Dbn2aizlnrwxv8e8c2uk

ミャンマー

CATEGORY | ミャンマー

【2018年版】ミャンマーの物価は高い?安い?旅立つ前にチェック!

2018.12.13

東南アジアにあり、寺院や遺跡が大人気のミャンマー。過ごしやすいという話もきくミャンマーですが、物価は高いのでしょうか?短期の旅行で重要な外食から、実際に住む際に気になる、家賃や光熱費の物価についても紹介します!ミャンマーを訪れる前にチェックしてくださいね!

  1. ミャンマーとは
  2. ミャンマーは物価が高い?
  3. ミャンマーと日本の物価比較
  4. ミャンマーの生活費
  5. ミャンマーの物価まとめ

ミャンマーとは

ミャンマーは東南アジアにあり、タイやインドと隣接していることから、旅行者にも人気の国です!また寺院や遺跡、あたたかい人々が魅力的で、一度訪れるとハマってしまう人もいる国です!ミャンマーの首都は「ネピドー」ですが、旧首都「ヤンゴン」の方が今でも賑わっています。移転は2006年にされました。

ミャンマーの通貨

ミャンマーの通貨は、チャットです。1000チャットで72円程度です。(2018年8月現在)

ミャンマーでは物価が一律ではない

ミャンマーは、様々な製品を外国からの輸入に頼っています。そのため輸入による外国製品は高いです。またミャンマーでは都市のヤンゴンや田舎では物価に違いがあります。さらにヤンゴンの中でも観光客向けのレストランと、地元民向けの食堂で金額がかなり異なります。
そのため、「東南アジアだから格安旅行ができるだろう」と考えている人たちから、「ミャンマーは意外と物価が高い!」と言われています。

ミャンマーで安いもの①飲み物

ミャンマーと日本を比較して、安いものを紹介します!まず安いのはビールです!暑い国に行くと特に人気のビールですが、ミャンマーでは60円〜70円程度で飲めます。お店で頼む生ビールもこの程度なので、日本に比べるととても安いですね!また水も1リットルで20円程度です。レッドブルーやペプシも日本に比べると安いです。とりあえずミャンマーでは飲み物には困らなそうですね!

ミャンマーで安いもの②交通費

ミャンマーの交通費は安いです。電車やバスは、10円程度から乗ることができます。またタクシーはメーター制ではなく、金額交渉が多いですが、目安としては4キロで200円程度です。バスより高いですが、日本と比べると安いですね!

ミャンマーで安いもの③ローカルフード

ミャンマーでは露店などのローカルフードが安いです。麺類だと一杯100円程度、300円あれば十分です!また観光客向けのレストランは高いですが、1000円程度で満足な食事ができます。またレストランだと英語が通じる確率が高いです!

必要な生活費①家賃

外国企業の参入により、ヤンゴンの家賃は東京程度だと言われるほど、どんどん値上がりしています。警備員、家具付きのサービスアパートメントだと月に20万以上、ローカルアパートや戸建の場合は、月に1万5000円程度〜50万円態度とかなり金額に差があります。日本人が暮らす場合は、セキュリティーが整っていて発電機があることなどが重要になるので、家賃はあまり抑えられないでしょう。

必要な生活費②食費

食費は、ローカル食堂で外食をするとかなり抑えられますが、自炊ではお金がかかります。日本食はミャンマーではとても高いです。味噌は1000円以上、カップ麺は300円以上です。野菜などはとても安いので、一度調味料を揃えてしまえば、安く抑えられます。また日本食の外食では、3000円程度で定食をべることができます。

必要な生活費③光熱費

2人で生活した場合、水道代は2000円程度ですが、電気代は5000円〜1万5000円程度かかります。ミャンマーでは停電がとても多く、停電したら半日復旧しないこともあります。そこで発電機が使われます。発電機があるとすぐに電気が復旧しまが、その分電気代がとても高く付きます。しかし半日も電気が使えないと不便なので、暮らす場合には、発電機がある物件を選ぶことをおすすめします!
ミャンマーの物価いかがでしたか?旅行で短期間訪れる場合には、安いローカルフードとビールで楽しめそうですが、現実的にヤンゴンに暮らす場合には、生活費が意外と高くつきそうですね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BWXfr94BJ_H/?tagged=myanmarmoney