Hofsjqf0fdp8vm7me7ne

デンマーク

CATEGORY | デンマーク

デンマークの現在の治安は?悪い?旅行前にチェック! 【2018年度版】

2018.09.03

国民の幸福度や住みやすい都市ランキングで世界一にも輝いたことがある国デンマーク。医療問題や男女平等など、社会的支援や福祉国家としても定評がありますが、現在のデンマークの治安はどうなっているのでしょうか。今回はデンマークの犯罪や治安についてご紹介します。

  1. デンマークの現在の治安①デンマークの治安
  2. デンマークの現在の治安②首都コペンハーゲンの治安
  3. デンマークの現在の治安③薬物中毒の増加
  4. デンマークの現在の治安④ギャングの抗争
  5. デンマークの現在の治安⑤移民・難民問題
  6. まとめ
イギリスの経済平和研究所が毎年発表している「世界平和度指数(Global Peace Index)」ランキングでは、デンマークは2017年時点で世界ランキング第5位という、治安が良い国として発表されています。余談ながら日本はランキング第10位となっており、日本よりも安全とされています。他のヨーロッパの国と比べても、治安の良さは飛びぬけて良いのがデンマークです。
ところが首都コペンハーゲンに焦点を絞ってみると、そう安全とはいえない現状が浮かび上がってきます。デンマークは3つのエリアから成り立っており、コペンハーゲンがあるシェラン島、アンデルセンの生まれ故郷オーデンセがあるフュン島、ユーラシア大陸と繋がっているユラン半島(ユトランド半島)です。デンマークはコペンハーゲン以外小規模な街で、人口はコペンハーゲンに一極集中しており、移民も抱える問題を持っています。
コペンハーゲンにおける治安はランキング・ワースト5は、中央駅北Banegaardspladsen周辺、中央駅の西側Vesterbrogade周辺、コペンハーゲン北エリアNoerrebrogade周辺、中央駅の南西側Halmtorvet周辺、そして中央駅東側Christianshavn周辺となっています。いずれもコペンハーゲンの中心にある中央駅は治安が悪い場所であり、また世界最古のテーマパークであるチボリ公園もあるメインスポットでもあるので、スリや置き引きには十分気をつける必要があります。
中央駅西側は安いホテルやナイトスポットも多く、楽しい雰囲気がある反面、軽犯罪も多発している治安が悪い所なので訪れる際は注意しましょう。コペンハーゲンの北は観光スポットも特にないため、観光客が訪れることは少ないですが、発砲事件も発生している地区という認識は持っておきましょう。Christianiaは少し特殊で、住民が自治を主張している区画で、大麻が平然と取引されていたり撮影禁止エリアがあるため、避けた方がよい場所です。
日本の外務省によると、特にコペンハーゲンは若年層を中心とした薬物中毒者の増加が大きな社会問題となっています。更に外国人犯罪者が流入しており、観光シーズンになると空港や駅、ホテルやレストランなどで旅行者が盗難の被害に遭うケースが多発しており治安が悪いです。
デンマークは薬物乱用による死者がヨーロッパでも最多といわれており、約7万人が薬物依存症の治療を受けているといいます。そのほとんどがコペンハーゲンで、若者が集まるクラブやバーなどで大麻が売買されているといわれています。日本の外務省からも発出しているように、知らないうちに犯罪に巻き込まれないためにも、怪しげな場所には行かないことが重要です。
外務省も述べていますが、薬物問題の次に社会的問題となっているのが、ギャング団の抗争です。彼らは麻薬取引などに関わっており、その縄張りや勢力争いのためにコペンハーゲンでは発砲事件が頻繁に起こっています。特にコペンハーゲンの北エリアでは、中東からの移民系で結成されたギャング団同士の抗争が多発しているので、近寄らないようにしましょう。
移民・難民問題もデンマークの大きな社会問題のひとつとなっています。他国から来た移民集団がギャング団を形成し、それに対抗する形でデンマーク人ギャング団が過激化して抗争する事態に発展しています。またデンマーク国内の移民政策への反応として、日々の生活においてもデンマーク人と外国人の対立が垣間見えることがあります。
現在、日本の外務省からは特に危険情報が発出されてはいませんが、2015年にはコペンハーゲン市内において、イスラム過激派に影響を受けた男により銃撃テロ事件が発生しましたので、デンマークでもテロの可能性はゼロではないと考えておきましょう。
いかがでしたか? 今回はデンマークの現在の治安についてご紹介しました。世界でも5本の指に入るほど治安の良い国といわれていますが、首都コペンハーゲンに絞ってみると、旅行者なりの安全対策は必要です。旅行に行かれる際には十分注意しましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BnGwDcRBVRL/