Nckigrxrrd5tb89vpoa0

アメリカ合衆国

CATEGORY | アメリカ合衆国

観光だけじゃない!ニューヨークの絶品グルメまとめ

2018.04.09

世界の中心地ニューヨーク。ビジネスや流通のみならず文化や流行の発信地でもあるこの地は、もちろんグルメもトップクラス。数々の絶品料理に出会えることでしょう。そんな一度は訪れたい憧れの地、ニューヨークで食べることができる絶品グルメをまとめてみました。

  1. ニューヨークの絶品グルメ①パンケーキ
  2. ニューヨークの絶品グルメ②ハンバーガー
  3. ニューヨークの絶品グルメ③ベーグル
  4. ニューヨークの絶品グルメ④パストラミサンド
  5. ニューヨークの絶品グルメ⑤ゴスペル鑑賞しながらブランチ
  6. ニューヨークの絶品グルメ⑥シーフード
  7. ニューヨークの絶品グルメ⑦ステーキ
  8. ニューヨークの絶品グルメ⑧スイーツ
  9. ニューヨークの絶品グルメ⑨野菜を楽しむレストラン
  10. まとめ
日本でも数年ほど前からパンケーキブームで多くのパンケーキ有名店が登場しています。その火付け役ともいえるお店を含め美味しいパンケーキ店がニューヨークにはいくつもあります。それではご紹介していきましょう。

クリントンストリートベイキングカンパニー

こちらのお店、前述したパンケーキブームの元祖のお店です。一番おいしいパンケーキ屋は?と聞かれてこの店を答えるニューヨーカーも多いはず。毎朝、ここのパンケーキを求めて行列ができています。ふわふわのパンケーキ是非お試しあれ♪

Friedman's Lunch

クリントンストリートベイキングカンパニーは日本にも進出しているので、日本未上陸のお店を紹介します。こちらのお店の売りは、素材にこだわっているところです。オーガニックであったり、グルテンフリーのものが用意されていたりと健康志向の方にも安心のお店です。ただ非常に人気なので昼時は混雑しているかも。
アメリカといえば!ハンバーガーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?ニューヨークにもたくさんのおいしいハンバーガーショップがありますがその中から数店舗紹介していきましょう。
Kregpyppitkyrojhbobh
引用: http://www.yunphoto.net/jp/photobase/yp14414.html

ミネッタ・タバーン

アメリカにきたなら、ボリューミーでジューシーな大胆なハンバーガーを頬張りたい。と思う人も多いと思います。ここならその願いが叶えられます。一口食べれば、分厚いパテから、肉汁があふれ出ること間違いないでしょう。アメリカンな完成度の高いハンバーガーを食べたければ是非訪れて下さい。

基本情報

住所:113 Macdougal St New York, NY 10012(Greenwich Village)/電話番号:+1(212) 475-3850

コーナー・ビストロ

次に紹介するのは、1960年創業の老舗コーナービストロ。古びた雰囲気が古き良き時代の空間を作り出しているこのお店にはなんと6種類のハンバーガーメニューしかありません。この店の人気商品「ビストロ・バーガー」を地元民と共にかぶりつきましょう。
かつてユダヤ系移民がニューヨークにもたらしたベーグルですが、いまやニューヨークを代表する食べ物です。今回紹介するのは青白のストライプオーニングテントが目印のマレーズ・ベーグルというお店です。
まずは、ベーグルの種類を決めその後フィリング、ドリンクと選びお会計となります。それぞれ豊富な種類で迷ってしまうと思いますが、迷ったら是非、「ロックス」と頼んでください。クリームチーズとスモークサーモンというニューヨーカーにとっては馴染みの味で、重すぎず相性抜群で病み付きになること間違いなしです。
日本ではあまり馴染みのないパストラミサンドですがアメリカでは代表的なファストフードです。今回ご紹介するKat's Delicatessenは創業からなんと129年です。ガイドブックにも掲載されているため、観光客や地元のお客さんで連日にぎわっているお店です。
この写真からもわかるようにとにかくボリュームがすごいサンドウィッチ。味付けはシンプルにマスタードのみなんですが、パストラミの塩気と絶妙にマッチして後を引くおいしさです。
ニューヨークでの滞在にも少し慣れ、そろそろ優雅なひと時を楽しみたいそんなあなたにオススメなのが、日曜日の朝ゆっくりと起きてゴスペルを鑑賞しながらブランチを楽しめるB.B King Blues Club&Grillです。
昼12:30スタートなので、寝坊すけさんでも安心。食事はビュッフェ形式でアメリカの朝食の定番料理から南部料理など数十種類から選べます。またゴスペルも参加型で周りの観客と一体になって楽しむことができ、異国の雰囲気を楽しみながら素敵な思い出となること間違いなしの体験が出来ます。
いくら肉文化といえど毎日毎日お肉では飽きてしまいますよね?もちろんシーフードの名店もございます。チェックしていきましょう!

ロブスターロール

ロブスターロールで有名なこちらのお店。新鮮なロブスターを豪快に使っており、シーフード好きな方にとってはマストゴーのお店だと思います。思う存分ロブスターを堪能できます。

グランド・セントラル・オイスター・バー

100年近い歴史をもつこちらのお店、世界的に有名なランドマークとしての機能もあります。常時10種類以上のオイスターが用意されており、選ぶのも楽しめ味ももちろん言うことなしの人気店です。
アメリカは肉文化だと度々触れておきながら、肝心のステーキを紹介していませんでした。肉のクオリティの高いニューヨークの中でも群を抜く不動の一位だといわれているピータールーガーをオススメしたいと思います。
日本では霜降り和牛が高級で人気ですが、アメリカのステーキは赤身肉のステーキです。日本のものとは一味ちがったステーキを存分に味わって欲しいと思います。
おなかいっぱいにご飯を食べても甘いものはやっぱり別腹。そんな皆さんのためにニューヨークの美味しいスイーツをご紹介します。

JUNIOR'S

チーズケーキの有名店で一度食べたら忘れられない味です。チョコやフルーツなどレパートリーも豊富なチーズケーキ。ただ日本のものと比べるととても甘いので甘党の方にオススメです。贅沢にチーズが使われたチーズケーキをお楽しみ下さい。

BLACK TAP

ずばりインスタグラムから広がったフォトジェニックなミルクシェイクが売っているお店です。
写真をみてわかるようにこれが到底飲み物とは思えません。もはやれっきとしたデザートです。シェイクの上に、ケーキがのっていたりチョコレートでデコレーションされていたり、わたあめがのっていたりとバリエーション豊富です。カロリー計算したくないアメリカンなデザートですが一度は挑戦しておきたいですよね♪
健康に注目が集まり、ベジタリアンやビーガンという言葉も多く耳にする時代。流行の発信地であるニューヨーク、もちろん野菜をおいしくいただけるお店もあります。今回紹介するAngelica Kitchenは野菜に対するストイックなこだわりが定評です。
収穫から48時間以内に調理される新鮮な野菜で作られる料理は、肉や卵を使用していないのですがそれを感じさせないボリュームのある料理の数々です。疲れた胃を癒してくれる優しい味で、胃も心も満足するはず。
今回は9選にまとめて紹介しましたが、ニューヨークには他にも多くのグルメなレストラン、カフェで溢れています。ありすぎて迷ってしまったときの参考になれば幸いです♪
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://gahag.net/011315-manhattan-cityscape/