Dxhrnfi5m70liojry5uw

ニュージーランド

CATEGORY | ニュージーランド

ニュージーランドへ女子1人旅!!予算やおすすめプランを徹底解説♪【2018年版】

2018.09.05

近年ニュージーランドに1人旅する日本人女子が増えており、街を歩いていても時々見かけます。この記事では1人旅に多い年齢日本人女子20代〜30代前半に絞って、ニュージーランド長期在住者ならではの目線からおすすめプランをお伝えします。

  1. ニュージーランド1人旅に必要な期間は?
  2. ニュージーランドの女子1人旅の予算プランは?
  3. おすすめの季節は?
  4. 1人旅どこに泊まる?一泊のおおよその値段は?
  5. ニュージーランド観光するならどこへ行く?
  6. ❶Queen Streetでショッピング
  7. ❷Ponsonbyでカフェ巡り
  8. ❸デモンポートへ行こう
  9. ❹ミッションベイへ行こう
  10. オークランド以外の観光地は??
  11. ❺ウェリントン
  12. ❻クライストチャーチ
  13. ❼クイーンズタウン
  14. ❽ニュージーランドの大自然を見ながら車での1人旅
  15. 最後に
ニュージーランド1人旅に必要な期間として最低でも5日〜1週間は必要です。日本の成田/羽田国際空港からニュージーランドのオークランドへ毎日直行便が出ており、飛行時間は約11時間〜12時間です。
Tyb9rzome1usbvthycfg
引用: https://search.yahoo.co.jp/amp/s/relay.nationalgeographic.com/proxy/distribution/public/amp/travel/countries/new-zealand-photos%3Fusqp%3Dmq331AQGCAEoATgA
もちろん、お土産やショッピングをたくさんすると予算は上がりますが、一般的な予算として飛行機代やホテルの料金等全て込みで日本円で1週間約20万円前後です。
Cw4t9udzewh2ttucybdv
引用: https://search.yahoo.co.jp/amp/s/relay.nationalgeographic.com/proxy/distribution/public/amp/travel/countries/new-zealand-photos%3Fusqp%3Dmq331AQGCAEoATgA
いちばんおすすめの季節は夏の時期に当たる1月〜2月です。日差しがきつく、時々急な雨が降りますがそれを除いて気温も暖かく日中は半袖で過ごせます。ベストシーズンのため日本を含めて世界中から多くの観光客が訪れます。
しかし、シーズンの夏は飛行機やホテルなど年間で最も高く観光客も多いです。季節を問わず落ち着いて観光したい女子には冬に入る前の4月後半〜5月がおすすめです。その時期を超すと冬が始まり、雨が多く気温もぐっと下がります。時々10度を下がることもありますが、南島のクイーンズタウンでスキーを楽しみたい女子はこの季節が最もおすすめです。
V7srkqxklninljeiqggo
引用: https://search.yahoo.co.jp/amp/s/relay.nationalgeographic.com/proxy/distribution/public/amp/travel/countries/new-zealand-photos%3Fusqp%3Dmq331AQGCAEoATgA
日本では1人旅の場合ホテルに1人で泊まることがほとんどです。しかしニュージーランドを含めた海外での1人旅はバックパッカーといって4人〜8人ほどの相部屋が人気です。費用も一泊$30ドル〜と安く、世界中からの旅人と友人にもなれます。バックパッカーで友人を作り一緒に旅をする若者も多いです。バックパッカーはオークランドにはもちろん、ニュージーランドほとんどの観光地にあるため旅行者に大変便利です。
Tn1fheigwwqjnj25w5yw
引用: https://auckland.crowneplaza.com/
しかし、1人でゆっくりと休みたいという人にはホテルがおすすめです。特にオークランドや観光地であるクイーンズタウンなどには世界的に有名なホテルがたくさんあります。費用は安くても一泊平均して$100ドルくらいはしますが、広いベットでゆっくりと過ごせます。
特に最大都市オークランドを中心に女子1人旅におすすめな場所がたくさんあるので、代表的な観光地、カフェ、ショッピングの場所を紹介します。
買い物好きな女子は非常に多いと思います。ニュージーランドで一番のショッピング街といえば、オークランドのQueen streetです。ニュージーランドのお土産はもちろん、ニュージーランドらしいカジュアルな服、ハイブランド店、おしゃれなカフェなどたくさんあります。Queen streetは屋根があるところが多いので、雨の日のプランとしてもおすすめです。
Qq70zanra7vw5fimchuc
引用: https://www.heartofthecity.co.nz/auckland-shopping
どの場所も女子が1人で夜に出歩くことはおすすめしませんが、昼間なら細い道などに入らない限り比較的治安は安全です。ただ、スリなどが多いため特に、カフェなどで席を外す際は貴重品の管理をしっかりとしてください。
Hjqaxx85nndlzyafo1df
Mrzgixn6yvqih18b2ykw
オークランドの街中からバスで約10分〜15分のPonsonbyにはカフェやお洒落なレストランがたくさんあります。カフェ好き女子なら一度は訪れてみたい場所です。
Wu47u7ollaxocvhrri7d
Uvhoamaepl2yp9k4gdl4
オークランドの街中の港から毎日デモンポート行きの船が出ており、約10分で着きます。船を降りて真っすぐ歩いていくと、小さい商店街があり、お土産屋さん、レストラン、カフェが並んでいます。小さい海もあるため楽しめます。また、マウンドビクトリアという小さい丘を登るとそこからオークランドの街中が見渡せます。オークランドからすぐ行けるため、あまり日にちがない旅行者におすすめです。
Jrgzzyprqboe4bdou9bp
Zcfmjettqjmjhtkmbbv7
引用: https://www.devonport.co.nz/gallery#!
ミッションベイはオークランド街中からバスで約20分です。バスの本数も多く、特に海好き女子にはおすすめです。海の周りにはアイスクリーム屋さんや、カフェ、レストランなどがたくさんあります。カフェでコーヒーや軽いランチをテイクアウトし海辺で食べるのがおすすめです。
Wnr3nfp8ngp5h6zhikjy
引用: https://www.missionbay.co.nz/activities/
Dck5sfnyuugmo76fksfz
引用: https://www.missionbay.co.nz/activities/
Algjss5bwhsyjyue5jyn
引用: https://www.missionbay.co.nz/activities/
オークランド以外にも女子1人旅におすすめな場所が沢山あるので、私が実際に訪れた中からいくつか紹介します。
ウェリントンはニュージーランドの首都です。日本でいう国会議事堂や国の行政機関が集まっており、観光地にもなっています。ウォーターフロントエリアもあり、海を眺めたり、テパパと呼ばれるニュージーランドの最大の博物館もあり無料で入場が可能です。首都の割にオークランドと比較して観光客が少ないため、落ち着いてゆっくり観光したい女子や博物館などに興味がある女子におすすめです。ウェリントンへはオークランドから飛行機で約1時間です。
Fhn1opvku4ryfzstwapa
Mzthdbs3hl7zfsa65tzq
Qm2wounhzrnidmlr7xcr
クライストチャーチは教会や公園が多く南島最大の都市です。小さい都市のため市内観光は徒歩またはバスで回れます。おしゃれなショップやカフェも近年地震の復興と同時に増えており、新たな観光スポットとして注目されています。オークランドからは飛行機で約1時間半程です。
Zs4ffxealt4rd4jl82iz
特にスキーやスノーボードなどウィンタースポーツが好きな女子におすすめな場所が南島のクイーンズタウンです。南半球のため日本が夏に当たる時期に海外でスキーが楽しめます。この時期は世界中から多くのスキー客やスポーツ選手なども来るため、早めの予約が必要です。また、街にはスキー道具のレンタルショップが沢山あるため、海外でも気軽にスキーができます。
H8zzxcyeeyq0osalfpfx
Uqwtlkhuw9as1mphshlt
国際免許を持っており、海外での運転に慣れている人はレンタカーを借りてニュージーランド一周1人旅もおすすめです。ツアーと違い時間を気にせず1人で旅できます。ニュージーランドは日本からの輸入車も多く比較的運転しやすい国です。街中を離れるとあたり一面の緑と牧場などの大自然が広がっています。大自然を見ながらのドライブもおすすめです。
Wwvsa6uwgohjwvcy1q1a
私は、オークランドのレストランで働いているためよく日本人の1人旅や旅行者にお会いする機会があります。日本からの旅行者も年々増えており、特に日本の都会を離れてゆっくりと海外で過ごしたい女子にはニュージーランドはおすすめの旅行先です。これから1人旅を考えている女子にはぜひこのプランを参考にして頂ければ幸いです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.aucklandnz.com/