Mfsv2jgtwx7o4yrzflkg

千葉

CATEGORY | 千葉

千葉のキャンプ場2018年版・てぶらOKな場所やおしゃれなキャンプ場まで!

2018.08.29

都心からも気軽に行ける千葉のキャンプ場。現在てぶらでもOKでおしゃれなキャンプが人気となっていますが、千葉ではどのようなキャンプ場があるのでしょうか?ここでは主にてぶらでOKなところや、おしゃれな雰囲気のキャンプ場をご紹介していきたいと思います。

  1. 今のキャンプのトレンドは?千葉のキャンプ場はどこにある?
  2. 千葉のおすすめキャンプ場①一番星ヴィレッジ
  3. 千葉のおすすめキャンプ場②THE FARM CAMP
  4. 千葉のおすすめキャンプ場③昭和の森フォレストビレッジ
  5. 千葉のおすすめキャンプ場④白浜フラワーパーク
  6. 千葉のおすすめキャンプ場⑤プライベートガーデン
  7. 千葉のおすすめキャンプ場⑥九十九里シーサイドキャンプ場
  8. 千葉のおすすめキャンプ場⑦成田ゆめ牧場
  9. 千葉のおすすめキャンプ場⑧Camping GREEN
  10. まとめ

やはり注目はグランピング!

キャンプというと色々道具を揃えなくてはならなかったり、野外で泊りとなると特に女性はトイレやお風呂の問題、虫など清潔感などの不安があったりして苦手意識がある人も多いかと思います。最近グランピングということばを良く耳にしますが、おしゃれで豪華なキャンプが人気になっています。また、わざわざテントやバーベキュー用品など、キャンプ用品を買わなくても貸し出してくれて手ぶらで行けるようなところも増えています。

海も森もOK

千葉には色々なエリアにキャンプ場がありますが、海に囲まれているため、海に近いキャンプ場があるのも千葉ならでは。千葉なら森でも海の近くでもキャンプができます。季節によって選んでみるのも良いですね。
市原市にある一番星ヴィレッジは2016年にオープンしたばかりの、森林に囲まれたキャンプ場です。キャンプ場内にはポニーや牛がいたり、夏にはカブトムシが捕れたりと、お子様連れにも楽しめるキャンプ場となっています。トイレも複数あり女性専用トイレもあるので安心。近隣に温浴施設もあります。
こちらはテントやタープ、アームチェア、バーベキューセットやクーラーボックスまで、レンタル品も充実しています。テントの立て方が分からない場合は、サポートしてもらえます。また近隣にスーパーなどもありますので、家から沢山の食材などを買い込んでいく必要も無し。気軽に初心者でもキャンプが楽しめる施設になっています。
今流行りのおしゃれなグランピングを体験できるのがこちら、THE FARM CAMP。茨城と県境の香取市にあるこちらのキャンプ場は、街の喧騒から離れた自然豊かな場所で、ワンランク上のキャンプが楽しめます。なんとテントの中にベッドがあり、テントでもゆっくりと過ごすことが出来ます。
夜はこのように灯りがともり、幻想的な雰囲気でおしゃれな感じです。食事もレストランでの朝食と夕食(食材)がセットになっており、手ぶらで気軽にキャンプを楽しめます。女性専用メイクルーム・シャワールームがありますし、同じ敷地内にかりんの湯という温浴施設もありますので、女性でも快適に過ごすことができますよ。
昭和の森フォレストビレッジは東京から1時間、千葉市にある、キャンプ・バーベキュー・スポーツが楽しめる施設です。キャンプはオートキャンプやフリーテントサイトもありますが、初心者にはロータスベルという蓮の花のような形の常設のテントの利用(レンタル品別途)か、キャンプ用具レンタル+宿泊費用がセットになり、テントの設営もやってもらえる手ぶらプランも用意されています。
キャンプ用品は別途レンタルなどで用意が必要になりますが、こちらのロータスベルのテントはグランピングにも使われるタイプのテントなので、おしゃれなグランピング気分を味わいたいならこちらの利用をおすすめします。カフェやシャワールームも施設内に完備していますので、女性でも安心ですね。
南房総の白浜フラワーパーク内にあるキャンプ場は、さまざまなタイプのキャンプが楽しめ、海にも近く施設内にはプールもあることから、夏場の利用が楽しそうなキャンプ場となっています。水洗トイレが完備されているほか、園外すぐのところに提携施設であるホテルジャングルパレスの中の天然温泉が利用でき、園内にも温水シャワーがありますので、キャンプ初心者でも利用しやすいです。
最近トレーラータイプなど、他にもコテージタイプやノルディックタイプなどが選べます。食材もセットが用意されていますし、用具もレンタルできるので、手ぶらでのキャンプが可能です。テーマパーク内にあるキャンプ場ということで、安心感もありますよね。
東京から1時間15分、大多喜町の静かな山林の中にあるキャンプ場、プライベートガーデンはなんと1日5組限定のグランピングが楽しめる施設。5組しかおらず、テント同士も離れているため、プライベート感を大事にしたい時にはおすすめです。
リビングのあるテントや、寝室や風呂、2階建てデッキまでついたまるで別荘のようなデッキハウスなど、贅沢なグランピングが体験できます。内装もこのようにとてもおしゃれ。一通りの必要なものも貸してもらえますし、近くにショッピングモールもありますので、食材調達も便利になっており、手ぶらでのキャンピングが楽しめます。
九十九里海岸に隣接した九十九里シーサイドキャンプ場は、テントサイトの他、バンガローや貸別荘もあり、初心者でも利用しやすいキャンプ場です。バーベキューも食材付きプランがありますので、手ぶらで日帰りキャンプも楽しめちゃいます。
海が近く潮風を感じられるのですが、キャンプ場前の海では釣りをしている人はいるそうですが、泳ぐことはできないそうなので、近隣の海水浴場で泳ぎましょう。場内には夏季のみじゃぶじゃぶ池もあるので、子供たちは喜びそう。貸別荘は風呂トイレ完備なので、キャンプに慣れない女性やお子様連れには便利です。
成田市にある人気スポット成田ゆめ牧場。その敷地内にあるキャンプ場です。全てテントを張るタイプのキャンプ場になりますが、テントを含め必要なものはレンタルしてくれますし、テントの設営も手伝ってもらえますので、手ぶらでのキャンプも可能です。
トイレ・シャワー・サウナ、夏季は簡易プールまであり、安心して利用できます。ゆめ牧場でたっぷり遊んだ後のキャンプは特にお子様連れにとっては楽しい思い出になりそうです。テントを張ってのキャンプデビューに最適の場所ではないでしょうか。
東京からアクセスのよい千葉市内にあるCamping GREENは、グランピングが楽しめるキャンプ場です。可愛らしくおしゃれなテントやログハウスが揃っています。
サイト内には必要なものが大体揃っており、食材もオプションで用意してもらえるので、手ぶらで気軽にグランピングを楽しむことが出来ます。東京からも近いですがここは自然がいっぱいで、キツツキやウグイス、運がよければ夜にはフクロウの鳴き声が聞こえることもあるとか。
こちらはトレッキングが楽しめたり、サバイバルゲームに参加出来たり、夜にはナイトジャングルツアーも開催しているそうで、大人でもちょっと童心に返って楽しめそうなキャンプ場です。
以上、ここでは千葉県でおしゃれなグランピングや手ぶらキャンプが楽しめるおすすめのキャンプ場をご紹介しました。キャンプはちょっと苦手かも、という方でも楽しめそうなキャンプ場が今続々登場していますので、一度体験してみてはいかがでしょうか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BiKBlr0glCp/?hl=ja&tagged=%E3%82%B6%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97