4%A8

貴族的な外観を持つ掛川城

歴史やお城好きの方にお勧めなのが掛川城。掛川城は、東海の名城と呼ばれた室町時代を代表する城のひとつです。嘉永7年(1854年)東海地震によって大半が破損しましたが、平成6年(1994年)に日本で初めて本格的に木造による天守閣の復元が行われ、当時の趣が感じられます。外から見ると3層ですが、実際の内部は4層になっていて、武将山内一豊が創建した姿に近い城と云われています。

Sr4vemzuyg3vajkalai1

展示物を見た後、3階の天守閣まで登る事ができる急な階段があり、最上部まで登り切ると10畳ほどの部屋にたどり着きます。天守閣に上がると城内周辺の様子や掛川市内を望む眺めを楽しむ事ができます。専門のガイドさんがくわしく案内をしてくれます。

Eezjnooln1ax5ybjjlpu

美しい夕陽が有名な西伊豆。ここでは、多くの観光客を魅了する西伊豆の景勝地をご紹介します。景色を楽しんだ後は、海に沈む夕日を眺めながらゆったり温泉に浸かるのもおすすめです。

洞窟をめぐる遊覧船で堂ヶ島観光

独特の景観が美しい堂ヶ島を味わうなら遊覧船がおすすめ。リアス式海岸の複雑な地形と点在する島々を縫うように進みます。洞窟探検のようでスリルも満点。天井から美しい光が降り注ぐ「天窓洞」は必見です。

Ocmyypu6v2hecmw1npwg

堂ケ島洞くつめぐり遊覧船を運営している堂ヶ島マリン。神秘の洞窟へ入ると中央は天井が丸く抜け落ちていて、天窓から洞くつ内に光が射しこんでます。季節や時間によって水の色が様々に変化し、何度見ても感動しますよ。

Mdn8a1voutkmd1pljnig

夕陽に輝く黄金崎観光

富士山と駿河湾を一望できる黄金崎。夕暮れ時、夕陽を浴びて黄金色に輝く岩肌と、海に沈む夕日は一見の価値あり!

静岡県を代表する温泉地といえば、首都圏からも近い熱海。散歩がてら街を歩いてみると、いろいろな発見がありそう。ここでは、熱海のおすすめ観光スポットをご紹介します。

食べ歩きや日帰り温泉、熱海の温泉街観光

熱海の温泉街を訪れたら、街を散策してみるのがおすすめです。「熱海七湯」といわれる源泉が湧き出るスポットを巡ってみたり、駅前の足湯で温まったり、海岸沿いを散歩したり、商店街で食べ歩きをしてみたり。徳川家康が浸かったことから"出世の湯"とも言われる「日航亭 大湯」で日帰り入浴するのもいいですね。

樹齢2千年の大楠からパワーをもらう来宮神社

熱海で有名な観光スポットといえば「来宮神社」。全国2位の巨樹と認定されている、樹齢二千年の大楠からパワーをもらいましょう。来福・縁起の神として古くから信仰されており、近年はパワースポットとして女子に人気が出ているようです。

沿線の景色は見どころたっぷり、電車好きの子供たちに大人気のトーマス号も走っている大井川鐡道。ここでは、鉄道ファンに人気の大井川鐡道をご紹介します。

SLに乗って景色を楽しむ大井川観光

全国に先駆けて蒸気機関車の動態保存を行った大井川鐡道では、4両のSLがほぼ毎日運行しています。沿線には家山の桜のトンネル、寸又峡・夢の吊り橋、奥大井湖上駅など、見どころも盛りだくさん。鉄道ファンでなくても乗って満足、見て満足の路線です。

島田市川根町には大井川に架かる鉄橋を走るSLを眺めることが出来ます。1日12:30と15:30に下りと上り、一本ずつ通過するタイミングを計って多くのカメラマンがベストショットを狙って待ち構えています。

Q2yj8b1our85wv72kr7o

SLが見える露天風呂温泉として有名な川根温泉ふれあいの泉。源泉掛け流しの天然温泉に加え、温水プールや岩盤浴、サウナなども完備しています。専用露天風呂が付いたコテージもあります。SLを眺めた後には、ゆっくり温泉に浸かってリラックスしましょう。

Kj0tg6hx7k2hl4roxzbw

電車っ子が大喜びのトーマス号&ジェームス号

鉄道好きの子供たちに大人気のきかんしゃトーマス。大井川鐡道では、トーマス号・ジェームス号が運行しています。そのほかにも、パーシーやヒロなど仲間たちにも会えます。トーマス好きなお子さんと静岡県を旅行する際にはぜひ足を延ばしてみてください!

2017年のNHK大河ドラマ、おんな城主直虎の舞台となったのが、静岡県浜松市。ここでは、浜松周辺の直虎ゆかりの地をご紹介します。

大河ドラマの中心、直虎が眠る龍潭寺

大河ドラマの中で、直虎のよき相談役として描かれていた南渓和尚の寺院、龍潭寺。ここには井伊家代々の当主が眠る墓所もあります。その歴史は古く、奈良時代、行基によって開創されたと伝わっているそう。国指定名勝となっている庭園、鴬張りの廊下なども必見です。

井伊家初代出生の井戸

ドラマ中にもたびたび登場した井戸。龍潭寺のすぐ前に、井伊家初代、共保公が出生したとされる伝説の井戸があります。龍潭寺に訪れるならこちらにも足を延ばしてみましょう。

竜宮小僧の伝説が残る久留女木の棚田

美しい棚田が広がる浜松市西部の久留女木地区。「日本の棚田百選」にも選ばれています。井伊家の庇護のもと開墾が進んだと伝わっており、ドラマ中では"井伊家の隠し里"としてロケにも使われました。この地に流れる都田川には、竜宮に通じているとされる淵があり、「竜宮小僧の伝説」が今も語り継がれているとのこと。一度訪れてみてはいかがでしょうか。

毎年、一足早く春の訪れを告げてくれるのが、静岡県賀茂郡河津町に咲く早咲きの桜です。例年2月上旬から3月上旬までの約1ヶ月間が見ごろで、多くの観光客がこの地を訪れます。

一足先に春が来る、河津桜まつり観光

河津桜の開花に合わせて、毎年桜まつりが開催されています。B級グルメや舞台での様々なパフォーマンスを楽しむことができます。また、期間中は夜のライトアップも行われていますので、夜桜を楽しみに訪れてみるのもおすすめです。

静岡県では、まるで南の島のような熱帯魚に出会うことができます。ここでは、その中でも特に美しい、秘境「ヒリゾ浜」をご紹介します。

南伊豆の秘境、ヒリゾ浜

南伊豆、石廊崎と中木の境に位置するヒリゾ浜。半島の先端にあり、切り立った崖に囲まれていることから、船でしか行くことができません。伊豆半島の中でも最も水の美しいこの場所は、ダイビングやシュノーケリングにぴったり。夏のシーズンには海水浴客向けの船が運航しています。

いかがでしたでしょうか。静岡県には、山・海・温泉・その他観光スポットが満載です。お気に入りの場所を見つけたら、早速静岡県への旅行へ出発しましょう!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BfdOivPBsuh/?tagged=%E9%9D%99%E5%B2%A1