L2syqxasfkhjyapbvsbo

北海道

CATEGORY | 北海道

旅の思い出にもなる室蘭のとっておきお土産10選【2019年版】

2019.04.16

「室蘭」の名は、アイヌ語の「モ・ルエラニ」に由来するといわれます。道内一の工業地帯と、美しい北海の景色を併せ持つ室蘭には美味しくて楽しいお土産もいっぱい。そんな「鉄のまち」室蘭からおすすめのお土産を10点、厳選してご紹介します。

  1. 室蘭のお土産厳選10選①ナニナニ製菓・鐡の素クッキー
  2. 室蘭のお土産厳選10選②お菓子の富留屋(中島店)・バター煎餅
  3. 室蘭のお土産厳選10選③旅良菓(たびよか)・旅良菓まんじゅう
  4. 室蘭のお土産厳選10選④■室蘭スイーツ 菓子工房モンパリ・げんこつパイ
  5. 室蘭のお土産厳選10選⑤■Patisserie BLANC(パティスリーブラン) ・ポンショコラ
  6. 室蘭のお土産厳選10選⑥草太郎本舗・よもぎまんじゅう草太郎
  7. 室蘭のお土産厳選10選⑦日鋼室蘭サービス(株)・お土産室蘭カレーラーメン
  8. 室蘭のお土産厳選10選⑧やきとりの一平・チルド室蘭やきとり
  9. 室蘭のお土産厳選10選⑨室蘭うずら園・うずらのプリン
  10. 室蘭のお土産厳選10選⑩ボルタ工房・ボルタ
  11. まとめ
明治後期から「鉄のまち」として栄えた室蘭市。 鉄鋼業を中心とする重工業により発展した室蘭は、現在も北海道一の工業都市です。 そんな室蘭の魅力を発信するため、室蘭工業大学とナニナニ製菓さんが共同開発したお菓子が「鐡の素クッキー」です。
レトロ感溢れるお洒落な箱には、鉄鉱石がココア、石灰石がきな粉、石炭が黒ごま、3種類の「鐡の素」そっくりなクッキーと、小冊子が入っています。
製造元である「ナニナニ製菓」さんの「ナニナニ」とは、アイヌの言葉で「そのまま」のような意味があるそうです。 もちろん鐡の素クッキーも、香料や保存料など添加物を一切使わない「ナニナニ」のおいしさ。 お店に並ぶケーキもパン・サンドイッチも、すべて体にやさしい素材から丁寧に作られています。
同じく室工大とのコラボ商品「ジンギスカン鍋クッキー」も1日の数量限定で販売中。 ものづくりの街・室蘭のお土産に、おすすめです。
■ナニナニ製菓 住所:室蘭市中島町1丁目38-5 1F 電話:0143-83-6854 営業時間:木・金・土 11:00〜18:00 定休日:日・月・火・水曜日 (※ Facebookでご確認ください。 ■「鐵の素」クッキー 取扱店 ・室蘭工業大学 生協 (0143-44-8755) ・北海道四季彩館 東室蘭店(0143-44-3210) ・道の駅みたら (0143-26-2030) ・母恋めし本舗 室蘭駅売店 (0143-27-2777) ・スーパーアークス室蘭中央店(0143-22-8880) ・スーパーアークス中島店(0143-41-5577) ・ホームストア輪西店(0143-44-4422) 他
室蘭市民には定番の銘菓「バター煎餅」。 創業明治31年、室蘭一の老舗菓子舗「富留屋」さんの看板お菓子です。 懐かしいワックス紙に包まれた薄焼きの甘い洋風せんべいは、パリふわっとした食感と濃厚なバターの香りが特徴。 ノスタルジックなデザインの箱もお洒落で、どなたにも好まれる室蘭のお土産です。
姉妹品の「チーズ煎餅」もあっさりした甘さで大人気。 その他、あずきをふんだんに使った焼き菓子「あずき花」、上品な干菓子「紋菓むろらん」、生和菓子やバナナと生クリームがたっぷり入った「オムレツケーキ」など、市民に愛され続けるベストセラーがいっぱいです。
■お菓子の富留屋 ・富留屋 本店 住所:室蘭市中央町2-9-4 電話:0143-22-5455 営業時間:8時~19時00分 定休日:日曜日・他不定休 ・中島店 住所:室蘭市中島町1-24-13 電話:0143-22-5455 営業時間:10時~18時30分 定休日:水曜日
黒糖風味のもっちりした皮に、甘さ控えめの餡がたっぷり詰まった「旅良菓まんじゅう」は、室蘭のお土産として人気の逸品。 道産の小豆と小麦粉、水はニセコの甘露名水を使用しており、その味わいの豊かさはリピーター率の高さにも表れています。
道の駅などでも、日持ちするよう包装された品を購入できますが、本店に並ぶおまんじゅうの「出来立て」感はまた格別。 お店では、おまんじゅうだけでなく手作りクッキーや生クリーム大福も販売しています。 お土産を入手したら、室蘭の旅のお供に出来立てスイーツもお求めになってはいかがでしょうか。
■㈱高岡 旅良菓(たびよか) 住所:室蘭市海岸町1-1-23 電話:0143-24-5348 営業時間:平日9:30~18:30 土・祝日10:00~16:00 定休日:日曜日
北海道産小麦にこだわった焼き菓子とケーキのお店「菓子工房モンパリ」は、室蘭の人気お土産「げんこつパイ」でも有名です。 サクサクしたまん丸のパイ生地の中に、甘さ控えめながらコクのあるアーモンドクリームが入ったげんこつパイは、プレーン味とクリームにチョコレートを加えたチョコ味の2種類。 どちらも老若男女問わず愛される、室蘭代表のスイーツです。
お店にはげんこつパイだけでなく、室蘭沖でしか採れない「ヤヤン昆布」を使った「ヤヤンクッキー」や焼きドーナツにかぼちゃ餡入りの「元気いっパイ」といった焼き菓子類もおすすめ。ショートケーキにスフレなどの生菓子まで、おいしくて楽しいお菓子がどっさり揃っています。
■菓子工房モンパリ 住所:室蘭市御前水町1-13-22 電話:0143-23-7765 営業時間:10:00~19:00※土・日・祝日は18:00まで 定休日:火曜日
室蘭市中央町に2015年にオープンした洋菓子店「パティスリーブラン」。 市民の推す新しい室蘭のお土産が、このお店の焼きチョコ入りフィナンシェ「ポンショコラ」です。 クランチ入りのサクサク食感が楽しい焼きチョコレートを、ホワイトチョコが隠し味のしっとりしたフィナンシェ生地に包んで焼き上げた、パティスリーブランさんオリジナルのお菓子。 品良く控えめな甘さで、男性のファンも多いそう。
壮瞥「たつかーむ」の卵と登別の牛乳を使用した、牛乳ビン型の容器がかわいい「プリン・ド・ブラン」も看板おすすめスイーツのひとつです。 その他のケーキやクッキーも、上品で繊細な味とデザインで大人気。 バレンタインやホワイトデイ、ひな祭り、こどもの日など、季節に合わせたスイーツのラインナップも楽しみなお店です。 室蘭旅行の締めくくりに、足を運んでみてはいかがでしょう。
■Patisserie BLANC(パティスリーブラン)  住所:室蘭市中央町1-2-10 電話:0143-22-2500 営業時間:10:00~19:00 定休日:水曜日+月に数回不定休あり
「草太郎」は、室蘭スイーツを代表する銘菓として抜群の人気を誇るよもぎまんじゅうです。 洞爺湖周辺を中心とする地元産のよもぎを100%使用。 着色料を一切使わない、緑の色彩と香りが実にあざやかなお饅頭「草太郎」。 中の小豆餡は、やはり道産の小豆とてんさい糖が使われています。 「他にはない味」というファンも多く、室蘭のお土産品として絶大な支持を集めています。
草太郎の他に、栗の実を丸ごとバター風味の白餡に入れ、甘さを抑えた生地に包んで焼いた焼きまんじゅうの「千壽栗」も、日持ちがよくお土産では人気のお菓子。 店舗・時期によっては、大福やどら焼き、道民のひそかなソウルフード「べこもち」なども販売しています。
■草太郎本舗 本店 住所:室蘭市日の出町3-7-5 電話: 0143-45-5566 営業時間:10:00~18:00 定休日:年中無休 ※アークス中島店・札幌大丸店のほか、道の駅や駅売店などでも取扱いがあります。詳しくはHPをご参照ください。
札幌・旭川・函館に続く「北海道第4のラーメン」と言われる「室蘭カレーラーメン」。 こちらの日鋼室蘭サービスさんはラーメン屋さんではなく仕出し料理の会社ですが、お土産用の「室蘭カレーラーメン」を製造されています。
11種類のカレースパイスと、牛骨・豚骨・香味野菜のダシを使ったカレースープは香り豊かでやさしい仕上がり。麺は道産小麦と深層海洋水使用の特製たまご麺というこだわりです。 キヨスクや道の駅、スーパーなどいろいろな場所で手に入るため、お店が休みだったり時間が合わなかったりでカレーラーメンを食べ損ねてしまった方も、このカレーラーメンをお土産にすれば、ご家庭で室蘭の味が楽しめます。
・取扱店舗:北の道の駅みたら室蘭・JR東室蘭駅・スーパーアークス中島店 など
室蘭市内には「室蘭やきとり」が食べられるお店がたくさんあります。 現在は「日本三大やきとり」のひとつと言われる「室蘭やきとり」ですが、本場の室蘭やきとりに使用されるお肉は「鶏」ではなく「豚」。 「豚の精肉」+「玉ねぎ」+「洋がらし」のスタイルが、室蘭やきとりの王道だそうです。 昭和14年ごろから、主に加工用の豚皮を目的とした養豚が奨励され、「鉄のまち」室蘭で働く人々に豚モツなどの串焼きが愛好されたことから広まったとの説も。
そんな「室蘭やきとり」の老舗・「やきとりの一平」では、店内で食べられる室蘭やきとりを、チルド真空パックでお土産にできます。 遠方にはクール便での発送も可能。 程よい甘辛ダレがやみつきになる「室蘭やきとり」の味をお土産でもう一度味わえる、嬉しいサービスです。
■やきとりの一平・中島本店 住所:室蘭市中島町1丁目17-3 電話:0143-44-4420 営業時間:月~木・ 17:00~22:30 金、土、祝前日・ 17:00~23:30 日、祝日・17:00~21:30 定休日:なし
「室蘭うずら園」は、道内で唯一うずらの卵を生産している農場です。 コクがあって臭みが無く、ビタミンB12が鶏卵の約5倍・DHAは約3倍と、栄養価にも優れたうずらの卵。 この卵で作ったスイーツの美味しさが口コミでじわじわと広がり、今では道外の物産展などでも引っ張りだこになっています。
人気のスイーツは「室蘭うずらのプリン」。とろける食感に濃い卵と生クリームの風味が絶品です。 また、お隣の牧場で絞られた牛乳とうずらの卵で作った「うずらんアイス」も好評。 その他に、パッケージがとてもかわいい「うずらんかすていら」や、要冷蔵ではないためお土産にも適した「むろらんうずらのたまごけーき」などもあります。 うずらの卵かけごはん用うずら卵(パック入り)、うずらの卵かけごはんのたれも、お土産におすすめです。
■室蘭うずら園 住所:室蘭市石川町282-5 電話:0143-55-6677 直売所営業時間:10:00~16:00 定休日:なし(不定休)
・直売所のほか、室蘭の道の駅みたらやJR東室蘭駅キオスクでも一部の商品を取り扱っています。
「鉄のまち」室蘭は、鉄鋼業を中心とした重工業の街。 明治後半から昭和40年ごろまで、製鉄所で働く人やその生活を支える商店などで賑わっていました。 ボルタ工房のある輪西地区も最盛期には人口2万人を数えましたが、その後企業の合理化や縮小に伴う人口流出で、現在では4千人以下となっています。 そんな「鉄のまち」を「鉄」を通じて新たに盛り上げようと、NPO法人『テツプロ』が企画制作した5cmほどのボルトのマスコット、それが「ボルタ」です。
ボルトやワッシャーなどをハンダづけして作る「ボルタ」。 現在、ポーズの異なる100種類もの「ボルタ」が販売されています。 またガールフレンドの「ナッティ」も加わったことで、ナッティ単独のシリーズや、カップルでポーズをとるシリーズも誕生しました。
また、工房ではボルタを自分の手で作れる製作体験も可能です(要予約)。 ご自分で作った世界に一つだけのボルタを、「鉄のまち」室蘭のお土産・スーベニアにしてみてはいかがでしょうか。
■ボルタ工房 住所:室蘭市輪西町1-32-6 電話:0143-47-8233 営業時間:10:00~17:00 定休日:5~10月・月曜日 11~4月・日曜日・月曜日
・その他、道の駅みたら、北海道四季彩館東室蘭店、輪西商店街振興組合事務局、ローソン室蘭海岸町店などのお店でも購入できます。
アイヌのユーカラにも謡われてきた美しい自然に加え、いまは工場地帯の煌めく夜景も人気の都市、室蘭。 のんびり室蘭旅行を楽しんだ後は、とびきり美味しい・楽しい室蘭のお土産を思い出と一緒に持ってお帰りください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmIEMxjBNP5/?