Iuh0daoj5b4kdfg2wcxf

オランダ

CATEGORY | オランダ

オランダの治安情報は?旅行前にチェック!【2018年度版】

2018.08.27

色彩豊かなチューリップ、とんがり帽子の民族衣装やアムステルダムの街並みが素敵なオランダ。自由な国風でフレンドリーな人が多いのも特徴ですが、そんなオランダの治安はどのようになっているのでしょうか。今回はそんなオランダの治安情報をご紹介します。

  1. オランダの治安情報①ヨーロッパの中でも比較的安全!
  2. オランダの治安情報②スリ・盗難対策をしっかりしよう!
  3. オランダの治安情報③コーヒーショップには注意!
  4. オランダの治安情報④飾り窓地区には気を付けて!
  5. オランダの治安情報⑤写真撮影をするときの注意点!
  6. オランダの治安情報まとめ
オランダは麻薬が売春が合法とされている国ですので、治安が悪いと思われがちですが、ヨーロッパの中では比較的治安がよく、安全に観光が楽しめます。経済的にも安定しており、犯罪の少ない国です。といっても、オランダには移民も多くスリや強盗、観光客を狙った犯罪は少なくありません。
また、麻薬や売春が合法とされていますので、風俗街や麻薬を販売していたりする柄の悪い地域には特に注意しましょう。ヨーロッパ内では比較的安全とはいえ、対策と注意は必要です。万全の対策をしてオランダ旅行を楽しみましょう。
他の地域に比べてもオランダは犯罪が少ないといわれています。しかし、観光地などには必ずスリや置き引きといった観光客を狙った犯罪が潜んでいることも多く、治安の悪い場所もあります。特に、日本人のパスポートはヨーロッパ諸国へビザなしで行けるため、狙われることが多いです。パスポートだけでなく、日本観光客は多額の現金を持っていると思われているため、財布にも十分注意してください。
また昨今増えているのが、楽しく飲み物を飲んでいる際に隙を見て飲み物に睡眠薬などを入れられるケースです。そして朦朧としているときに盗難や犯罪に合うのです。オランダは自転車大国ですが、自転車のサドルやタイヤを盗まれることも多いので、十分注意してください。
オランダで一番気を付けたいのが「コーヒーショップ」です。喫茶店だと勘違いしがちな名前ですが、これらは合法麻薬を扱うお店です。オランダでは、軽微な一部の麻薬が合法として取り扱われています。戸外での使用は禁じられていますが、「コーヒーショップ」の中では許されています。ですので、オランダで「コーヒーショップ」を見つけても入らないようにしましょう。
店内には、良識的なひともいないわけではありませんが、基本的に雰囲気がいいとは言えず、柄の悪いひとも多いため、近寄らないのが賢明です。間違って入店してしまったときはするに退出しましょう。
首都・アムステルダムには飾り窓地区という観光地があります。昼夜問わず多くの人々で賑わいますが、この地区は観光地ではあるものの風俗街です。昼でも半裸で客引きをする女性がいたりします。オランダは非常に性に自由な国で、売春が合法化されています。この飾り窓地区では夜になると暗闇に光るネオンが蠱惑的で、ガラス窓の奥に女性たちが立っています。
非常に刺激的だと人気の観光地ですが、治安はあまり良いとは言えません。風俗街ということもあり、柄の悪いひとも多く見られるようです。また、観光客狙いのスリや盗難も増加しています。女性の一人歩きは絶対にやめてください。複数人であっても細心の注意を怠らないようにしましょう。
写真撮影は旅の醍醐味のひとつですよね。ですが、外国であるということを頭にいれて注意して写真を撮らないと思わぬトラブルに発展することもあります。オランダは、観光客であっても軍関連のものを撮影することは禁止されています。軍関連施設にカメラを向けるこそも許されません。
また、飾り窓地区で女性が客引きしているところを撮影したりするのもおすすめできません。珍しいエリアなので、写真を撮りたくなってしまうかもしれませんが、飾り窓地区には麻薬の売人や犯罪者など柄の悪いひとも多く行き交うため、思わぬところで命に係わるトラブルに発展しかねません。写真を撮るときには細心の注意をはらいましょう。
ヨーロッパ内では比較的安全だといわれるオランダですが、麻薬と売春が合法化されており、移民も多いためスリや盗難が多いことがわかりました。また、麻薬を扱う「コーヒーショップ」や飾り窓地区には十分に注意しましょう。万全の対策を立てて、オランダ旅行を素敵なものにしてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bl72CLEBjw-/