Fs3bahpx19x84dflgnqc

兵庫

CATEGORY | 兵庫

淡路島へ一人旅♪【2018年度版】~おすすめのスポット・ホテルご紹介~

2018.08.27

淡路島を一人旅しようとお考えの方必見!一人旅におすすめの淡路島の観光スポット、そしてホテルをご紹介していきます。一人だからこそのんびりと満喫できるスポットばかり。また、贅沢を味わえるホテル、リーズナブルなビジネスホテルをそれぞれご紹介していきます。

  1. 淡路島の一人旅でおすすめのスポット1.「あわじ花さじき」
  2. 淡路島の一人旅でおすすめのスポット2.「絵島」
  3. 淡路島の一人旅でおすすめのスポット3.「淡路梅薫堂 江井工場」
  4. 淡路島の一人旅でおすすめのホテル1.「ホテルニューアワジ」
  5. 淡路島の一人旅でおすすめのホテル2.「アワジ花ホテル」
  6. まとめ
花の島としても知られる淡路島。そんな淡路島にある花の名所が「あわじ花さじき」です。広大な敷地に花が咲き誇る姿を見ることができるスポット。季節によって違った景色が見られるので、何度でも訪れたい観光スポットでもありますよ。
春には菜の花やリナリア、ポピー、夏になるとひまわりやブルーサルビア、そして秋から冬にかけてコスモスやストックなどが咲く姿を楽しむことができますよ。一人だからこそ、美しい景色をずっと見て、そして気が済むまで写真におさめるなんて時間を過ごすのも贅沢ですね。春夏秋冬いつ来ても楽しめるスポットなので、ぜひ淡路島を訪れた際には足を運んでみてくださいね。
もともとは陸続きだったと伝わる「絵島」。砂岩でできている島なんですよ。神話にあるイザナギとイザナミがつくったオノコロ島は、ここではないのかという説もあるほど。そんな神聖な雰囲気を味わえる「絵島」は、淡路島に訪れたならぜひ見ておきたいスポットでしょう。
「絵島」は遠くから見るだけでなく、実際に橋を渡って上陸することができるんです。不思議な模様をしている岩肌を間近で観察してみてください。一人だからこそ、この不思議なスポットを思う存分満喫しちゃってくださいね。そんな「絵島」は、岩屋港から近いので、アクセスも便利。また、車で淡路島を観光する予定の方は、神戸淡路鳴門自動車道の淡路インターから3分ほどで到着することができますよ。
淡路島はお線香の製造が盛んにおこなわれているのをご存知でしたか?そのため、淡路島のお土産にお線香をはじめ、お香や匂袋を購入する女性が多いんです。ですが、「淡路梅薫堂 江井工場」ではお土産を購入するだけでなく、実際にお香や匂袋をつくることができちゃうんです。季節関係なく、寒い冬でも訪れることができるスポットなので、要チェックですよ。
自分のお気に入りの香で作ることができるので、自分用や大切な方へのお土産にぴったり。ぜひ体験してくださいね。ちなみに、体験をするには事前に予約をする必要がありますので、忘れずに予約をしておくようにしてくださいね。工場見学もできるので、あわせて堪能してください。
贅沢な淡路島一人旅をしたいという方におすすめしたいホテルが「ホテルニューアワジ」です。落ち着いた雰囲気を味わえる和室でのんびりと寛ぐのもいいですが、ぜひリラクゼーションを利用してみましょう。女性ならキュンとしちゃいそうなフラワーバスやフェイシャルやボディエステを受けることができますよ。一人旅で女子力を上げちゃいましょう!
館内には、広々とした浴場のスパテラスがあるので、温泉を思う存分満喫してください。また、ティーラウンジではスイーツを堪能することもできますよ。夜は、ナイトラウンジを利用するのもあり。ぜひ、館内施設も利用して満喫してくださいね。
宿泊施設はリーズナブルな価格で利用したという方は「アワジ花ホテル」を利用してみてはいかがでしょうか。もちろんシングルルームもあるので、一人でも落ち着いた雰囲気で過ごすことができますね。また、「アワジ花ホテル」の魅力は、朝の軽食が無料でいただけること。数種類用意してあるパンとコーヒーが無料!これは嬉しいですね。さらに足をのばして入浴できる内湯もあるので、利用してもいいかも!
淡路島を一人旅する際に足を運びたいスポットやホテルをご紹介してきました。女性の一人旅でも安心して観光できるところばかり。また、冬でも楽しめるスポットばかりなので、季節問わず淡路島に足を運んでいただけますよ。ぜひこれを参考に淡路島一人旅を満喫してくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Awaji_Balcony_flower_in_2013_11.JPG