Qlkvlj4i1obg4fivwxev

鳥取

CATEGORY | 鳥取

皆生温泉のホテル【鳥取】観光の疲れを癒すおすすめ宿ランキング8

2018.09.01

鳥取県の皆生温泉は、日本海を望むことができる自然豊かな温泉地。また、日本で初めてトライアスロン大会が行われたトライアスロンの聖地でもあります。今回はそんな皆生温泉のおすすめホテルをランキング形式でご紹介します。数あるホテルの中でも厳選した8つをお届けします!

  1. 皆生温泉の基本情報
  2. 皆生温泉おすすめホテル・旅館ランキング① 湯喜望 白扇
  3. 皆生温泉おすすめホテル・旅館ランキング② 皆生温泉 海潮園
  4. 皆生温泉おすすめホテル・旅館ランキング③ 海色・湯の宿 松月
  5. 皆生温泉おすすめホテル・旅館ランキング④ いこい亭 菊萬
  6. 皆生温泉おすすめホテル・旅館ランキング⑤ 東光園
  7. 皆生温泉おすすめホテル・旅館ランキング⑥ 四季を奏でるさらさの宿 皆生つるや
  8. 皆生温泉おすすめホテル・旅館ランキング⑦ 皆生シーサイドホテル 海の四季
  9. 皆生温泉おすすめホテル・旅館ランキング⑧ 皆生風雅
  10. まとめ
皆生温泉は、鳥取県米子の奥座敷とも呼ばれる場所で、日本海沿岸に約1kmのびている温泉地です。ホテルや旅館の数はとても多く、山陰最大級の規模を誇る温泉郷です。また、東側には西の富士山と言われる大山が見え美しい景観から「日本の朝日100選」に選ばれています。さらに、海岸は白くてきれいな砂浜になっており、夏は海水浴客でも賑わいます。海水浴をしてその後温泉につかることができる贅沢な立地。さらに、山と海に囲まれているので、山の幸も海の幸もどちらも楽しむことができます。山陰を観光するにはぴったりの温泉地です。
国内ホテル予約サイト大手の「じゃらん」で、5年連続じゃらんアワードを受賞しており、楽天トラベルでもゴールデンアワードを受賞しているのがこちらの「湯喜望 白扇」です。立地は抜群で、日本海を望む絶景の和室が数多く用意されています。大山と日本海どちらも見ることができる露天風呂付客室や日本海を望みながらジャグジーを楽しむことができる客室など、皆生温泉の魅力を最大限楽しむことができます。大浴場には男女ともに露天風呂が付いており、それぞれ落ち着いた雰囲気で温泉を楽しむことができます。ちなみに、男性にはフィンランド式サウナ、女性にはアロマスチームサウナが付いています。大浴場は朝5時から入浴可能。夜は24時までやっているので、寝る前にもう一度温泉に入ることもできますよ。自慢の料理はお部屋で食べることができます。地元の新鮮な海鮮が並ぶこだわりの会席です。昭和30年から続く、女社長がはじめたおもてなしの心あふれる旅館です。
詳細情報:鳥取県米子市皆生温泉3-12-33//電話番号:0859-22-8900//ホームページ:http://www.yukibou-hakusen.com/
皆生温泉で一番古い建物の旅館が「海潮園」です。和室11部屋、和洋室2部屋、合計13部屋のこじんまりした宿。特徴は、ペット同伴可能ということです。13部屋の内3部屋はワンちゃんと一緒に泊まれる専用のお部屋です。ペットと一緒に皆生温泉を楽しみたいならおすすめですよ。温泉は源泉かけ流しで、ビーチまでも1分で行くことができる好立地です。観光スポットにも近いので、家族連れにもおすすめの温泉宿です。
詳細情報:鳥取県米子市皆生温泉3丁目3-3//電話番号:0859-22-2263//ホームページ:http://www.kaichoen.net/
皆生温泉の景色を満喫できるのがこちらの「海色・湯の宿 松月」です。地上27メートルの位置にある大浴場から見える日本海の景色は絶景そのものです。また、カップルやファミリー向けに色々な貸切風呂があるのも特徴です。貸切露天風呂で一番人気は檜風呂です。他にも岩風呂や庭風呂があります。また、車いすの方優先のみかげ風呂は手すりもついているバリアフリーなつくりになっています。お部屋も様々なタイプから選ぶことができます。マッサージチェア付き、露天風呂付など。その中でも面白いのが、庭の露天風呂を抜けてそのまま海に行くことができるカバナルームです。観光に出かけないでも、ホテル生活をエンジョイできるお部屋です。そして、料理は季節の旬な食材を使ったものばかりです。山陰の幸を存分に堪能することができますよ。
詳細情報:鳥取県米子市皆生温泉3-4-25//電話番号:0859-31-1100//ホームページ:http://www.shogetsu.co.jp/
一風変わった魅力があるのがこちらの「いこい亭 菊萬」です。キャッチコピーは「美術の宿」です。絵画や書などの美術品がロビーなどの施設内やお部屋に300点以上も展示されています。特にお食事処には、「ひまわり」で有名な美術界の巨匠ゴッホが、その影響を受けたと言われる歌川国貞の浮世絵が40点も展示されています。また、館内には穏やかなジャズのメロディーが流れており、心休まる雰囲気になっています。観光に出かけなくても、ホテル館内で楽しめるのは嬉しいですよね。美味しい食事とこだわりのお風呂もおすすめのポイントです。
詳細情報:鳥取県米子市皆生温泉4丁目27番1号//電話番号:0859-38-3300//ホームページ:http://www.kikuman.com/
皆生温泉のホテルの中でも特徴的な外観をしているのが「東光園」です。それもそのはず、東光園の設計のモチーフは「出雲大社」なのです。その名も「天台」。設計を担当したのは、愛知万博を総合的にプロデュースした建築家菊竹清訓氏です。4階には空中庭園もあり、建物の様々なところで趣を感じることができます。ちなみに2017年に国の有形文化財に登録されています。お部屋の種類も豊富で、オーシャンビューはもちろん、ガーデンビューや空中庭園特別室、離れ、特別和洋室などがあります。ちなみに、昭和天皇もご宿泊された特別貴賓室も。穏やかな時間を過ごすことのできる歴史ある旅館です。
詳細情報:鳥取県米子市皆生温泉3-17-7//電話番号:0859-34-1111//ホームページ:http://www.toukouen.com/
三代に渡って女将が受け継いできた伝統ある旅館が「つるや」です。南館と東館に分かれており、それぞれ趣の違った楽しみがあります。南館には美しい庭園「つくよみ」が、東館にはアートギャラリーがあります。また、結婚式場にもなる大きなホールが東館の最上階にあり、そこからは日本海と大山を一望することができます。
詳細情報:鳥取県米子市皆生温泉2丁目5-1//電話番号:0859-22-6181//ホームページ:http://kaiketuruya.com/
ビジネス、観光、カップル、ファミリーなど、様々なシーンで利用できる万能なホテルが「皆生シーサイドホテル 海の四季」です。おすすめのポイントは、ホテルの気軽さと旅館の寛ぎどちらも兼ね備えているところです。あなたの目的に合わせてカスタム自由です。もちろん、立地は皆生温泉なので、山陰の観光には最適な場所ですよ。
詳細情報:鳥取県米子市皆生温泉3-4-3//電話番号:0859-34-2222//ホームページ:http://www.kaike-seaside-hotel.co.jp/
2018年にリニューアルオープンした美しい宿が「皆生風雅」です。夜はライトアップされる豊かな日本庭園やアンティーク調で統一された贅沢なロビーがあなたを迎えてくれます。女性に嬉しいのが、お部屋の設備です。お部屋にフェイスケア、ヘアケアグッズ、加湿器付き空気清浄機が常備されています。美肌の湯で美しくなった肌に一層磨きをかけることができるでしょう。さらに、着物と唐傘を身に着けて日本庭園内を歩くことができます。インスタ映えすること間違いなしですよ。観光旅行なのに、気分は江戸時代です。
詳細情報:鳥取県米子市皆生温泉3-16-1//電話番号:0570-00-1641//ホームページ:https://www.kaike-fuga.com/
いかがでしたでしょうか?今回は、鳥取県米子市の奥座敷、皆生温泉をご紹介させて頂きました。美肌の湯、長寿の湯としても有名な温泉で日ごろの疲れを癒してみてはいかがでしょうか?皆生温泉に訪れるときの参考にしてみてくださいね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bl9C5pvn_wj/