Trid03poxixugkdndlhq

静岡

CATEGORY | 静岡

静岡の美術館2018年版・見所や料金もあわせてチェック!

2018.08.30

そろそろ芸術の秋、美術館に行こうかな~と考えている人も多いんじゃないでしょうか。静岡県には個性的な美術館がたくさんあります。おすすめの美術館情報を見どころやイベント情報とともにご紹介!静岡で秋の芸術鑑賞をする際の参考にどうぞ!

  1. 静岡の美術館~中部エリア編~①「静岡県立美術館」
  2. 静岡の美術館~中部エリア編~②「静岡市東海道広重美術館」
  3. 静岡の美術館~伊豆エリア編~①「池田20世紀美術館」
  4. 静岡の美術館~伊豆エリア編~②「伊豆高原アンティーク・ジュエリーミュージアム」
  5. 静岡の美術館~伊豆エリア編~③「伊豆ろう人形美術館」
  6. 静岡の美術館~伊豆エリア編~④「黄金崎クリスタルパーク・ガラスミュージアム」
  7. 静岡の美術館~東部エリア編~①「ヴァンジ彫刻庭園美術館」
  8. 静岡の美術館~西部エリア編~①「資生堂企業資料館・資生堂アートハウス」
  9. 静岡の美術館~西部エリア編~②「浜松市美術館」
  10. まとめ
静岡の総合美術館、「静岡県立美術館」。こちらには歌川広重、モネ、ゴーギャンなど国内外の絵画を展示する本館と、ロダンの彫刻作品を中心に展示するロダン館があります。
この彫刻、どこかで見たことはありませんか?
世界一有名な彫刻と言っても過言ではない、ロダンの「考える人」。実はそのうちの一つが静岡県立美術館のロダン館にあるんです!
ロダンの「考える人」のオリジナルは世界に21体あると言われ、静岡県立博物館のほかには東京・上野の国立西洋美術館にあるものが有名ですね。
もうひとつの見どころは「地獄の門」。こちらも有名な彫刻ですね。現在世界に7つある「地獄の門」のうちのひとつです。
ちなみにブロンズ像は彫刻家の作った原型から職人が鋳造するものなので、世界中にいくつもある「考える人」も「地獄の門」もすべてオリジナル。もちろん静岡県立美術館に所蔵されているものもオリジナルです。

イベント情報「幕末狩野派展」

9月11日(火)~10月28日(日)まで、明治維新から150年という節目を記念した「幕末狩野派展」を開催。近年、評価が高まりつつある狩野派の作品を一気に観覧することができます。

美術館情報

所在地:静岡市駿河区谷田53-2/開館時間:10:00~17:30(展示室への入室は17:00まで)/休館日:月曜日(ただし月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌日休館)/料金:大人300円、大学生以下・70歳以上無料(※企画展の料金は展覧会ごとに異なります)
静岡市東海道広重美術館は、東海道の宿場町「由比宿」の本陣跡地にあります。(※本陣とは、宿場町の中で大名等の身分の高い人が泊まった宿のことです)この美術館は、江戸時代の浮世絵師・歌川広重の名を冠した日本で最初の美術館。近年の浮世絵人気から、海外からの観光客も多い美術館です。
広重の有名な浮世絵が多数展示されています。

美術館情報

所在地:静岡県静岡市清水区由比297-1/開館時間:午前9時~午後5時(入館は閉館の30分前まで)/休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)、年末年始(12/28〜1/4)/料金:一般510円、大学生・高校生300円、中学生・小学生120円、未就学児は無料/TEL:054-375-4454(代)
池田20世紀美術館に所蔵されているのは、ピカソ、ダリ、シャガールなど、美術に疎い人でも聞いたことがある芸術家の作品ばかり。20世紀に制作された「人間」をテーマにした絵画・彫刻を所蔵しています。
見どころはアンディ・ウォーホルの名画「マリリンモンロー」。かなりインパクトがありますね!

美術館情報

所在地:静岡県伊東市十足614/開館時間:9:00~17:00/休館日:毎週水曜日(祝日の場合は開館)但し、7月・8月・年末年始無休/料金:一般1,000円、高校生700円、中・小学生500円/TEL:0557-45-2211
19世紀のヨーロッパ貴族が愛用した宝飾品、ドレスを展示しているミュージアム。外観も素敵ですが、展示されている宝飾品やドレスは、とくに女性なら惹かれること間違いなし。
ヴィクトリア王朝時代(1837~1901)に一流の職人が作り上げた芸術の数々が展示されています。

イベント情報

ミュージアム内のお楽しみルームではアンティーク調のドレスを着て記念撮影をすることができます。ドレス着用料は1,000円。プラス300円でティアラもつきますよ!

美術館情報

所在地:静岡県伊東市八幡野1030-63/開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)/休館日:第1・第3火曜日(祝・祭日・8月は休まず開館)/料金:大人900円、中学生700円、小学生500円/TEL:0557-54-5566
映画スター、政治家、コミカルな人形まで、あまりにもリアルすぎると話題のろう人形を展示している美術館です。すべてが等身大、髪の毛や髭はなんと人毛だそう。珍しいものが見たい!という人におすすめ。

美術館情報

所在地:静岡県伊東市池674-1/営業時間:10:00~17:00/休館日:木曜日(8月・年末年始・祝日は開館)/TEL:0557-54-5555
黄金崎ガラスミュージアムは現代ガラス専門の美術館。国内外の優れたガラス作品を展示しています。
見どころは各国で活躍している万華鏡作家の作品。様々な万華鏡作品が展示されています。

イベント情報「“キルンワーク”というガラス」展

5月26日(土)から12月18日(火)まで、「“キルンワーク”というガラス」展を開催中。(キルンワークとは、電気炉を用いてガラスを加熱し、成形・加工する技法のこと。)

美術館情報

所在地:静岡県賀茂郡西伊豆宇久須2204-3/営業時間:9:00~17:00/休業日:年中無休/料金:大人800円、小人400円/TEL:0558-55-1515
ヴァンジ彫刻庭園美術館は、イタリアの現代具象彫刻家ジュリアーノ・ヴァンジの作品を集めた、世界で唯一の個人美術館。1960年代から最近までの彫刻をコレクションしています。
個性的な作品が館内の至るところに展示されています。

イベント情報「須田悦弘 ミテクレマチス」

4月22日(日)から10月30日(火)まで、企画展「須田悦弘 ミテクレマチス」を開催中。本物と見間違えるほどに精巧な花や草木の彫刻作品を鑑賞することができます。

美術館情報

所在地:静岡県長泉町東野クレマチスの丘347-1/休館日:水曜、年末年始/料金:4月~10月は大人1200円、高・大学生800円、小中学生無料、11月~3月は大人1000円、高・大学生500円、小中学生無料/TEL:055-989-8787
日本の女性ならおそらく一度はその商品を手に取ったことがある「資生堂」が運営する美術館。建築は高宮真介、谷口吉生両氏の設計で、数々の賞を受賞しています。

イベント情報「ヴィンテージ香水瓶と現代のタピスリー」展

7月3日(火)~ 9月2日(日)の間は「ヴィンテージ香水瓶と現代のタピスリー」展が開催中。ユニークでデザイン性に富んだ香水瓶を取り上げています。
次のイベントは2018年9月11日(火)から11月25日(日)まで開催の「工藝を我らに セレクション 資生堂が提案する美しい生活のための展覧会」です。

美術館情報

所在地: 静岡県掛川市下俣751/開業時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)/休館日:月曜(ただし祝日・振替休日の場合は翌日)、年末年始/料金:無料/TEL:0537-23-6122
浜松市美術館は、郷土ゆかりの作家を中心にガラス絵や浮世絵などを展示している市立美術館です。

イベント情報「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」

6月23日(土曜日)~9月9日(日曜日)の期間で開催中なのは、「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」。「耳をすませば」の監督をつとめた日本屈指のアニメーター近藤喜文(1950-1998)の仕事を振り返り、原画など500点を展示しています。
観覧料は一般:1,300円、大学・高校・専門学校生:800円、中学・小学生600円です。
こんなフォトスポットもありますよ。もうすぐ終了してしまうので、気になる方はお早めに!

美術館情報

開館時間:午前9時30分から午後5時(最終入館は午後4時30分)/休館日:原則月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)
いかがでしたでしょうか?休館日や開館時間が変更になることもありますので、美術館に行く際は必ず、事前に公式情報をチェックしてから出かけてくださいね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pixabay.com/ja/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%83%AB%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8-%E3%83%91%E3%83%AA-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9-%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3-%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91-%E6%9C%89%E5%90%8D%E3%81%AA-828904/