Wakazzvxbheb7li47q6b

タイ

CATEGORY | タイ

【2018年】タイのお金について!両替は?クレジットは?わかりやすく解説!

2018.09.21

微笑みの国タイは、1年中を通して人気の観光地ですね。タイのお金は?タイのお金への両替は?クレジットは使えるの?と、初めてタイへ行かれる方は戸惑いますよね。そこで、わかりやすくタイのお金バーツ、2018年についてお伝えしていきますので、ご参考にしてくださいね。

  1. タイとはどんな国?
  2. タイのお金とは?
  3. タイのお金の通貨は何になるの?
  4. タイのお金バーツを日本円に計算してみよう!
  5. タイのお金バーツ、注意することとは?
  6. 日本円をタイのお金バーツへの両替するおすすめの場所は?
  7. タイの空港でおすすめのタイのお金バーツへの両替所はどこ?
  8. タイ空港でおすすめの両替所①スーパーリッチ1965 (SuperRich 1965)
  9. タイ空港でおすすめの両替所②スーパーリッチ・タイランド (SuperRich Thailand)
  10. タイ空港でおすすめの両替所③ハッピーリッチ (Happy Rich)
  11. タイ、バンコクでおすすめの両替所④ワス・エクスチェンジ(VASU EXCHANGE)
  12. タイ、バンコクでおすすめの両替所⑤ザ・リッチー・マネー・エクスチェンジ(The richy money exchange)
  13. タイ、バンコクでおすすめの両替所⑥タニヤスピリット(Thaniya Spirit)
  14. タイ、バンコクでおすすめの両替所⑦SIAM EXCHANGE / サイアム エクスチェンジ
  15. クレジットカードは、タイ旅行には便利?お金だけで大丈夫?
  16. クレジットカードからタイのお金を引き出す方法
  17. おすすめのクレジットカード❶エポスカード
  18. おすすめのクレジットカード❷楽天カード
  19. おすすめのクレジットカード❸マネパカード
  20. まとめ
微笑みの国・タイ王国(タイ・ランド)は、東南アジアに位置し、南にはマレーシアがあり、東にはカンボジア、西にはミャンマー、北にはラオスがあり国境を接しています。タイの首都は、バンコクとなり賑やかな街となりショッピングに、ナイトクラブ、タイのグルメなど満喫できる、常夏の国です。タイには、エメラルドグリーンの透明度の高い、有名なビーチリゾート地としても知られていますね。プーケット島、サムイ島、パンガン等、ピーピー島など、たくさんのビーチリゾートがあります。タイフードもタイのビールも人気のあるタイランドです〜!
タイのお金は、「タイバーツ(BAHT)」となります。タイのバーツには、全てのお金に「プミポン国王」が描かれています。そして、タイバーツはすべての紙幣の色がお金の金額によって変わっているのです。タイバーツは、「THB」と表記されます。

タイのお金・タイバーツ紙幣

タイのお金バーツには、紙幣が5種類あります。20バーツ、50バーツ、100バーツ、500バーツ、1,000バーツです。タイの最高のお金は、1,000バーツとなりますが、なるべくタイ旅行では「100バーツ」を多めに持っていることをおすすめします。1,000バーツでお金を払うと、お釣りがない場合がありますので、気をつけてくださいね。

タイのお金・タイ硬貨サタン

タイのお金には、硬貨は、「1バーツ、2バーツ、5バーツ、10バーツ」と、バーツの下にサタンがあります。「25サタン、50サタン」があり、タイのお金は全部で6つの硬貨となっています。
タイで観光したり、コンビニ、屋台などでバーツを日本円にすると、いくらかな?と計算したいですよね。タイに限らず、旅行へ行ったときに、頭の中で早く日本円に計算したいですよね。2018年のタイバーツは、3.43円となっていますので、「1バーツを3円」と思い計算しましょう。コンビニでミネラルウォーターが7バーツですので、約24円ほどということですよね。2018年の為替レートですので、レートは変動しますので注意してくださいね。

2018年9月のタイバーツレート・お金

1タイバーツ=3.43円 【2018年9月現在】

タイのお金注意点❶

タイのお金に両替すると、1,000バーツばかり持っていると、トゥクトゥク、タクシーや屋台などのローカルな場所でお金を支払う時に、お釣りがないタイの人たちが多いです。なるべく、デパート、スーパーマーケットなどで買い物をしたときに、1,000バーツで支払い、100バーツを多めに持っていることをおすすめします。コンビニでも、1,000バーツのお釣りがない時があるかもしれません。

タイのお金注意点❷

タイのバーツ、100バーツは朱赤色、500バーツは、パープルとなっているのですが、暗いところで慌ててお金を払う際に、間違える日本の方が多いのです。タイのお金バーツに慣れていないと、間違えやすいので気をつけましょうね。タイのお金、バーツは色分けされていることを頭の中に入れておきましょう。
日本のお金をタイのお金への両替には、「手数料」がかかってきます。銀行や空港、様々な両替所によって、2018年本日の「レート」が毎日のように変動しますので、一概にはどこが安いとは言えませんが。。 日本を出発する前の「成田空港」など空港では1番手数料が高くなってきますので、空港でタイのお金へ両替するのは損をしますので、やめておきましょう。
タイのお金バーツへは、タイの空港がレート(2018年)がいいために、空港にて両替することをおすすめします。スワンナプーム国際空港では、日本円からタイのバーツへの両替手数料が0.3%以下となっています。(2018年9月現在)しかし、スワンナプーム国際空港にある銀行では、1番手数料が高くなっています。「空港ターミナル内協定レート」があり、銀行の手数料は一定となりレートが悪くなっています。空港の銀行よりも、空港内にある””違う両替所””へ行くことをおすすめします。
タイバーツへの両替の手数料のレートが良いのは、「スーパーリッチ1965 (SuperRich 1965)」です。人気の両替所ですので、毎回並んでいますよ。オレンジ色スーパーリッチの両替所を目指していきましょう。2018年のレートは0.29ほどですので、日本円を1万円両替すると、約2890バーツとなります。(2018年9月現在)
続いておすすめする、日本のお金をタイのバーツへ両替する場所は、「スーパーリッチ・タイランド (SuperRich Thailand)」です。スーパーリッチ1965 (SuperRich 1965) とだいたい同じような手数料となっていますので、ぜひレートをチェックしてくださいね。2018年9月では、「0.2895」ほどですので、日本円を1万円両替すると、約2890バーツとなります。(2018年9月現在)

スーパーリッチ・タイランド (SuperRich Thailand)・公式サイト

続いておすすめする、日本のお金をタイのお金、バーツへの両替所は、「ハッピーリッチ (Happy Rich)」です。他の両替所と同じようなレートとなっています。毎回、手数料のレートは変更しますので、少しでも良い場所を見つけてお金を両替してくださいね。2018年では、「0.29」ほどですので、日本円を1万円両替すると、約2890バーツとなります。(2018年9月現在)

ハッピーリッチ (Happy Rich)・公式サイト

タイのバンコク市内で、良いレートでタイのお金バーツへ両替できる場所は、「ワス・エクスチェンジ(VASU EXCHANGE) 2018年9月現在のレートは、”0.2885”となっています。

おすすめの両替所情報【お金】

*名称:VASU EXCHANGE / ワス エクスチェンジ *住所:Sukhumvit Road, Soi 7/1, Nana, Bangkok, Thailand *アクセス方法:BTSナナ駅、スクンビット通りのソイ7/1 *営業時間:月~金 09:00 - 18:00 ・土 09:00 - 17:00
続いておすすめする、タイのバーツへの両替所は、「ザ・リッチー・マネー・エクスチェンジ(The richy money exchange)」です。 2018年9月現在のレートは、”2,885”となっています。

ザ・リッチー・マネー・エクスチェンジ(The richy money exchange)・公式サイト

続いてご紹介する、タイ、バンコク市内にある両替所には、「タニヤスピリット(Thaniya Spirit)」をおすすめします。 2018年9月現在のレートは、”0.2890”となっています。

おすすめの両替所情報【お金】

*名称:タニヤスピリット(Thaniya Spirit) *住所:62/7 Thaniya Rd, Khwaeng Suriya Wong, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500 タイ *営業時間:9時30分~20時15分

タニヤスピリット(Thaniya Spirit)・公式サイト

続いてご紹介する、タイのお金、バーツへ両替するおすすめの場所は、「SIAM EXCHANGE / サイアム エクスチェンジ」です。 2018年9月現在のレートは、”0.2890”となっています。レートは毎日のように、変動しますので公式サイトなどでお確かめください。

おすすめの両替所情報【お金】

*名称:SIAM EXCHANGE / サイアム エクスチェンジ  *住所:422/3 Pathumwan Intersection, Wangmai, Payathai Rd., BKK 10330 *アクセス方法:BTSナショナルスタジアム駅付近 *営業時間:月~金 09:30 - 18:30 ・土 09:30 - 15:30

SIAM EXCHANGE / サイアム エクスチェンジ・公式サイト

日本のお金は、アメリカドル、ユーロに次いでほとんどの国で「日本円から外貨への両替」は可能となっています。タイの両替所においても、クレジットカードよりも日本のお金から、タイのバーツへ両替する方が、レートが安くなります。それは、クレジットカードには手数料がかかってくるのです。しかし、タイや海外旅行でお金が無くなったり、万が一の場合はクレジットカードがあると、便利な世の中となっています。「海外旅行保険」付きのクレジットカードもありますので、1枚持参することをおすすめします。

タイのお金が必要な場所

タイでは、タクシー、屋台、地元の小さなショップでは、お金バーツしか使用できません。お金とクレジットカードを併用しましょう。
クレジットカードには、「キャッシング」の機能がついていますので、タイ現地にてお金バーツを下ろすことが可能です。しかし、クレジットカードからのキャッシングをすると、手数料が取られます。カードの会社によって金額は異なってきます。また、ショッピングやレストラン、ホテルなどにおいては、クレジットカード払いができますので、お金を持ち歩く必要はないので便利ですよね。
海外旅行保険機能がついた、クレジットに「エポスカード」をおすすめします。入会金・年会費・永年無料の人気のカードが、エポスカードとなっています。しっかりとサポートしてくれる、海外旅行保険付きとなっています。また、海外などでキャッシングの「一次的、増額できる」サービスもあります。
エポスカードは年会費永年無料です。もちろん入会金もかかりません。 一部、エポスゴールドカードは、通常年会費5,000円(税込)となります。 あんしん・べんりなサービスが充実!「海外旅行傷害保険」つき! ケガ・病気、携行品の盗難・ 破損に備えるご利用枠が心配な大きい買い物には、 「一時的な増額サービス」も!

エポスカード・公式サイト

続いてご紹介するクレジットカードは、「楽天カード」をおすすめします。楽天カードは、持っている方は多いのではないでしょうか。海外、国内旅行の好きな方ですと、「プライオリティ・パス」に無料で登録することができます。プライオリティ・パスがあると、空港でラウンジが使えるサービス付きとなっています。1度、クレジットカードを見直してみませんか。

楽天カード・公式サイト

続いてご紹介する、クレジットカードには、「マネパカード」をおすすめします。マネパカードは、クレジットカードというより、プリペイドカードとなります。タイ、海外でのATMでの引き出しが手数料がなく現地のお金が引き出せます。年会費もかからずに、便利ですのでクレジットカードを作るのは嫌な方は、マネパカードがあると便利ですね。
海外プリペイドカードを利用する時には、入会金、年会費をはじめとして、両替手数料、チャージ手数料、ショッピング決済手数料など各種手数料が必要になります。マネパカードでは入会金、年会費、チャージ手数料、ショッピング決済手数料などがかからないのでとってもオトク! よりおトクに海外でショッピングを楽しみたいなら、日本最安のマネパカードがオススメです !一般的なクレジットカードでは「為替手数料」「海外事務手数料」などの名称で、ご利用額の1.6%程度が手数料等のコストとして加算されています。 でもマネパカードは、この手数料等のコストが実質半額! ショッピングをすればするほど、マネパカードの方がおトクになるのです。

マネパカードなら、現地で現金が必要になった場合も安心!両替所や銀行を探さなくても、マスターカードのマークがついたATMで現地通貨を引き出すことができます。 ほとんどの空港にマネパカードが利用できるATMが設置されています。海外旅行で使いきれなかった外貨も、マネパカードなら日本国内でお得に利用できます。 余った外貨を日本円に再両替する場合の手数料相当額はなんと0円!(※) 日本円に両替したあとマネパカードに再チャージすれば、国内でご利用いただけます。

【Manepa Card マネパカード】公式サイト

いかがでしたか。タイのバーツへの両替には日本でするよりも、タイ空港やバンコクでお値打ちに両替してくださいね。また、タイ旅行にはクレジットカードはとても便利となっています。旅行中に何があるか分からないですので、海外旅行保険付きのカードを持参してくださいね。ぜひ、楽しいタイの旅行となりますように。素敵な思い出に残るタイの旅をしてきてくださいね〜!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bn8rPtpAaCE/