Wh1sv2yfkx1neoafd6vk

パキスタン

CATEGORY | パキスタン

【2018年】パキスタンのおすすめ料理!在住者おすすめの人気料理TOP15!

2018.09.01

パキスタン料理は、インドやアフガニスタンなどさまざまな国の影響を受けています。パキスタンはイスラームの国なので豚肉を食べませんが、代わりに羊を食べることも特徴です。今回はそんなパキスタンの料理を15品厳選してご紹介します。

  1. パキスタン料理とは?
  2. パキスタンのおすすめ料理!第1位ティッカ ボッティ バーベキュー
  3. パキスタンのおすすめ料理!第2位コフタカレー
  4. パキスタンのおすすめ料理!第3位チャパティー
  5. パキスタンのおすすめ料理!第4位キーマカレー
  6. パキスタンのおすすめ料理!第5位シンディ・ビリヤニ
  7. パキスタンのおすすめ料理!第6位ムルグ チョレー
  8. パキスタンのおすすめ料理!第7位チキンテッカ
  9. パキスタンのおすすめ料理!第8位シークケバブ
  10. パキスタンのおすすめ料理!第9位プラオ
  11. パキスタンのおすすめ料理!第10位ラホーリ・フィッシュ
  12. パキスタンのおすすめ料理!第11位!カリー・パコーラ
  13. パキスタンのおすすめ料理!第12位チキン・ホワイト・コルマ
  14. パキスタンのおすすめ料理!第13位ラジマカライブーナ
  15. パキスタンのおすすめ料理!第14位サブダナ・キール
  16. パキスタンのおすすめ料理!第15位ガージャルカハルワー
  17. まとめ
パキスタン料理とうとどんな料理を思い浮かべるでしょうか。インド料理と似たイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。パキスタンはインドやイラン、アフガニスタンといった周辺国の料理の影響を色濃く受けています。そのため、スパイスを使用した料理が多く、またイスラームの国でもあるので豚肉を使用しません。
日本では珍しいラム肉ですが、パキスタンではよく使われているので、本場のパキスタン料理を食べるときはぜひ挑戦してみてください。一見日本ではあまり馴染みのない印象のパキスタン料理ですが、実は日本にもパキスタン料理の店はあります。そちらでは日本人が食べやすいように工夫されているので、パキスタン料理を日本で味わってみたい方は、お近くのパキスタン料理屋さんへ行くのもおすすめです。
パキスタンにおける焼肉のような料理です。一口サイズに切った牛肉や鶏肉を、多種類のスパイスに漬けこんで焼いたものです。スパイシーでエスニックなパキスタンの伝統的な料理です。スパイスが効いていてからいので、はじめは水を飲まないとつらいかもしれませんが、なかなかクセになる料理です。パキスタンに旅行に行った際はぜひ食べてみてはいかがでしょうか。
パキスタンでよく食べられるカレーで、ひき肉を団子状にしたミートボールが入っています。パキスタンでは羊の肉を使うことが多いです。スパイスやハーブをふんだんに使ったカレーソースはからく、クセになる味です。家で造る際は、調味料の量を調整して、ご飯と食べるのがおすすめです。
パキスタン料理といえばチャパティーは外せない品です。インドでカレーとともに食べられるナンのようなクレープ状の生地です。シンプルなロティの一種で、発酵させずに焼いて、塩で味付けをします。スパイシーな料理の多いパキスタンではなくてはならないつけあわせといったところでしょうか。カレーなどと一緒に食べられることが多いです。パキスタンに旅行に行った際はぜひ食べてみてください。
日本でもよく知られているキーマカレー。「キーマ」とはひき肉のことを指します。牛肉、羊肉、鶏肉などを使い、ソースが少なめでドライカレーに近いカレー料理です。家で作るときには、青唐辛子など少しからい香辛料を入れることをおすすめします。ご飯はもちろん、チャパティーやレタスに巻いて食べると美味しいです。
ビリヤニとは、パキスタンを代表する炊き込みご飯のような料理です。パキスタンだけでなく、インドなど周辺国でも似たような料理が食べられています。肉や野菜をスパイスとともに混ぜ込んだカレーとご飯を炊き上げています。鶏肉が使われることが多いです。スパイスがよく効いており、ヨーグルトとの相性が抜群です。祝いの席で食べられることもあります。パキスタンに旅行に行った際はぜひ食べてみてください。
ムルグチョレーはひよこ豆と鶏肉を使って簡単に作れるカレー料理です。さらさらしたスープのようなカレーになっており、ムルグは鶏肉、チョレーはひよこ豆を意味します。パキスタン料理はスパイスをふんだんに使うのでからいことが多いですが、このカレーはひよこ豆が甘さを出してくれるので、からいものが苦手な人でも食べやすくなっています。
鶏肉をスパイスに漬けこみ、豪快に焼き上げた肉料理です。日本でいうタンドリーチキンに近い肉料理です。スパイスがきいていてクセになります。調理方法が簡単なので家でも作ることができます。ホームパーティーやクリスマスなどのお祝いごとで喜ばれそうな料理です。パキスタンに旅行に行った際はぜひ食べてみてください。
中東の料理といえばケバブを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。シークケバブはパキスタンの伝統料理のひとつで、串にひき肉を巻きつけて炙り焼きにしたものです。肉にスパイスで味付けされていますが、ミントなどのソースをつけて食べるのが主流です。スパイシーなつくねのようなエスニック料理です。パキスタンに旅行に行った際はぜひ食べてみてください。
見た目は違いますが、ビリヤニによく似た米料理です。野菜や肉をバスマティライスと混ぜて炊き込みます。シナモンやコリアンダーといったスパイスを使用しており、からさが少ないのが特徴です。パキスタンに旅行に行った際はぜひ食べてみてください。
魚のフライです。スパイスをふんだんにつけ、カリカリに焼き上げます。パキスタンの都市・ラホールで生まれた名物料理であることから「ラホーリ・フィッシュ」と呼ばれています。本場では川魚を使いますが、日本では白身の魚をよく使います。家庭で作るなら鱈や鰤などもおすすめです。
名前からわかる通り、カレー料理です。「パコーラ」とは天ぷらのような料理のことを指します。ひよこ豆の粉とスパイスと、玉ねぎなどの野菜を使います。カレーはトマトベースで、これらの具材を混ぜると非常にボリューミーになります。
クリーミーでからさひかえめのカレー料理です。玉ねぎや鶏肉が入っており、ヨーグルトが混ぜられたクリーミーなソースが特徴です。ヨーグルトが入っているのでほかのカレーと比較してもからくなく、どくとくの酸味がクセになります。少し珍しいカレーを食べてみたい方におすすめの料理です。
赤金時豆を使ったカレー料理です。赤金時豆というふっくらした豆をメインに、玉ねぎなどをふんだんに入れたからさひかえめのマイルドなカレーになっています。基本的にトマトベースなので、酸味とからさがマッチした栄養満点の料理です。パキスタンに旅行に行った際はぜひ食べてみてください。
このサブダナ・キールというのは、パキスタンで日常的に食べられているデザートになります。牛乳をベースにしたプディングのようなもので、タピオカとナッツが入って甘いです。パキスタン料理は、スパイスがふんだんに使われたからい料理が多いです。パキスタン旅行でからいものを食べ終わったあとには「サブダナ・キール」で舌を休めましょう。
赤い見た目から、からそうな気もするのですが「ガージャルカハルワー」は、にんじんをベースにした甘いデザートです。すりおろしたにんじんを牛乳や砂糖で煮詰め、ナッツやドライフルーツを入れます。スパイスが効いてからい料理が多いパキスタンでは、デザートは舌を休めるためにも甘いものが多いですね。「ガージャルカハルワー」は、使用されている食材も、野菜やフルーツがメインで健康にも良いデザートになっています。
いかがでしたか。パキスタン料理はスパイスをたっぷり使った料理が多かったですね。スパイスのほかにも、ひよこ豆や鶏肉を使用する料理も多いようです。パキスタンの人はカロリーの高い肉やカレーを好んで食べ、デザートは甘いものが多いです。これは暑い国ならではの食文化です。家庭でパキスタン料理を作ってみたいという方は、日本人でも食べやすいように少しアレンジを加えてみてもいいかもしれません。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bm_qGwDlm-X/?tagged=%E3%83%91%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3