Dknsncbzdrzzzimd1qdh

和歌山

CATEGORY | 和歌山

和歌山のキャンプスポット厳選8【2018年度版】~絶景・海・コテージ~

2018.08.28

海あり、山あり、川あり、無人島ありの和歌山県。自然に恵まれた和歌山は、おすすめのキャンプ場が数多くあります。海を臨む絶景のキャンプ場もあれば、木の香りただよう山間のコテージタイプのキャンプ場もあります。利用者にはさまざまな選択肢が広がります。

  1. 和歌山のキャンプ場について
  2. 和歌山のキャンプ場①『白崎海洋公園オートキャンプ場』ーまるでヨーロッパのリゾート地にいるよう
  3. 和歌山のキャンプ場②『南紀串本リゾート大島』ーアクティビティが充実!
  4. 和歌山のキャンプ場③『休暇村紀州加太オートキャンプ場』ー素敵な5つのポイントあり
  5. 和歌山のキャンプ場④『アイリスパークオートキャンプ場』ー「女神の湯」が利用可能
  6. 和歌山のキャンプ場⑤『無人島:地ノ島』ー気軽で行ける和歌山の無人島
  7. 和歌山のキャンプ場⑥『一枚岩自然公園キャンプ場』ー国の天然記念物一枚岩が圧巻!
  8. 和歌山のキャンプ場⑦『生石高原キャンプ場』ーススキが揺れる秋がおすすめ!
  9. 和歌山のキャンプ場⑧『小又川バンガロー』ー龍神温泉の近くのキャンプ場
  10. 和歌山のキャンプ場のまとめ
Cwnqastomf0paaq4a5wn
引用: https://www.flickr.com/photos/74914875@N05/24169800319/
さまざまな美しい景観が楽しめる「和歌山」。風光明媚な場所で海や川を眺めながら最高のキャンプが楽しめます。そんな和歌山ですが、大阪からのアクセスも抜群。気軽に非日常を体験することができます。
Ye5jcewwe6foi6ke9oyu
引用: https://www.flickr.com/photos/yto/3760927597/
和歌山には数多くのキャンプ場があります。海、山、川と利用者は選び放題。コテージタイプもあれば、自分でテントを張るテントサイトもある。手ぶらでバーベキューを楽しめる施設も増えてきましたので、キャンプはますます手軽で楽で、楽しいものになってきています。
Wncd4k7hlsuqm9tslzcy
引用: https://www.flickr.com/photos/gufutoku/10291344246/
「白崎海洋公園オートキャンプ場」は、日本のエーゲ海とも称される由良町に位置するキャンプ場。目の覚めるような海の青と白く輝く海岸線のコントラストが圧巻。まるでヨーロッパのリゾート地にいるかのような感覚を覚えます。白崎海洋公園は県の自然公園にも指定されています。近くには、24時間営業の「白崎海洋公園・道の駅」があり、ダイビングをはじめとするさまざまなマリンスポーツも体験できます。

オレンジ色に輝く白崎海岸は圧巻

Zkcnj9qo4gx5xheq97gk
引用: https://www.flickr.com/photos/ame_asaoka/15699992708/
満天の星空の下でコテージに宿泊したり、オートキャンプを楽しめます。施設の周囲は、徒歩で30分程度の遊歩道になっており、絶景を眺めながら散歩ができます。白壁は石灰岩。サンセットタイムには、オレンジ色に染まります。地元の食材を使用した漁農レストラン「ゆらら」も人気。内部のインテリアは廃校の机やいすをリメイク。ノスタルジック感のただようお店です。

「白崎海洋公園オートキャンプ場」詳細情報

施設名:白崎海洋公園オートキャンプ場/住所:和歌山県日高郡由良町大引960-1(白崎海洋公園内)/電話番号:0738-65-0125(営業時間 8:00~20:00)/交通アクセス:JR紀勢本線「紀伊由良駅」よりバスで約15分
Mlg77gf6c8exm9uei57s
引用: https://www.flickr.com/photos/cotaro70s/2774295619/
「南紀串本リゾート大島」は、本州最南端の串本にあるキャンプ場。こちらのキャンプ場では、橋杭岩の間をシーカヤックで散歩するアクティビティを愉しむことができます。また絶景を眺めながら入る露天風呂、新鮮な食材を使ったバーベキュー、無人島体験クルーズ、トルコランプ作製など、ここでしかできないユニークな体験ができます。

コテージもオートキャンプもお好み次第

Klep4zkmswopvnpdz35l
引用: https://www.flickr.com/photos/atakig/4063459600/
こちらのキャンプ場は、設備や広さの違う4種類のコテージとオートキャンプサイトからなります。テントの設置場所やシーズンによって、料金が変動しますので、公式サイトをご確認ください。トレッキングツアーからダイビングまで、山も海も楽しめるおすすめのキャンプ場。

「南紀串本リゾート大島」詳細情報

施設名:南紀串本リゾート大島/住所:和歌山県東牟婁郡串本町樫野1035‐6/電話番号:0735-65-0840/交通アクセス:串本駅から車で15分
Licqagi47ufm60xgbz0q
引用: https://www.flickr.com/photos/hycheung/1799748162/
「休暇村紀州加太オートキャンプ場」は、5つのポイントがあります。その5つとは「すべてのサイトはAC電源つき」「温泉あり」「プール併設」「ほたるが鑑賞できる(5月下旬から6月上旬)」「ペット同伴可能」です。

プールから星空観察会までご家族で楽しめる

Nek3vue046betnsnmqua
引用: https://www.flickr.com/photos/45569831@N02/27003012873/
夏休みの期間はミニ縁日が出たり、夏の間の毎週月曜日と木曜日には、星空観察会もあり、お子さんも大満足。雨の日はロビーでプラネタリウムが楽しめます。ほかにもキャンドル作りやヨガ、和菓子作りも体験でき、ご家族全員が楽しめるキャンプ場です。夕食付きプランのディナーはバーベキュー。もちろん、手ぶらでOK、後片付けも不要。その後、瀬戸内海の絶景を眺めながら入浴を楽しめます。

「休暇村紀州加太オートキャンプ場」詳細情報

施設名:休暇村紀州加太オートキャンプ場/住所:和歌山市深山483/電話番号:073-459-0321/交通アクセス:南海電鉄加太駅下車休暇村定期送迎バスで約10分
Kqacrd5nw3mrgh1v0unh
引用: https://www.flickr.com/photos/97064272@N04/26573013019/
アイリスパークは熊野古道中辺路の中間点、近露にある日置川沿いの緑豊かなキャンプ場です。 川遊びやバーベキューをお楽しみください。 熊野古道を散策される方やのんびり温泉を楽しまれたい方には民宿としてもご利用いただけます。 場内には日本屈指のとろみ度を誇る「女神の湯」もございます。ぜひご堪能ください。
引用元: http://irispark.jp/

テントサイトとコテージから選べます!

Hb5mwhnlcjai7uqgkm9m
引用: https://www.flickr.com/photos/hitsu/69592782/
キャンプは、テントサイトとコテージから選べます。また施設内には、日本屈指のとろみ度を誇る「女神の湯」があり、キャンプ利用者は、滞在中何度でも無料で入浴が可能。テントのレンタルはしていませんが、バーベキューセットのレンタルはしています。下記の公式サイトに10%オフのクーポンがあります。

「アイリスパークオートキャンプ場」詳細情報

施設名:アイリスパークオートキャンプ場/住所:和歌山県田辺市中辺路町近露128−1/電話番号:0739−65−0410/交通アクセス:JR田辺駅より1時間「観音寺前」バス停下車徒歩10分
Mzihpskijubsh1xqqjdx
引用: https://www.flickr.com/photos/takashi14111/10961532616/
和歌山県有田市にある無人島、地ノ島。 地ノ島は東京ドーム10個分、 ディズニーランドの半分くらいの大きさの完全な無人島です。 和歌山NO.1ともいわれる透き通った海、 約500mに渡る広大なビーチが有ります。 大阪市内や関西空港から1時間強でアクセスできて、 「非日常の体験」が楽しめる地ノ島へ遊びに来ませんか?

海の家もおしゃれ!

知る人ぞ知る人気スポット「地ノ島」は、360度どこを見渡しても絶景の無人島です。海の家は、バリで学んだデザイナーが葦(ヨシ)を使って作りました。道具をレンタルし、バーベキューを楽しむことも可能。夏の間は海の家で、アルコール類やお菓子の販売と、アウトドア用品のレンタルをしています。誰もが憧れた無人島のキャンプがここで実現、テントなど一式のレンタルが可能。女性も安心です。

「無人島:地ノ島」詳細情報

施設名:無人島:地ノ島/住所:和歌山県有田市初島町浜1769-1/電話番号:0739−65−0410/交通アクセス:JR紀勢本線「初島駅」5分「初島漁港」から船で7分
P0ipsednqk25lariyj3c
引用: https://www.flickr.com/photos/74914875@N05/27093792824/
「一枚岩自然公園キャンプ場」は、国の天然記念物「一枚岩」の近くのキャンプ場。川の水も美しく、奇岩群も迫力満点。絶景の中でキャンプを楽しむことができます。トイレが清潔だとの口コミが多数あります。女性も安心ですね。

河原かアスファルトどちらを選ぶ?

Nyz2d8imxz2hjsmoiybk
引用: https://www.flickr.com/photos/135525440@N04/20381039123/
・河原にテント設営の場合は無料、河原上アスファルト敷地内の場合は ¥1,000

キャンプ場から車で10~15分の場所に「月の瀬温泉」があります。入浴料は500円。ぬめりがあり、良質な温泉です。

「一枚岩自然公園キャンプ場」詳細情報

施設名:一枚岩自然公園キャンプ場/住所:和歌山県東牟婁郡古座川町相瀬290-2/電話番号:0735-78-0244/交通アクセス:紀伊有田駅から直線距離6269m
Psxdfjfh2j72sdaob8b3
引用: https://www.flickr.com/photos/pixie10ole/4507409175/
Sx4n9bwypv15uq3bbv93
引用: https://www.flickr.com/photos/iwks/7965309446/
「生石高原(おいしこうげん)キャンプ場」は、標高870mの場所にあるキャンプ場。ススキ草原内に位置します。夜には満天の星空を楽しめる絶景ポイント。秋には一面に広がるススキが圧巻。冬には白銀の世界に変わります。小川八幡神社からハイキングコースを歩けば、120分で到着。年中無休となっていますが、「入り口にチェーンがかかっていた」という口コミもありましたので、お電話でお問い合わせください。

「生石高原キャンプ場」詳細情報

施設名:生石高原キャンプ場/住所:和歌山県海草郡紀美野町中田899-29/電話番号:073-489-3586/交通アクセス:JR海南駅からバスで30分
Cgp3z0fgtgcmvusvqygv
引用: https://www.flickr.com/photos/tamijun/152549085/
「小又川(こまたがわ、おまたがわ)バンガロー」は、龍神村に位置するキャンプ場。渓流沿いの森に囲まれたコテージタイプとテントサイトのキャンプ場です。日本三美人の湯「龍神温泉」へ車で4分。日本100名山のひとつ「牛廻山(うしまわしやま)(1207m)」登山の拠点にもおすすめです。アマゴ釣りの好ポイントで、冬には雪化粧を愉しむことができます。

夏場は、流しそうめんも楽しめる!

J9xt53ksyanzy1ku2sh3
引用: https://www.flickr.com/photos/sight7700/4920906056/
流しそうめんやハンモックのレンタルもあります。事前にお電話でお問い合わせください。周辺には、車で5分の場所に、道の駅龍神「木族館」があり、10分ほど歩いた場所にある「深山荘」は桜の名所です。また、6月上旬~中旬頃には、蛍の鑑賞ができます。

「小又川バンガロー」詳細情報

施設名:小又川バンガロー/住所:和歌山県田辺市龍神村小又川字川内447番地/電話番号:080-8945-4427/交通アクセス:JR紀勢本線・紀伊田辺駅より龍神バスで約1時間15分
Sxnd4vcdiksvz7fgmkcm
引用: https://www.flickr.com/photos/r-sakai/15740813533/
Obz38bxmvzvxe5sf0sug
引用: https://www.flickr.com/photos/135210468@N03/34956618615/
和歌山のキャンプ場をご紹介しました。もちろん、順位などは付けられず、みな、それぞれの良さがあります。ただ、すべてのキャンプ場に共通して言えることは、「絶景と満天の星空を楽しめること」です。これはネオンで明るい都会では経験できません。夏休みなどを利用して、子どもさんたちに最高の思い出を作ってあげたいですね。※掲載の情報は2018年8月現在のものとなります。最新の情報は公式サイトをご確認ください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.flickr.com/photos/r-sakai/15740813533/