Ockpm9qk2jeicdhnnllm

カナダ

CATEGORY | カナダ

バンクーバー旅行の注意点2018年版【カナダ】服装や持ち物、治安は?

2018.08.29

世界で一番住みやすい都市ランキング1位になったこともあるバンクーバー。バンクーバーは都会の近くに自然があり、旅行にもおすすめな都市です。今回はそんなバンクーバーに旅行に行くときに気を付けたほうが良いことをまとめてみました。

  1. バンクーバー旅行の注意点2018年版【カナダ】 バンクーバーの基本情報 旅行に行く際の注意点は?
  2. バンクーバー旅行の注意点2018年版【カナダ】 バンクーバーの気温は?服装はどんなものが良いの?
  3. バンクーバー旅行の注意点2018年版【カナダ】 バンクーバー旅行におすすめの持ち物は何?
  4. バンクーバー旅行の注意点2018年版【カナダ】 バンクーバーの治安はどうなの?
  5. バンクーバー旅行の注意点2018年版【カナダ】 まとめ
Y1nxroddjcfryo5o9c6f
引用: https://pixabay.com/photo-2106888/
バンクーバーは治安もよく、住んでいる人たちも親切な人が多く、海外旅行におすすめの土地です。ですが、バンクーバーはやはり海外。チップの文化や飲酒や喫煙のルールなど、日本とは違うルールも存在します。

物価について

旅行に行く際に気になるのが費用の問題ですよね。バンクーバーと日本の物価はそれほど変わりませんが、紙製品は別です。紙製品は日本より品質も悪く費用が掛かるもの多いので、ティッシュなどの必需品や女性の方は旅行日数に応じた生理用品を持っていくと、費用の節約になります。

チップについて

Rn3osncxhtjgut10a5ol
引用: https://pixabay.com/photo-1730085/
チップはレストランやタクシーなどを利用した時に渡します。相場は10%からと書いてあるものもありますが、現在は料金の15%ほど支払うのがスタンダードになっています。現金やカードで支払います。

飲酒について

バンクーバーでは公共の場での飲酒は禁止されています。日本のように外でお酒を飲むことはできません。飲酒をする場合は、レストランやバーなどのお店か、ホテルの自室内で楽しんでください。

喫煙について

Fpijng8i9uzh4rdgqwab
引用: https://pixabay.com/photo-731484/
バンクーバーでは飲酒と同じく喫煙も公共スペースで行うのは禁止されています。公共の室内(レストランなど)ではほとんどの場合喫煙することができません。また、外でもどこでも喫煙していいわけではなく、喫煙スペースか建物の入り口や窓、通気口から6メートル以上離れた場所でしか喫煙してはいけない決まりになっています。

季節ごとの気温について

バンクーバーはカナダの中でも温暖な気候で、北半球なので季節は日本と同じになります。ですので冬に出かける場合は冬の服装、夏に旅行に行く場合は夏の服装を持っていくことになります。

オススメの服装

春、夏、秋に関しては日本より涼しく過ごしやすい季節になります。夏の最高気温も20度を少し超える程度で、湿度が低いことから日向は暑くても日陰に入ると寒いという事や、店やバス内のクーラーが効きすぎていて寒いこともあるので、夏は半袖と簡単に羽織れる薄手の上着があると便利です。
冬の最低気温は東京より少し寒い程度ですので、冬に行かれる方は、日本と同じ程度の防寒着で大丈夫です。ただし、冬の期間はバンクーバーは雨季なので、雨具やレインブーツを持っていった方が無難です。
Pqayjxwbxwselcfvrtnt
引用: https://pixabay.com/photo-256319/
バンクーバーに旅行に行くのに絶対必要な持ち物は「クレジットカード」です。もし海外でも使える「デビッドカード」を持っているなら、それも持っていくことをお勧めします。バンクーバーはカード社会で、スーパーの買い物からタクシーの乗車賃、チップの支払いまですべてカードで行うことができます。またお店でお酒を飲むときもパスポートとクレジットカードの両方の提示が必要になります。クレジットカードはないと不便といえるくらい必需品ですよ。
Tmfmejpvptl7xdxdg0ql
引用: https://pixabay.com/photo-791893/
また、雨季にバンクーバーを訪れる方は持ち物の中に雨具や水に濡れても大丈夫なカバンを追加しておくと便利です。 また急な病気などの場合、海外の病院は日本より費用が高い場合がほとんど。渡航前にキャッシュレス対応の保険に入っておけば、お金を払う必要なく日本語の通訳を付けて病院を受診することができますので、旅行日数合わせたキャッシュレス対応の保険に加入しておくことをお勧めします。
バンクーバーは女性一人で街を歩いていても問題ないくらい治安は良いですが、それでも気を付けておくべきこともあります。日数が短い旅行の中でトラブルに巻き込まれないように、注意して過ごしてくださいね。
1つ目は、有名な観光地「ガスタウン」と「中華街」の間にある「イーストヘイスティング」と呼ばれる通りです。そこは治安が悪いことで有名で、現地の人もあまり一人では歩きません。観光でしたら、そこには近づかないことをお勧めします。
ここより少し先から危険な場所があるので、あまり奥に行きすぎないように注意。
2つ目は、ホームレスが多いことです。特に悪いことをしてくるわけではありませんが、バンクーバーのホームレスの方はドアを開けておいてくれて「お金をください」と言って来たり、日本より積極的な方が多い印象です。トラブルを避けるならあまり関わらない方が良いかもしれません。
バンクーバーに旅行に行く際の注意点について、どんな旅行日数でも対応できる一般的なバンクーバーの情報をまとめてみました。いろいろと書きましたが、バンクーバーは都会も自然も本当に素晴らしい場所ですので、ぜひ旅行に行ってみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pixabay.com/photo-1684467/