Rjzvuh2tol9bvalnmlo1

兵庫

CATEGORY | 兵庫

有馬温泉へ旅行に行こう!おすすめスポット6選【2018年度版】

2018.08.30

有馬温泉は、全国でも有名な温泉地で数多くの旅行客が訪れます。そんな、有馬温泉でおすすめの観光スポットや日帰り温泉をご紹介していきます。さまざまな観光スポットとおすすめの日帰り温泉を厳選しましたので、有馬温泉に旅行をするための参考にしてみましょう。

  1. 有馬温泉はどんな温泉?
  2. 有馬温泉旅行でおすすめの観光スポット①「六甲有馬ロープウェー」
  3. 有馬温泉旅行でおすすめの観光スポット②「有馬玩具博物館」
  4. 有馬温泉旅行でおすすめの観光スポット③「フルーツ・フラワーパーク」
  5. 有馬温泉旅行でおすすめの観光スポット④「神戸三田プレミアム・アウトレット」
  6. 有馬温泉旅行でおすすめの観光スポット⑤「かねふくめんたいパーク神戸三田」
  7. 有馬温泉旅行でおすすめの観光スポット⑥「鼓ヶ滝公園」
  8. 【特別編】日帰り有馬温泉「金の湯」
  9. 【特別編】日帰り有馬温泉「銀の湯」
  10. 有馬温泉旅行で観光や温泉を満喫しよう!
有馬温泉は、江戸の時代には「西大関」という最高ランクの温泉で知られていました。今では、日本の三古湯の温泉として、世界の温泉からしても珍しい多くの成分を含んだ温泉として人気の温泉になっています。そんな有馬温泉は、言わずと知れた温泉街として多くの観光客で賑わっています。

有馬温泉の「泉質」

有馬温泉の「泉質」は、環境省が基準にした療養泉の9個の成分の内、硫黄泉と酸性泉を除いた7つの成分が含まれています。そして、世界的に見ても7つの成分が含まれた温泉は珍しく、有馬温泉は、「金泉」と「銀泉」で有名な温泉になっています。

有馬温泉の「効能」

有馬温泉の「効能」は、身体の神経や筋肉の痛みを和らげてくれたり、五十肩や運動障害や慢性疾患などの機能障害の改善に効果があります。そして、疲労回復や健康増進や病気の改善に効果があるので、有馬温泉に浸かって身体を癒してみましょう。ここからは、有馬温泉おすすめの観光スポットをご紹介して行きます。
「六甲有馬ロープウェー」は、有馬温泉から六甲山の山頂までを繋ぐロープウェイです。このロープウェイは、12分間の乗車の際に、春と夏にはきれいな新緑が見られ、秋には真っ赤な紅葉、冬にはきらびやかな樹氷など、季節ごとに豊かな表情を見せてくれます。六甲山の絶景を観に「六甲有馬ロープウェー」を利用してみましょう。
「有馬玩具博物館」は、「見る」「聞く」「遊ぶ」「作る」の4つのテーマを持って作られた施設です。4つのテーマからなるこの博物館では、「ドイツ製の木工芸品」や「鉄道のジオラマ」などのさまざまなおもちゃの展示がされていて、大人から子供まで楽しむことができるようになっています。
「フルーツ・フラワーパーク」は、1993年にオープンした花や果物を楽しむことができるテーマパークです。このテーマパークでは、季節ごとに鮮やかな花畑を観ることができたり、食べ放題の果物狩りをすることができます。それ以外にも、遊園地や温泉をはじめ、1日中楽しむことができるアミューズメント施設になっていますので、一度足を運んでみましょう。
「神戸三田プレミアム・アウトレット」は、西日本で最大級のアウトレット施設で、「パサディナ」の雰囲気をイメージして作られました。このアウトレットには、雑貨やインテリアをはじめカフェやレストランなどがあり、ショッピングを楽しんだり、ゆっくり食事を楽しんだりすることができるので、訪れてみましょう。
「かねふくめんたいパーク神戸三田」は、2015年にできたばかりの施設で、明太子で有名な「かねふく」が運営しています。この施設では、無料で明太子工場を見学したり、できたばかりの明太子を売っているお店があります。そして、明太子の試食をすることもできます。その他にも、「ゲームコーナー」や「めんたいシアター」があるので、ご家族なで訪れてみましょう。
「鼓ヶ滝公園」は、8メートルの高さの滝がある公園で、滝の間にある空洞から太鼓に似た音が聞こえることから公園の名前が付きました。そして、この滝からは六甲山の水が流れているので、自然な森林浴を楽しむことができます。春は桜が観られたり秋は紅葉を楽しむことができるので、季節を選んで訪れてみましょう。
日帰り温泉の「金の湯」は、無職の塩化物系の高温泉で、中学生以上の人は650円、小学生は340円で入ることができます。そして、神経や筋肉の痛みの緩和に効果があったり、冷え性や病後の回復に効果があります。そして、疲労回復や健康増進になりますので、日帰りで「金の湯」を訪れてみましょう。
日帰り温泉の「銀の湯」は、「炭酸泉」と「ラジウム泉」が特徴で、中学生以上は550円、小学生は290円で入ることができます。そして、「金の湯」と同様に神経や筋肉の痛み緩和に効果があり、その他には高血圧症や動脈硬化など、切り傷ややけどなどにも効果があります。有馬温泉に日帰りで訪れた人は、「銀の湯」にも足を運んでみましょう。
有馬温泉に旅行で訪れた際におすすめの、観光スポットをご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?思う存分有馬温泉を楽しむために、おすすめの観光スポットを参考にしてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.flickr.com/photos/7451276@N08/6998784150/in/photolist-bEsAGf-cxVE2Q-27irHWb-e76EBe-eZmYzK-28XNWgs-9dVTNS-uoZ5r-eZmYiF-eZmY9r-cxVD2s-9kX8qf-bTnjfV-bEsAvo-5QAx6z-5QB1gF-5QEVmh-5QFgXQ-5QEN7Y-coKKwj-5QAEBR-bTnk1t-bEsAGh-5QFp81-bEsAA7-5SgLDL-bTnjr8-bTnjAD-RzsHDv-bTnkeH-bTnj7a-bTniM8-69cJv1-bTnj7x-9vGDPF-bEszXW-bEsAZY-9vKFnN-bEsAoN-5QAXX4-5QFkib-5QB6Cz-5QEWTJ-9vKFwm-2SP5Wt-kehMf-698doP-9kX5nw-8x6TuT-9vKG7q