Pydj9ue4f6vo8pyoifzx

インドネシア

CATEGORY | インドネシア

バリ島のおすすめ観光スポット・絶対に外せない観光地や人気ホテルなど

2019.07.01

神々の棲む島「バリ島」は、インドネシア最大のリゾートで、世界中から多くの観光客を惹きつけます。海や山などの大自然や世界遺産の観光地、お買い物など様々なアクティビティが楽しめる魅力的なバリ島。今回はそんなバリ島のおすすめ観光地やおすすめホテルをご紹介します!

  1. 東南アジアにあるインドネシアのリゾートバリ島
  2. 観光もお買い物も楽しめるバリ島
  3. エリアによって異なる表情を見せるバリ島
  4. エリア別に見るおすすめホテル
  5. バリ島でおすすめのホテル/レギャン・スミニャック
  6. バリ島でおすすめのホテル/クタ
  7. バリ島でおすすめのホテル/ジンバラン・ウルワツ
  8. バリ島でおすすめのホテル/ヌサドゥア
  9. バリ島でおすすめのホテル/サヌール
  10. バリ島でおすすめのホテル/ウブド
  11. バリ島でおすすめの観光スポット①タナ・ロット寺院
  12. バリ島でおすすめの観光スポット②ウルワツ寺院
  13. バリ島でおすすめの観光スポット③ブサキ寺院
  14. バリ島でおすすめの観光スポット④タマン・アユン寺院
  15. バリ島でおすすめの観光スポット⑤ビーチ
  16. バリ島でおすすめの観光スポット⑥キンタマーニ高原
  17. バリ島でおすすめの観光スポット⑦ライステラス
  18. バリ島でおすすめの観光スポット⑧美術館
  19. バリ島でおすすめの観光スポット⑨ウブド市場&ウブド王宮
  20. バリ島でおすすめの観光スポット⑩モンキーフォレスト
  21. まとめ

インドネシア共和国バリ州に属する島バリ島。東南アジア最大のリゾートであるバリ島は、世界中からの観光客が訪れます。素朴な東南アジアの雰囲気も残しつつ、リゾート地として開発されたバリ島は、多くの旅行者を魅了しています。

バリ島へのアクセスは?

多くの世界遺産や観光スポットを有するバリ島。日本からは、成田空港か関西国際空港からデンパサール航空直行便でアクセスでき、約8時間のフライトとなります。またアジア系航空会社の経由便でも訪れることが可能ですが、乗り継ぎにかなりの時間がかかり、10時間以上の移動時間となる場合があります。

バリ島ってどんなところ?

ビーチやホテルのプール、観光に買い物など様々なアクティビティが楽しめるバリ島。エリアによって雰囲気が変わり、旅行に合わせて宿泊するホテルの立地を選ぶことがおすすめです。また、インドネシア料理は日本人の口にも合いやすく、食事も楽しめるのがバリ島の魅力です。

バリ島観光のベストシーズン

海外旅行で気になるのが、旅先のベストシーズン。特に東南アジアのバリ島は、雨季と乾季では過ごし方に大きく影響します。熱帯モンスーン気候に属するバリ島は、基本的に11〜3月が雨季、4〜10月が乾季となり、一年中高温多湿な気候が特徴です。雨季のバリ島は、決まった時間帯に短時間の大雨が降ることが多く、それ以外の時間は観光することも可能です。しかし、海の水が濁っていたり、排水設備が十分でないため虫が増えたりすることもあり、観光で訪れるならやはり乾季がオススメです。

バリ島の観光には乾季がオススメになりますが、スパやエステなど室内で過ごすのがメインの過ごし方やホテルステイを楽しむ旅行スタイルなら、雨季の方が旅行代金が抑えられ、お得に旅することができる場合も。また、バリ島でぜひ訪れてほしいライステラス(棚田)は、雨季の方が鮮やかなグリーンを楽しめ、雨上がりの澄んだ空気の中で絶景を堪能できます。

バリ島観光で持っていきたいもの

R5aswssindy7nuvphdrj

バリ島は年中高温多湿の気候が特徴で、強い日差しのため紫外線対策が必要です。バリ島旅行へは、サングラスや日焼け止めなどを持っていくと便利でしょう。内陸部の高い標高にあるウブド地区は山と自然に囲まれているため、南部のビーチエリアと比べ少し涼しく、雨も多くなりますので、調整しやすい服装がオススメです。東南アジア特有のスコールの時は、雨傘はあまり役に立ちません。室内で雨が止むのを待つのが良いでしょう。

ビーチだけじゃない!買い物も充実

バリ島旅行の楽しみのひとつ、ショッピング。お買い物も楽しめるバリ島には、買い物好きな女子のハートを鷲掴みにする美容グッズや可愛い雑貨がたくさん!バリ島を訪れた女子のほとんどがお土産にするのが、洗い流さないヘアトリートメント。しっとり滑らかな髪になると評判で、プチプラなのでバラマキ土産としてもオススメです。

バリ島発!ナチュラルコスメのUTAMA SPICE(ウタマスパイス)

ナチュラル志向の女子に人気のブランド「UTAMA SPICE(ウタマスパイス)」。バリ島発のナチュラルコスメの先駆けとして、多くの女性たちからの人気を集めています。ウタマスパイス本店があるのは、ウブドのモンキーフォレスト通り。ウブド王宮に向かう途中にあります。観光の合間、お買い物に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【ウタマスパイス ウブド店】住所:Jl. Monkey Forest, Ubud/電話:0851-0085-3155【ウタマスパイス サヌール店】住所:Gopa Town Center Jl. Danau Poso 57, Sanur/電話:0361-282836

バリ島にはおしゃれな雑貨も!

素朴なカゴバッグや洗練された雑貨など、バリ島には可愛くておしゃれなアイテムがたくさん!お買い物大好き女子の物欲を刺激するアイテムがたくさんあって、ついつい財布の紐が緩んでしまいますが、せっかくのバリ旅行!心置きなくお買い物を楽しんでくださいね。

美味しいバリごはんも!

現地のグルメを堪能することは、海外旅行の楽しみのひとつですよね。バリ島では、様々なインドネシア料理がリーズナブルに楽しめます。インドネシア版チャーハンの「ナシゴレン」やインドネシア版焼きそば「ミーゴレン」、インドネシアの串焼き「サテ」など、日本人にも馴染みのある料理がたくさんあり、美味しいバリ飯を堪能できます。

バリ島観光の注意点

旅先でのトラブルはつきものですよね。楽しいバリ島観光にするために、気をつけたい注意点をいくつかご紹介します。

バリ島観光では飲み水に注意しよう!

暑いバリ島での水分補給は重要です。しかし、インドネシアの水道水は飲み水としては適しておらず、ミネラルウォーターを購入するのが一般的です。また、人によっては歯磨き後のうがいでもお腹をこわす場合があります。心配な方は、ホテルなどに常備されているペットボトルの水でうがいすることをおすすめします。

バリ島観光でのお金事情

インドネシア・バリ島の通貨は「インドネシアルピア」です。インドネシアルピアはゼロの数がとても多く、日本人には分かりづらい通貨かと思いますが、ゼロを2つとったくらいの金額だと覚えておけば簡単でしょう。アジア通貨の両替は、基本的に現地の方がレートがいいと言いますが、ゼロの数が多く分かりづらいインドネシアルピアは、気付かないうちに両替所でお金を抜かれてしまうこともありますので十分注意しましょう。

バリ島観光では野良犬に注意

Sbokzogf07umyyun5adw

バリ島には放し飼いの犬や野良犬がいたるところで歩いています。道端に数匹の大型犬がたむろしていて追いかけられたり、場合によっては、狂犬病にかかった犬に噛まれてしまうリスクもあります。バリ島を歩く際は、周りの様子に気を配りながら観光しましょう。

大きく分けて6つの地区があるバリ島

バリ島には大きく分けて6つのエリアがあり、「レギャン・スミニャック地区」、「クタ地区」、「ジンバラン・ウルワツ地区」、「ヌサドゥア地区」、「サヌール地区」、「ウブド地区」があります。それぞれの地区に特徴があり、雰囲気が異なるのがバリ島の魅力です。

ビーチも!森も!買い物も!満喫しよう

有名ホテルが集まる「ヌサドゥア地区」やダイナミックな景色が楽しめる「ジンバラン・ウルワツ地区」、バリ島1の繁華街「クタ地区」では、ビーチアクティビティが満喫できます。おしゃれなカフェやショップが立ち並ぶ「レギャン・スミニャック地区」では、お買い物が楽しめ、中・長期滞在者に人気のエリア「サヌール地区」はゆったりとした時間が流れています。バリ文化に触れられる森のリゾート「ウブド地区」では、マイナスイオンたっぷりの中でのヨガ体験も。それぞれのエリアにそれぞれの魅力が詰まっています。

バリ島観光での主な移動手段は?

バリ島での移動は車がメインとなります。タクシーで移動することもできますが、比較的リーズナブルにバリ島巡りをするなら、カーチャーターがおすすめです。時間に対して料金が決められており、行きたい場所に連れて行ってくれます。また、バリ島内の主要箇所を結ぶツーリストバス「クラクラバス」も人気です。

様々なタイプの宿泊施設があるバリ島

バリ島には、ビルディングタイプのホテルの他に、ヴィラタイプのホテルや中・長期滞在向けのコンドミニアムなど様々な宿泊施設があります。予算や旅の目的などに合わせて使い分けられるので便利です。

女子旅にオススメのエリア「レギャン・スミニャック」

様々なおしゃれショップやカフェが立ち並び、お買い物や街歩きにおすすめな「レギャン・スミニャック地区」。エステやスパでリラックスした後は、美味しい食事を堪能し、可愛いものをショッピング。レギャン・スミニャック地区は、女子旅に人気のエリアです。

レギャン・スミニャック地区のオススメホテル「ザ・レギャン・バリ」

レギャン・スミニャック地区にある高級ホテル「ザ・レギャン・バリ」。スミニャックビーチ沿いにあるレギャン・バリの魅力は、ビーチまでたったの徒歩2分という立地。最高のおもてなしに定評があり、ホテルの宿泊者が利用できるヨガレッスンや美味しい食事が楽しめます。ぜひ、「ザ・レギャン・バリ」でラグジュアリーな体験をしてみてはいかがでしょうか?

昼も夜も賑やかなエリア「クタ」

Tblyly6qsc9nrjy2qdga
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1558059924/tblyly6qsc9nrjy2qdga.jpg

バリ島の繁華街といえば「クタ地区」。DFSギャラリア・バリなどのショッピングスポットやナイトクラブ、サーファーに人気のクタビーチなどがあり、若い観光客が集まります。夜も賑やかなエリアですので、夜遊びしたい方にオススメです。

クタ地区のオススメホテル「ローカル・バリ・ホステル」

クタ地区にある「ローカル・バリ・ホステル」は、おしゃれで清潔とバックパッカーのみならず、安く宿泊したい旅行者にも人気です。フレンドリーなスタッフに高速wifi、屋外プールなどがあり、コストパフォーマンスは抜群です!

癒しの時間を過ごしたいなら「ジンバラン・ウルワツ」

バドゥン半島の付け根にあり、元々は漁村だった「ジンバラン地区」。高級リゾートが集まるエリアとなった現在は、日本でも有名なホテル・アヤナリゾートがあり、断崖絶壁にある「ロック・バー」は大変人気です。また、ウルワツにあるスルバンビーチもサーファーに人気のスポットです。

ジンバラン・ウルワツ地区のオススメホテル「ブルガリ・バリ・リゾート」

手付かずの自然の中にあるプライベートビーチが自慢の「ブルガリ・リゾート・バリ」。上質な空間で過ごす癒しの休日は、最高のリラックスを満喫できるはず。ハネムーンでバリを訪れるカップルや、静かに過ごしたい方にオススメのホテルです。

バリ島屈指の高級リゾート「ヌサドゥア」

バリ島南東部に位置する「ヌサドゥア地区」は、大型ホテルが多く点在する高級リゾートエリアで、外部とホテルはセキュリティーゲートで区別されています。ホテルリゾートの中へ一歩足を踏み入れれば、非日常の空間が広がり、極上体験が待っています。

ヌサドゥア地区のオススメホテル「ザ・ムリアリゾート」

極上のバケーションを体験できるのが、ヌサドゥアにある「ザ・ムリアリゾート」です。ホテルの中で全て完結できてしまうような高級リゾートで、美味しい食事が頂けるレストラン、宿泊者が参加できる様々な体験型アクティビティ、最高の時間が過ごせるスパなど、贅沢なひと時を味わえます。

中・長期滞在者に人気の地区「サヌール」

バリ島の東海岸に位置する「サヌール地区」は、デンパサール国際空港から車で約30分でアクセスできます。縦長のエリアであるサヌールで一番観光客が多いメイン通りといえばダナウタンブリンガン通りです。スーパーやローカル食堂のワルンなどがあり、中・長期滞在者に人気のエリアとなっています。

サヌール地区のオススメホテル「マヤサヌール・リゾート&スパ」

サヌールにある「マヤサヌール・リゾート&スパ」は、メインの大通りダナウタンブリンガン通りにあるビーチフロントのホテルです。リピーターにも人気で、フレンドリーなスタッフや清潔でモダンなお部屋は、ストレスフリーの滞在を実現可能にします。ビーチ沿いのカフェやプールサイドで癒しのリラックスタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか?

大自然が満喫できる「ウブド」

バリ島の内陸にある森のリゾート「ウブド地区」では、大自然の中で過ごす休日が実現できます。また、バリアートやウブド王宮など芸術や歴史に触れられる環境があり、ほかのエリアとは一味違った魅力がある地区です。

ヨガも人気のウブド

意外と知られていないのが、バリ島でのヨガ。ウブドには、世界各国からのヨギーニが集まり、様々なヨガスタジオがあります。大自然の中で、リラックスして受けるヨガレッスンは、心身ともに疲れを癒してくれる貴重な体験となるはずです。

ウブド地区のオススメホテル「アユン・リゾート・ウブド」

ウブド中心部から少し離れた静かな場所にある「アユン・リゾート・ウブド」は美しく洗練されたホテルで、値段も比較的リーズナブル。観光客に人気の朝食は種類も豊富と評判で、朝食会場となるレストランから見渡せる絶景のパノラマは、バリ島旅行で最高の思い出となるでしょう。フレンドリーなスタッフのおもてなしや、マイナスイオンたっぷりの森の中というロケーションは、女子ひとり旅の宿泊先としても人気という理由が頷けます!

夕暮れ時が美しいタナ・ロット寺院

素晴らしい夕日も堪能できるタナ・ロット寺院は、バリ島中西部の海岸にあり、バリ六大寺院のひとつとして知られています。普段は海に浮かぶ神秘的な寺院ですが、干潮時には陸続きとなり、歩いて渡ることができます。バリ島観光では外せない観光スポットです。

ウルワツ寺院でケチャダンスを鑑賞しよう

バリ島観光の定番スポット・ウルワツ寺院。ウルワツ寺院での楽しみは、夕日を背景に鑑賞できるバリの伝統舞踊「ケチャダンス」。40名を超える男性たちのダイナミックな踊りは圧巻で、一生に一度は観たいエンターテイメントです。

壮大なブサキ寺院

バリ・ヒンドゥー教の総本山であるブサキ寺院は、聖なる山アグン山の中腹に位置し、30もの寺院からなります。ブサキ寺院は神聖な場所ですので、肌の露出などに気をつけ、訪れる際は服装に注意しましょう。現地でサロンと呼ばれる腰巻を借りることもできます。

世界遺産タマン・アユン寺院

バリ観光のハイライトでもあるタマンアユン寺院は、バリ・ヒンドゥー教の寺院で、ブサキ寺院について2番目に大きなお寺です。ウブドから車で30分ほどのところにあり、周囲には堀が巡らされています。中は広大な庭園が広がっており、本殿の一番奥にメル(多重塔)が並んでいます。

様々なビーチに行ってみよう

バリ島には様々なビーチがあります。サーファーに人気のクタビーチは良い波が来ると評判のサーフポイントです。高級リゾートのヌサドゥアビーチは、物売りが少なく、安心してビーチをお散歩したい方にオススメです。特に、ヌサドゥアの穴場スポット・ゲゲルビーチは、とにかく静かで、砂浜も海の中も綺麗なことで知られています。

バリ島の景勝地キンタマーニ高原

バリ島観光の人気スポット・キンタマーニ高原は、バリ島北東部にあり、ウブド地区から車で約1時間ほどでアクセスできます。バリ島の景勝地キンタマーニ高原には、絶景を見ながら食事ができるレストランがたくさんあり、観光客に人気です。バリの大自然を見ながら頂くランチは、お腹も心も満たされるはず!

Copi ruak(コピ・ルアック)を飲んでみよう!

希少価値の高いコーヒーとして知られるCopi ruak(コピ・ルアック)。日本で頂くと1杯3000円とも7000円とも言われる高級コーヒーで、ジャコウ猫のウンチから取り出すコーヒー豆は手間暇がかかるため大変貴重です。テガラランのライステラスから、キンタマーニ高原へ抜ける山道にある観光農園「Bali Pulina(バリ・プリナ)」では、手頃な値段でコピ・ルアックを試飲でき、ウブド+キンタマーニ観光の際に立ち寄りやすいコーヒー農園として有名です。

テガラランのライステラス

バリ島観光の目玉ともなるライステラス(棚田)見学。鮮やかなグリーンの風景が広がる光景は美しく、見ているだけで心が癒されます。どことなく懐かしい風景を見ながらお茶をしたり、サイクリングしたり、過ごし方は人によって様々です。

ティルタウンプル寺院で沐浴体験

テガラランのライステラスを見学した後は、近くのティルタウンプル寺院にも立ち寄ってみましょう。バリ島のパワースポットとして知られるティルタウンプル寺院では、沐浴を体験することができます。聖なる水で体を清めれば、一生忘れられない体験ができるはず。

ジャティルイのライステラス

世界文化遺産に指定されているジャティルイのライステラス。平地にある田んぼと違い、ひな壇形状になっているため、角度によって表情が変わり見ていて飽きません。トレッキングコースもありますので、鮮やかなグリーンの中をお散歩してみてはいかがでしょうか。

バリ島でアート鑑賞

バリ島にはぜひ訪れたい美術館が複数あります。観光やショッピングの合間に、エキゾチックで独特なバリアートの世界に触れてみましょう。

プリ・ルキサン美術館

ウブドの中心にある「プリ・ルキサン美術館」は、バリアートに触れられる美術館です。展示品の見学だけでなく、お面作り、木彫り、絵画、舞踊などのバリアート教室も開催されており、他とは違った経験ができるので人気です。

アルマ美術館

ウブドの中心から車で10分のところにある「アルマ美術館」は、ホテルに併設された美術館で、豊富なコレクションを有する美術館として知られています。入場チケットにはカフェでのお茶代も含まれており、アート鑑賞後にゆっくり休憩できるのもオススメポイントです。

ネカ美術館

ウブドでぜひ訪れたい美術館「ネカ美術館」はバリ島を代表する美術館で、絵画コレクションは見応え十分。伝統絵画から現代アートまで様々な絵画が展示してあり、じっくり鑑賞すると2時間ほどかかってしまいます。ネカ美術館で特に有名なアブドゥル・アジズの代表作「惹かれあう心」は必見で、観光客にも人気の作品です。

ウブド市場で買い物

活気溢れる「ウブド市場」。ローカルの雰囲気を味わいたいなら、ぜひウブド市場へ足を運びましょう。野菜やフルーツなどの食べ物から、日本人に人気のお土産ガムランボール、アタ製品、バッグや髪飾りなど様々な商品が並び、観光客や買い物客の熱気に包まれています。

悠久の歴史を感じるウブド王宮

ウブド市場の正面にある「ウブド王宮」。現在も王族の子孫が居住しているため、一般公開されているのは一部に限られますが、王政時代には政治経済の中心地だったウブド王宮の見学は当時の華やかな暮らしを想像するのに十分でしょう。バリ・ヒンドゥーの元日であるニュピや宗教儀式などがある場合は入場不可となりますので、訪れる際はご注意を!

野生の猿に会いに行こう!モンキーフォレスト

ウブドの南にあるテガルパダン村内に位置する自然保護区「モンキーフォレスト」は、バリ島で人気の観光スポットです。広い敷地内には、たくさんの猿たちが暮らしており、野生の猿たちを間近で見ることができます。緑に囲まれたこの場所は、パワースポットとしても知られており、訪れる観光客は後を絶ちません。

バリ島観光のおすすめスポットは、いかがでしたか?バリ島の魅力は、ビーチや森などの大自然を満喫でき、お買い物好きにはたまらない買い物スポットが多数あることです。何度でもリピートしたくなるリゾート地・バリ島。忙しい毎日を送り頑張っている自分へのご褒美に、バリ島での非日常を味わってみてはいかがでしょうか?