Y76mirzc0nuqmnyik20z

台湾

CATEGORY | 台湾

台湾の現在の治安は良い?悪い?【2018年度版】~日本人は大丈夫なのか?~

2018.09.03

台湾は、旅行に行きたい国ランキングでは常に上位にランキングされていて、毎年たくさんの日本人が訪れています。治安は良くて、旅行先として人気の高い台湾ですが、実際に治安はどうなのかを調べてみました。安心して旅行を楽しむために、旅行に行く前にぜひ読んでください。

  1. 台湾の治安は?台湾ってどんな所?
  2. 台湾の治安は?注意点その① タクシー
  3. 台湾の治安は?注意点その② 車の運転
  4. 台湾の治安は?注意点その③ 観光地ではスリに注意
  5. 台湾の治安は?注意点その④ 露出は控えめに
  6. 台湾の治安は?注意点その⑤ 夜市では生ものは避ける
  7. 台湾の治安は?注意点その⑥ 日本語は案外通じています。
  8. 台湾の治安は?注意点その⑦ 台湾でもお金の単位は円?
  9. 台湾の治安は?注意点その⑧ MRT(地下鉄)では飲食禁止!
  10. まとめ
台湾は、日本から2~3時間で行けるため、日本旅行客に大変人気があります。台湾の面積は、日本の九州より少し小さいくらいです。親日家が多いことで有名で、日本で地震や災害などがあれば、真っ先に支援の手を差し伸べてくれる、日本人にとってはありがたい国でもあります。
Fei3iks4rtrkr8jpyres
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/1676483?title=%E5%8F%B0%E6%B9%BE%20%E5%8F%B0%E5%8C%97%20%E5%A4%9C%E6%99%AF
治安の面でも、比較的安全だといわれています。外務省による海外安全ホームページでも、全く危険な場所は提示されていません。また、都市・国家比較サイト「NUMBEO」の安全な都市ランキング2017では、台北は世界で3番目に安全な都市という高評価でした。
台北だけでなく、台湾はほぼどこの地域でも治安が良いでしょう。その原因の一つは、監視カメラがあちこちに設置されているということです。気にしなければ、それほど監視カメラの多さに気づくことはありませんが、留学生など台湾で生活する日本人によると、監視カメラがたくさんあると安心なのだそうです。
コンビニが多く、夜でも明るい場所が多いので、夜中に歩いていてもそれほど危険は感じないでしょう。ただし、治安がそれほど悪いと言う訳ではありませんが、夜中に女性が一人で出歩くのは、出来るだけ控えた方がいいでしょう。
Rp43ysntjot6s4rtqvzd
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/1640774?title=%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%81%AE%E5%A4%9C
外務省のサイトによれば、最近パスポートを盗まれる被害が増えているそうです。また、クレジットカードを使用して買い物をした後に、支払いの不備があったなどと二重に支払いをさせる詐欺もあるようなので、十分注意してください。
また、日本でも治安が良い場所もあれば悪い場所もあるのと同じで、台湾でも比較的治安の悪い場所もあります。ガイドさんやホテルの人が、治安が悪いという場所には近づかないようにしてください。
Ax3dbaidjxaes4vxb5le
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/1728187?title=%E4%BF%9D%E5%AE%89%E5%AE%AE%20%E5%8F%B0%E6%B9%BE
台湾では、タクシー代もそれほど高くないので、観光の際にタクシーを利用するのはとても便利です。片言の日本語で楽しい会話をしてくれたり、簡単な中国語を教えてくれたり、観光案内までしてくれたりすることもあります。
S2347ytyfxvj9fgeql7v
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/1773409?title=%E5%8F%B0%E6%B9%BE
ただし、タクシーの運転手にもいろいろなタイプの人がいるので、街中でタクシーを捕まえるときには、なるべくきれいなタクシーを選んでください。
外務省のサイトや、治安の良いランキングで上位にランクされている台湾ですが、タクシーでのトラブルは時々報告されています。特に女性は、夜一人でタクシーに乗るのは危険なので止めましょう。過去にタクシードライバーに乱暴されたという事件もあるので注意が必要です。
どうしてもタクシーを使わないといけない場合は、ホテルやレストランに頼んで、呼んでもらうことをおすすめします。
タクシーに乗る時には、日本語や英語のホテル名やスポット名では通じないことがあるので、行先は漢字で書いたメモを用意しましょう。
台湾に行ったことがある人は、タクシーやバスに乗って「運転が荒い」と感じたことがある人が多いと思います。普段は親切な台湾人ですが、ハンドルを持つと結構無謀な運転をすることが多いので、日本人からするとヒヤヒヤする場面があります。
Zkbj4drnayurfgvogm7a
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/1730211?title=%E5%8F%B0%E6%B9%BE-%E5%8F%B0%E5%8C%97%20%E8%A5%BF%E9%96%80%E7%94%BA%E4%BA%A4%E5%B7%AE%E7%82%B9
以前参加したツアーのガイドさんが、「台湾の人たちはみんな運転が上手ですよ。なぜなら、運転が下手な人はみんな事故で病院にいますから。」という冗談を言っていましたが、あながち冗談ではなく、台湾では交通事故が多いので、注意が必要です。
Swhnmtmnrrtyydkzy74y
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/965641?title=%E3%81%82%E3%82%8B%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%81%AE%E5%A4%9C
外務省のサイトでも危険レベルはゼロで、治安がいいというランキングでは上位の台湾ですが、交通事故は比較的多いようです。日本では歩行者優先が当たり前ですが、台湾では車優先のケースが多いので、歩くときや特に道路を横断するときには特に注意してください。
日本でもそうですが、台湾でも人気の観光地や夜市など、人混みの多い所ではスリが頻繁に出没します。これは、地元の人ではなく、外国から来た窃盗団によるものが多く、2~3人一組で、一人が被害者の注意をそらし、別の仲間が金品を盗む手口が多いようです.
Tb2i0yblkybyrkcbq1th
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/1147360?title=%E8%87%A8%E6%B1%9F%E8%A1%97%E8%A6%B3%E5%85%89%E5%A4%9C%E5%B8%821%20(Taipei/Taiwan)
旅行では便利なリュックサックですが、人混みの中ではスリに狙われやすいので、前掛けにするなどの対策が必要です。また、バックはなるべく斜め掛けにし、盗られやすい状況を作らないように気を付けましょう。
Vn9ame3rj9ee00ikunvu
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/1487591?title=%E5%8F%B0%E6%B9%BE%20%E4%B9%9D%E4%BB%BD%E3%81%AE%E5%A4%9C%E3%81%AE%E8%A1%97%E4%B8%A6%E3%81%BF
スリに次いで多いのが置き引きです。空港のチェックインカウンターやホテルのフロントで手続きしている間に、床に置いた荷物を持って行ったり、レストランで椅子にバックを置いたまま席を離れると、戻ってきたときには荷物がなくなっていたりすることがあります
Sryj6sshln1bsp86ijro
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/1147342?title=%E4%B9%9D%E4%BB%BD%20(jiufen/Taiwan)
台湾での盗難やスリの被害については、外務省のウェブサイトでも注意喚起をしていますので、旅行に行く前には一度外務省のサイトをのぞいてみてください。
台湾に限らず、日本でも起こるようなことですが、ついつい旅行で気が緩んで、注意力がなくなると、被害をこうむる可能性があるので、自分の荷物から絶対に目を離さないということを頭に入れておきましょう。
台湾は日本に比べて温暖な気候で、特に夏の時期は薄着になることが多いのですが、あまり露出の多い服は控えた方がいいでしょう。行き過ぎた服装は、異性を挑発しているととられたり、トラブルに巻き込まれやすくなります。
いくら治安の良い国ランキングで上位の台湾と言っても、全くトラブルがないわけではありません。実際にトラブルに巻き込まれてからでは遅いので、常識の範囲での行動や服装を心がけましょう。
また場所によっては、夜の商売の女性と間違われることもあります。海外旅行ということで、つい開放的な気分になり、羽目を外してしまう人も多いようですが、軽く見られるような服装は避けましょう。
台湾旅行の楽しみの一つが、夜市です。食べ物の屋台もたくさんあり、どれも美味しそうで何を食べようか迷ってしまいます。ですが、屋台ではフルーツなどの生ものは控えた方がいいでしょう。生水は絶対に飲まないでください。
Bzlj04lfysf7bn0c0fl7
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/1618564?title=%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%81%AE%E5%B1%8B%E5%8F%B0
また、飲み物に入っている氷にも注意が必要です。台湾名物のかき氷も、屋台で食べるのは控えた方がいいかもしれません。屋台では、熱を加え調理したものを食べるようにしてください。
かき氷や氷入りのジュースを食べたいときは、屋台ではなく店舗でいただきましょう。台湾の店舗は、衛生局の基準が厳しいので、安心です。夜市に行くときには、コンビニやジューススタンドで飲み物を買って、持っていくといいでしょう。
Emvid6l57kbndzmezbtv
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/930742?title=%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%81%8B%E3%81%8D%E6%B0%B7
外務省のサイトでも注意喚起をしているように、人気のある夜市は、平日でも大変混雑していて、スリによる被害が多く報告されています。屋台に気を取られているうちに、財布を抜き取られることがないように、十分注意してください。夜市に行くときには、カードやパスポートはホテルのセキュリティーボックスに預け、必要最小限のお金だけ持っていくのもいいでしょう。
台湾では、昔日本が統治していた時代に日本語で教育を受けた人がいて、年配の方を中心に日本語がわかる人が多いです。また、日本のアニメやドラマ、歌など、台湾でも人気が高く、それらを通じて日本語を理解する若者もたくさんいます。
Jpdysv2nje1hqkpzqcxx
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/1147358?title=%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%80%80(Taipei/Taiwan)
外国だから日本語は分からないだろうと、大きな声で日本語を話している旅行客を時々見ますが、台湾人の中には話の内容を理解する人がいます。うかつに批判するような発言をすると誤解され、トラブルに巻き込まれることがあるので、注意してください。
Igksuyjxjqcrvabacqfu
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/421838?title=%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%81%AE%E8%8C%B6%E8%8A%B8%E9%A4%A8
親日家が多いとはいえ、反日家がいないわけではないので、むやみに大声で話をするのも控えた方がいいでしょう。特に政治にかかわる会話は、絶対にしないでください。
台湾の通貨はNT$(ニュー台湾ドル)ですが、表示は「元」と書かれています。ですが、市場や屋台などでは「圓」と表示しているところもあります。圓は円の旧字体なので、これって日本円?と勘違いする人もいるかもしれません。
Yfkla4jv1noewgvtvjrs
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/1309552?title=%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%83%89%E3%83%AB%E3%80%80%E5%85%83
また、お土産物屋さんで「3つで1000エン」と呼びこんでいるので、日本円かと思ったら、台湾元だったということもよくあります。1000元は約3600円ほどですから、だいぶ違いますよね。
Xe5ockigxiusdwbvlyyd
引用: https://www.photo-ac.com/main/detail/1147362?title=%E8%87%A8%E6%B1%9F%E8%A1%97%E8%A6%B3%E5%85%89%E5%A4%9C%E5%B8%823%20(Taipei/Taiwan)
日本人は勘違いしても、そのまま買ってくれる人が多いので、お土産物屋さんの場合は、わざと「エン」を使っているところもあります。また、中には日本人とみるとボッタクる悪いお土産物屋さんもあるので、ごまかされないように注意してください。
台湾でも、新幹線や鉄道では駅弁を楽しんだりすることができますが、台北中心街と周辺都市を走るMRT(地下鉄)では、車内での飲食は禁止です。MRTは現在6路線が運行していて、旅行者にも大変便利な移動手段です。
観光につかれて、MRTに乗車しついつい飲み物を飲みたくなるかもしれませんが、車内でペットボトルの飲み物を飲んだり、ガムを噛んだり、飴をなめるだけでも、罰金1500元(約5,500円)がかかってきます。
今まで実際に罰金を支払ったことがある人がいるのかどうかは分かりませんが、ついつい飲み物を飲んで駅員に注意されている日本人は良く見かけます。
日本と同じような感覚で、うかつに飲んだり食べたりすると、もしかしたら罰金を払わされることもあるので注意しましょう。できれば、ペットボトルはカバンの中にしまっておきましょうね。
台湾には、治安が悪いというイメージを持っている人はいないでしょう。旅行者が行きたい国ランキングでも、また治安が良い国ランキングでも常に上位にランクされているので、次の旅行先に台湾をという人も多いでしょう。日本からとても近い国ですが、習慣や規則など日本と違うところもたくさんあります。
悪気はないのだけれど、知らなかったせいでトラブルに巻き込まれたということがないように、注意点や対策などを事前にチェックしておくことは大切です。現在のところ、台湾には治安の悪い所はありませんが、旅行に行く前には外務省などのホームページで、再度確認することをおすすめします。
とはいっても、親切な人が多く、おいしい食べ物がいっぱいある台湾への旅行は、楽しい思い出がいっぱいできるはずです。ぜひ、台湾旅行を楽しんでください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.photo-ac.com/main/detail/1785009?title=%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%80%80%E9%BE%8D%E8%99%8E%E5%A1%94