Q85izwnjmtwmvwbka6lf

島根

CATEGORY | 島根

津和野のグルメ【島根】外せないおすすめのご当地名物料理は?【2018年版】

2018.09.06

森鴎外や西周の出身地であり、山陰の小京都と呼ばれる「津和野」。SLやまぐち号の終着駅でもある津和野は、観光地としても人気があります。お隣山口県の萩市と一緒に訪れる方も多いでしょう。今回はそんな津和野のご当地グルメやおすすめグルメをご紹介します。

  1. 津和野おすすめグルメ① うずめめし
  2. 津和野おすすめグルメ② 芋煮
  3. 津和野おすすめグルメ③ わにの刺身
  4. 津和野おすすめグルメ④ さば寿司
  5. まとめ
津和野のご当地名物と言えば間違いなくこの「うずめめし」でしょう。島根県西部地方の代表的な郷土料理です。名前の由来は諸説あり、肉を食べない時代に肉をごはんで隠して食べるためといったものや役人から贅沢を隠すためなど。どんな料理かというと、名前の通りご飯の下に具材をうずめ、ごはんに出汁をかけて食べるというものです。贅沢なお茶漬けといったところでしょうか。具材は、ニンジン、シイタケ、高野豆腐、かまぼこ。その上に刻みのりをまぶしてワサビと三つ葉をのせます。東京の深川めし、埼玉の忠七めし、岐阜のサヨリめし、大阪のかやくめしと並んで日本五大銘飯にも選ばれています。また、冷やし茶漬けがあるように、冷やしうずめめしを出すお店も津和野にはありますよ。
うずめめしは家でも作ることができます。具材であるニンジン、シイタケ、高野豆腐、かまぼこを細かく切ります。そして、薄めの醤油でそれを煮ます。これで具材は完成です。具材を茶碗に入れて、その上にご飯と出汁をかけ、最後にワサビと三つ葉と刻みのりを入れるだけです。津和野でも郷土料理を提供しているお店で味わうことができます。
津和野には、日本三大芋煮会という人気のご当地グルメイベントがあります。日本各地で芋煮は存在します。その中で、津和野の芋煮は愛知県大洲市、山形県中山町と並んで「日本三大芋煮」に数えられるほどの実力者なのです。津和野の芋煮はシンプルで、芋本来の美味しさを生かしたものが多いです。三大芋煮会で振る舞われる芋煮は、炙り鯛の出汁に芋を入れただけのもの。透き通った出汁が芋のうま味を引き立てます。アクセントとして柚子を添えればさらに味わい深いものに。
日本でワニを食べるところがあるのか!?と驚く方もいらっしゃるかもしれません。実はここで言うワニは爬虫類のワニではなく、サメのことを指しています。鳥取県と広島県では、サメのことをワニといいます。サメは腐りにくいため、刺身として昔から人気が高かったようです。いまでも、津和野では人気がある食べ物で、ご馳走として正月にも食卓にあがるそうです。薬味としてはワサビよりも生姜をつける方が一般的なようです。
最近では、わにの刺身のみならず、わにバーガーやわに丼、わに天ぷら、わにのフライ、わにまんなど幅広い種類の料理があります。土産話しで盛り上がれること間違いない話題性のある名物ですよね。津和野に行ったらぜひ食したい料理です。
実は「さば寿司」は、島根県に伝わる郷土料理の一つです。海に面していない津和野にとって、生の魚を食べるのは難しかったため、酢でしめたさば寿司が名物となっていたようです。山陰の海で採れた新鮮なさばを地元のお米と合わせれば美味しさ爆発です。そんな津和野名物サバ寿司を堪能できる有名店が、「あおき寿司」です。持ち帰りのさば寿司を注文する人も多く、地元でも有名な人気店です。有名人も多く訪れていますよ。津和野駅からもすぐ行ける距離なので、津和野に行くなら立ち寄りたいお店ですね。
あおき寿司詳細情報:島根県鹿足郡津和野町後田イ-78-10//営業時間:11:00~15:00、17:00~22:00//定休日:火曜日
いかがでしたでしょうか?今回は、島根県津和野のおすすめグルメをご紹介させて頂きました。ちょっと変わった名前のうずめめしやわにの刺身、日本三大芋煮の一つに数えられるシンプルな味付けの芋煮、さば寿司とどれも一度は食べてみたいグルメな品ばかりです。ぜひ津和野に訪れるときの参考にしてみてくださいね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BMQTuGQB8JA/