Bndg71wp3brlqurncbqa

アゼルバイジャン

CATEGORY | アゼルバイジャン

アゼルバイジャンの物価【2018年】観光やお土産の費用など

2018.12.26

カスピ海沿岸に面するアゼルバイジャン。あまり日本人に馴染みのない国ですが、近年世界的に観光大国として注目されています。海外旅行の前にリサーチしたい項目の一つが「物価」ですよね。というわけで、アゼルバイジャン旅行に役立つ物価事情について紹介いたします。

  1. アゼルバイジャンの物価は高い?安い?
  2. アゼルバイジャンの物価の目安は?
  3. アゼルバイジャンの物価の目安【食費】
  4. アゼルバイジャンの物価の目安【公共交通機関】
  5. アゼルバイジャンの物価の目安【観光・お土産】
  6. アゼルバイジャン通貨の両替事情
  7. おわりに
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimage.space.rakuten.co.jp%2Flg01%2F84%2F0000586084%2F46%2Fimg4b135fdazik5zj.jpeg&twidth=1000&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r
観光名所や世界遺産が多いため世界中からの観光客でにぎわっており、近年注目度が急上昇している国アゼルバイジャン。そんなアゼルバイジャンを旅行するにあたって気になる物価事情ですが、そもそも物価は高いんでしょうか?安いんでしょうか?結論から言うと、アゼルバイジャンの物価は日本よりは安いと言えます。しかし、アゼルバイジャンの首都バクーは産油地として知られており、石油の好景気による影響でアゼルバイジャンの物価は上昇傾向にあります。また、日本から見た目線ではなく、アゼルバイジャンが属する南コーカサス地方という観点から見ると、その中では比較的物価の高い国という風に認識されています。
引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/52/0d/9d153e63b7f27bc1a9f6fefc7ce2f33f.jpg
「日本よりは安く、アゼルバイジャン近隣の南コーカサス地方にある諸国よりは高い」と言う風に説明をしましたが、いまいちピンとこないですよね。そもそも南コーカサス地方の国々の物価がわからないから、イメージしずらいという方もいるでしょう。そこで、以下より具体例や人気のお土産などを挙げてアゼルバイジャンの物価の目安をわかりやすく日本円でご紹介いたします。2018年の物価のため変動する場合がありますので、あくまで目安としてお考えください。(1マナト:65円換算)

スーパーで購入できるもの

引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/14/9b/8fb4c1c160b35704aec09ac276aa0e0f.jpg
水500mlで約65円、パン500gで約30円、ジュースが約60円という感じです。こうしてみると、確かに日本より少し安いですね。しかし、インスタントラーメンなどの加工食品は1個150円ぐらいで、日本とそこまで変わらないくらいの値段といえます。また、アゼルバイジャン名物であるワインは1本約330円と日本に比べて破格に安い値段で手に入ります。同じく名物の紅茶は約130円ほどです。アゼルバイジャンに来たらぜひ、家族や友人へのお土産にワイン・紅茶を買って帰ってはいかがですか。

レストランなどの外食

引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20170601/10/manzanita-loca/a2/75/j/o4320324013950591392.jpg?caw=800
リーズナブルなレストランで1食約500円、少し綺麗目のレストランで1食約1300円ほど出せば、男性でも十分お腹いっぱいに食べられます。ファーストフード店では1食約500円ほどと、これも日本とあまり変わらないかと思います。アゼルバイジャンでの外食は、値段だけを見るとあまり安いと感じることはないかと思います。しかし、日本の感覚で考えると「この値段のわりにはかなりハイクオリティなレストランだな」と感じるお店が多いので、結局のところはコストパフォーマンスが良いと言えます。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20150723/04/goemmon/8b/15/j/o0600045013373874638.jpg?caw=800
観光の際に使うことになる公共交通機関は、路線バスや地下鉄は1回の乗車につき約14円と破格の安さです。さらにすごいのが、この値段は1駅ではなく乗車1回であれば14円でどこでも行けるということになります。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/azerbaijan_no1-life/imgs/e/5/e51575d7.jpg
タクシーの初乗りは約110円でそこから1kmごとに約45円ずつ加算される形なので、タクシーも日本に比べてかなり安いと言えるでしょう。交通費が安いのは、観光旅行客にとってとてもありがたいですね。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20161204/20/rhcnj230/31/dc/j/o1200080013813718998.jpg?caw=800
引用: http://www.dtac.jp/images_up/entry_cont/909/pict1.jpg
アゼルバイジャンの首都バクーの世界遺産である「乙女の塔」と「シルヴァンシャー宮殿」の入場料は、いずれも約660円と意外にも高めの価格設定がされています。しかしこの値段はいわゆる観光客価格ではないらしく、現地の人たちが入場するにもこの値段設定だそうなので仕方がない気がしますね。
引用: http://blog-imgs-60.fc2.com/f/u/m/fumi0112yy/DSC02104.jpg
また、観光旅行で絶対に外せないお土産探しですが、例えば国のバッジやハンドメイドのバッグなどが約65円〜くらいからの値段で売っているので、リーズナブルに可愛い雑貨がたくさん手に入りますよ。
引用: https://lh3.googleusercontent.com/-QYHCXRRsAH0/UL2mrc_gLwI/AAAAAAAAWYw/qOLPTxcmtu8/s640/PC043723.JPG
大きな街には街中に両替所があるのでそこで両替しましょう。しかし日本円の両替を受け付けているところはあまりないので、アメリカドルを持っていると良いでしょう。しかし、一番お得なアゼルバイジャンの現地通貨の入手方法として、クレジットカードでのキャッシングをおすすめします。なぜなら、外貨両替よりもレートや手数料が安いからです。首都バクーの街中であればATMを探すのはそこまで苦労しないでしょう。
本記事ではアゼルバイジャンの物価を紹介いたしました。日本より物価が安いアゼルバイジャンでの滞在に、ぜひ役立てていただけたら幸いです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://stat.ameba.jp/user_images/20161204/20/rhcnj230/31/dc/j/o1200080013813718998.jpg?caw=800